現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 産業・経済
  5. 記事

米ウェンディーズ、日本外食市場に再挑戦 昨年末撤退

2010年6月23日18時27分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 米ハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」のアジア・太平洋地域の子会社は23日、日本に再進出する意向を表明した。日本では1980年に東京・銀座に1号店を出し、全国に店を広げたが、昨年末に撤退していた。「日本は世界2位の外食市場で無視できない」として、外食業者や小売業者とフランチャイズ(FC)契約を結び、再び多店舗を構えたいという。

 FCの契約先を探しており、再進出の時期は未定。店は、以前とは別のデザインにする。80年の進出時の契約先は、大手スーパーのダイエーだった。2002年に牛丼チェーン「すき家」のゼンショーに契約先を変えたが、昨年末で契約が終了し、71店すべてを閉鎖した。

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

14年以上、日本国債先物ディーラーとして活躍した著者が国債の市場構造や運用のノウハウ、リスクを解説

爽やかな酸味とほのかな梅の香りをゼリーにしました。

1937年誕生以来、不動の四角いボトル。厚みあるまろやかなコクをお楽しみください


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

ビジネストピックス

クラウド・コンピューティング特集

新たなIT時代を読み解くキーワード「クラウド」を理解するには?