スポーツナビ
スポーツナビ

風香ラストインタビュー 引退試合いよいよ明日! (1/2)
「私の最後の瞬間を、ぜひ見届けてください」

2010年3月27日(土)
風香、いよいよ引退——スポーツナビがお届けするラストインタビュー
風香、いよいよ引退——スポーツナビがお届けするラストインタビュー【スポーツナビ】

 女子プロレス界No.1アイドルレスラー、風香が3月28日、東京・後楽園ホール大会を最後にリングに別れを告げる。

 2004年にJDスターからアストレス4期生としてデビュー後、1年以上初勝利を挙げることができなかったが、その愛らしいルックスから人気が上昇。立ち技総合格闘技シュートボクシングのジムに通い始めてからは実力をメキメキと伸ばし、初代POP(プリンセス・オブ・プロレスリング)王座、第4代EWA世界女子王座を獲得し、総合格闘技でも勝利を挙げるなど、かわいいだけのアイドルレスラーではないことをアピールした。
 プロレス・格闘技以外でも、100日間におよぶ独自捜査の末、痴漢逮捕に大きく貢献するなどお茶の間をわかせた風香。スポーツナビにも2006年の初登場から定期的に訪れ、“準レギュラー”としてサイト上を華やかにしてくれた。

 約6年間にわたり、全力疾走で駆け抜けたプロレスラー生活も残りわずか。スポーツナビは引退試合を目前に控えた風香を直撃。ラストインタビューとしてお届けする。
 ファイナルマッチを前にした率直な気持ち、引退後の計画、そしてファンならば誰もが気になっているであろう「引退→結婚するのでは?」という疑問などなど。風香が語ったラストメッセージを胸に、3月28日、最後の華麗なるファイトを見届けたい。
(インタビュー日:3月20日/都内某所)

■「実感がまだわかない。4月も普通に試合が組まれているような感じ」

「まだ実感がない。4月以降も普通に試合をしていそう」と心境を語る風香
「まだ実感がない。4月以降も普通に試合をしていそう」と心境を語る風香【スポーツナビ】

——本日もよろしくお願いします。さて、スポーツナビが送る風香インタビューも今回が最終回になりました。

そうですねぇ〜。寂しいですよね。

——はい、読者が一番悲しんでます。

今まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

——まあ、あいさつは最後にとっておいて、さっそくですが、引退試合まであと1週間となりました。今は正直、どんな気持ちですか?

そうですね、引退を発表した時はやっぱり覚悟だったり、寂しいなって思ったりしたんですが、だんだんと近づいてくると、すごく忙しくなって、寂しいとかって感じる余裕がなくて、実感がわいていないですね。4月以降も普通に試合が組まれている感じです。

——いつもの風香祭の前とあんまり変わらないと。

はい。いつもよりも大きな会場でやるから、その分、気が張ってはいるけど……っていう感じですかね。
でも、やっぱり引退ということで、WAVEとかNEO、パッションレッドとか出た大会で花束や記念品贈呈が試合のあとにあるので、あぁ本当に終わるんだ、って思いますよね。

——なるほど、そういういつもはない特別なセレモニーで引退を実感させられると。で、引退興行も目前ですが、準備のほうは?

今は……何もしてません、アハハハ(笑)

——ダメじゃないですか(笑)

いやいや、準備しているんですけど、本当に忙しくて。あ、こないだはメキシコで引退セレモニーもあったり、日本に帰った後も試合がたくさん組まれていたり、デザイナーさんとの打ち合わせもあったりで、もう本当に大変で。

——デザイナーさんって、なんですか?

引退興行のパンフレットとかグッズとか、大きい垂れ幕も飾るんですけど、それのデザインとか、そういったものも今回は私も携わってて、それで色々と気が張っていて夜もあんまり寝れていなくて……。それで先週、ついに倒れちゃいました。

——え!? 大丈夫なんですか?

はい、今は大丈夫です! ちょうど試合の前日に取っていた休みの日で、丸々1日オフだったんですよ。それで22時間寝ました。それでなんとか復活しました。

■「高橋奈苗さんだったら、絶対に悔いは残らない」

昨年2月の5周年大会では奈苗(右)とタッグを組み勝利——ラストマッチでは対戦相手として完全燃焼を目指す
昨年2月の5周年大会では奈苗(右)とタッグを組み勝利——ラストマッチでは対戦相手として完全燃焼を目指す【前島康人】

——最後の大一番前にあんまり無理はしないでくださいよ。

はい。今回は私、2試合するんです。高橋奈苗さんとメーンで試合をして、もう1試合メキシコの選手とマスクで試合するんですが、もうここまで来たらジタバタしてもしょうがないから、今までやってきたことを全部出すだけです。だから試合に不安はないですね。大会の準備もあと1週間で詰めてやっていけるので、大丈夫だと思います。

——全部出す、ということですが、奈苗選手を相手に最後の最後にどんな試合を?

記念試合というより、最後だからこそ勝ちにこだわっていきたいですね。本気で高橋さんに切れられてボコボコにされるくらいの試合をして、こっちもボコボコにしたいです。

——奈苗選手は最後の相手に指名されたことで、何か風香選手に言っていましたか?

「うれしい」とか「本当に私で良かったのかな」って言ってもらえているみたいです。引退試合の相手の候補選手は何人かいたんですけど、何年か後になって振り返ったときに、誰との試合だったら完全燃焼できるだろう?、悔いが残らないだろう?って考えると、やっぱり高橋さんだったら勝ち負けを抜きにしても絶対に悔いは残らないと思ったんです。
でも、勝って終わるのと負けて終わるのとではやっぱり気持ちが違いますから、最後まで勝ちにこだわりたいですね。だから、もう試合まで1週間ですけど、最後まで成長できるように過ごしたいです。
それで、引退セレモニーなんですけど……

——ん? なんか急に自分で話を進め始めましたね。

あれ? 今、引退セレモニーのことを聞かれたような気がしたので……

——あ、ああ、特に何も聞いてないですが、どうぞ、どうぞ。思いのままにしゃべってください。

はい、それで引退セレモニーは普通のプロレス興行とは違う、華やかでSPEEDみたいなものにしたいです。

——華やかで、SPEEDみたいにと。なんだか意味が分かりませんが、具体的には?

それは秘密です。フフフ(笑)。当日、会場でのお楽しみということで。

 <続く>


◆前後のページ |
このページのトップへ

こちらの編集部ブログにトラックバックすると、タイトルが表示されます。

トラックバックURL :
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/fight/tb_ping/20

おすすめエントリー

編集部発ブログ

ブログ検索

お知らせ

携帯版スポーツナビにアクセス! 携帯版スポーツナビ
 ・格闘技はケータイで!
  大会速報はより早く、深く
  戦評、選手コメントも充実
Yahoo!保険 Y!ポイントプレゼント
自動車保険見積もり請求

サイト内検索:  携帯版スポーツナビ携帯版スポーツナビブログ