Back to Apple Japan PR Web
会社情報
写真のダウンロードお問い合わせ会社情報

アップルジャパン株式会社の歴史:
1994年

1994, 1 PowerPCチップ搭載Macintoshへのアップグレードを低価格で提供する「パワーアップルキャンペーン」を開始
    学校教育とコンピュータ利用に関するセミナー「Welcome to Macintosh Caravan」に協賛。第1回の大阪を皮切りに、福岡、札幌で開催
  2 「Apple QuickTake 100」デジタルカメラを発表、低価格での画像の直接取り込みを実現
  3 Apple, IBM, モトローラの三社が共同開発したRISCテクノロジーに基づくPowerPCチップを搭載したPower Macintosh シリーズを発表
  4 テレビコマーシャル「人生と関係したい」が東京コピーライターズクラブ賞部門賞を受賞
  5 国内でのMacintosh 累計出荷台数が100万台を突破
    「Macintosh Performa 550」「Macintosh Performa 575」発表、Performaラインを充実
    最新のインタフェースとインダストリアルデザインを導入したMacintosh PowerBook 500シリーズを発表(後にグッドデザイン賞受賞)
  7 お客様窓口を統合し、アップルカスタマーアシスタンスセンターを開設
    代表取締役社長に三田聖二就任
  9 障害者のコンピュータ利用に関する総合情報センター「アップル・ディスアビリティ・センター」東京、大阪に開設
    低価格でAV機能やネットワーク機能への高い拡張性を持つ「Macintosh LC 630」発表
    94年度、売上高過去最高となる前年度比37%増の1,300億円、出荷台数ほぼ倍増の52万台を達成
  10 コンピュータ通信による子供主体の学校間プログラム「アップル・メディアキッズ」を全国モデル校8校間で試験的に開始
    ビデオ取り込み及び編集機能を標準搭載した「Macintosh Performa 630」を発表
    22日付けで資本金を54億8,000万円に増資
  11 SIやVARなどのソリューションプロバイダ支援組織「アップル・ソリューションパートナーネットワーク:ASP-Network」発足
  12 CD-ROMベースの新マルチメディアプラットフォーム「Pippin」を発表
    初のライセンス先企業である株式会社バンダイと東京で共同発表
写真のダウンロードお問い合わせ会社情報