◆“野球小説「天海シーガルズ!」”は日本プロ野球を応援しています!◆
 
最初に読んでね!
管理人自己紹介
野球ファンに100の質問
野球ブログ『一球脱魂!』
総合掲示板
リンク
Ring・Ranking・Union
管理人運営野球ブログ   .

『一球脱魂!』

 当サイトはリンクフリーです!!  


当サイトは「2004年の某出版賞の佳作」を受賞した野球小説に大幅加筆修正を加えたものを掲載しているサイトです。
御意見・御感想はこちらか、あるいは総合掲示板まで!

ご意見・ご感想を送ってくださった方々、感謝します!
…お礼ということで、ひょっとしたら何かしらの形で番外編書くかも…です。

 

 

管理人が運営する野球ブログ『一球脱魂!』

 
野球小説『天海シーガルズ!』
 …2004年の球界再編騒動を機に新規参入を果たした新球団「天海シーガルズ」は、3年後の2007年には世間から半ば忘れ去られた存在となっていた。だが熱意なき天野元生オーナーに代わって志ある息子の天野優生が新オーナーに就任。優生はスカウトとして燻っていた実績の殆どない吉国裕次郎を新監督に起用し、二人三脚で球団再建に乗り出す。吉国はチーム内の各種改革を断行し、早くも最下位が決まった07年シーズンの消化試合を利用して戦力の入れ替えと育成に注力する。さらにドラフト会議では積極的大補強を遂行。「日本で最も有名な高校生ルーキー」千堂翔と「史上初の女子プロ野球選手」坂下絵理を誕生させる。吉国は春季キャンプを通じて新生天海シーガルズの陣容を固め、オープン戦の破竹の勢いを維持したままに08年開幕を迎えるのだが…。

 →『天海シーガルズ!三章まで大辞典』
 …人物・団体等を載せた、遊び心を添加している『天海シーガルズ!』辞典。ネタバレを極力防ぐ為、三章までしか網羅していない。

 

第一章:「実績なき新監督と志ある新オーナー」

第二章:「来季モード」

第三章:「千堂翔と坂下絵理」

第四章:「新生天海シーガルズ」

第五章:「オープン戦」

第六章:「開幕戦」

第七章:「それぞれの四月」

第八章:「危機再び」

第九章:「ナイン、起つ。」

第一〇章:「プロ野球サミット」

第一一章:「第二の幕開け」

第一二章:「誰が為のプロ野球」

第一三章:「奇跡」

第一四章:「10.8」

 

since 05.12.4◆It is a check of operation at IE6.0.
copyright (c) 2004 Kazui Syu all rights reserved.◆This site is written in Japanese.

top裏口

→野球ページに行こう2←