現在位置は
です

本文です

足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁

無罪判決に両手を大きく振りながら宇都宮地裁を出てくる菅家さん=冨田大介撮影

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で無期懲役が確定し、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審判決公判が26日、宇都宮地裁であった。

 佐藤正信裁判長は「旧DNA型鑑定に証拠能力はなく、自白も信用性がなく、虚偽であることは明らか。菅家さんが犯人でないことは誰の目から見ても明らか」として無罪を言い渡した。判決朗読後、佐藤裁判長は「菅家さんの真実の声に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり、自由を奪うことになったことは誠に申し訳なく思います」と謝罪し、3人の裁判官が起立して頭を下げた。再審判決で裁判所が謝罪したのは異例。

 戦後に発生し、死刑か無期懲役が確定した事件で、再審で無罪となったのは菅家さんが6人目。宇都宮地検は同日、控訴しないことを告げる「上訴権放棄」を申し立てて地裁が受理、菅家さんの無罪が確定した。菅家さんは1991年12月に逮捕されて以来、18年余を経て冤罪(えんざい)が晴らされた。

 有罪の根拠とされたのは、警察庁科学警察研究所(科警研)が女児の下着に付着した精液と菅家さんのものが一致するとした旧DNA型鑑定。再審判決では、鑑定の証拠能力について、再審での証拠調べで検察、弁護側双方の再鑑定人が鑑定精度に疑問を呈したことなどから「最高裁がDNA型鑑定の証拠能力を認めたことにも、疑問を抱かざるを得ない。よって旧DNA型鑑定の証拠能力が認められない」とした。

 また、菅家さんの「自白」については「旧DNA鑑定を示して行った取り調べで得られた。強く言われると反論できない菅家さんの性格からすると、想像をまじえて捜査官の気に入るように供述したという自白はまったく信用できない」との判断を示した。しかし、任意性がないとはいえないとして証拠能力を否定しなかった。

 菅家さんは「裁判所が謝ってくれたので、今日の天気のように気持ちが晴れました」と語った。弁護団は「判決は合格点だが、冤罪の原因は明らかになっていない。今後の検証が必要だ」と述べた。

2010年3月26日13時42分  読売新聞)
現在位置は
です