現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 文化
  4. 記事

遣唐使「円仁」の名刻んだ石板、中国で発見

2010年7月9日15時0分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:中国で見つかった石板に刻まれていた「円仁」の名前=酒寄雅志さん提供中国で見つかった石板に刻まれていた「円仁」の名前=酒寄雅志さん提供

写真:石板がはめ込まれていた塀。門の入り口から右側2番目、上段に「円仁」の石板はある=中国河南省の法王寺、宇都宮美生・洛陽理工学院大副教授提供石板がはめ込まれていた塀。門の入り口から右側2番目、上段に「円仁」の石板はある=中国河南省の法王寺、宇都宮美生・洛陽理工学院大副教授提供

地図:  

 平安時代の僧、円仁=えんにん=(慈覚大師、794〜864)とみられる名前の刻まれた石板が、中国河南省の寺院で発見された。最澄の弟子で比叡山の基礎を築いたことで知られる円仁は、遣唐使の一員として9年間、中国に滞在した。その間の足跡が具体的に確認されたのは初めて。中国に残された遣唐使の遺物としても、西安で見つかった井真成の墓誌に次いで2例目だ。

 石板が見つかったのは登封市の法王寺。お堂を囲む塀にはめ込まれていたもので、縦44センチ、横62センチ。当時、道教を強く信仰する皇帝の命令で、仏教弾圧が激しかった。信仰対象の仏舎利が失われるのを恐れ、地中に隠したことを記し、最後に「円仁」「大唐会昌五年」と刻まれていた。845年に当たる。円仁を研究する国学院大栃木短大の酒寄雅志教授(東アジア古代史)らが現地で確認した。

 円仁は、中国での見聞を記録した「入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいこうき)」を書いており、古代の最も優れた旅行記の一つとされる。今回見つかった石板に刻まれた同じ年、仏教弾圧により円仁は都の長安から追放され、帰国の途についた。巡礼行記には、洛陽から鄭州へとたどったことが記されており、法王寺のある登封は、両都市の中間に位置している。

 酒寄教授によると、円仁という名は、当時の中国僧には見あたらず、当時中国でも高僧として名の知られた円仁にまず間違いないという。「廃仏の嵐の中、寺の宝の舎利を地中に隠すことになり、事情を記す文を円仁が求められて書いた、というような情景が想定できる。円仁の姿がいきいきと浮かんでくる。画期的な発見だ」と酒寄教授は語っている。(渡辺延志)

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

ROOKIES、池袋ウエストゲートパーク、木更津キャッツアイなど

阿修羅像の魅力を詳しく解説

ティン・パン・アレー、キャラメルママのCD集めました


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

朝日いつかは名人会ガイド

第5回公演の模様を収録したオーディオブック(音声のみ、有料)をダウンロード販売中です!
落語はもちろん、会場の爆笑を呼んだトークのコーナーを含む全編収録版と、柳家喬太郎「一日署長」だけの真打ち版、あわせて2種類です。詳しくはこちらのページをご覧ください。
オーディオブックの発売にあわせて、ダイジェスト版の動画も、インターネット上に流しています。オーディオブックと同様、こちらのページをご覧ください。