OFFICE TWO-ONE

山下 康介
Kousuke Yamashita

作曲家・編曲家

静岡県立磐田南高等学校を経て、東京音楽大学作曲専攻(映画・放送音楽コース)卒業。大学卒業直後に映像作家の大林宣彦氏と出会い、映画「三毛猫ホームズの推理」で劇伴音楽作家としてデビュー。「理由」「転校生〜さよならあなた〜」「その日のまえに」などの同監督の多くの作品に携わっている。
 2008年に連続テレビ小説「瞳」(NHK)の劇伴音楽を担当。トロンボーン奏者・中川英二郎氏の演奏するメインテーマは話題になった。そのほかにドラマ「花より男子」「花より男子リターンズ」(TBS系)のほか、「セレブと貧乏太郎」(CX系)、「パパとムスメの7日間」「クロサギ」(TBS系)や、「有閑倶楽部」(NTV系)「病院のチカラ~星空ホスピタル~」(NHK)、アニメ「しおんの王」「月面兎兵器ミーナ」(CX系)「ドラゴノーツ」(TX系)の音楽全般(主題曲・劇伴・挿入歌)を担当している。 2010年は新春ワイド時代劇「柳生武芸帳」(テレビ東京系)、金曜ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」(TBS系)の劇伴音楽を担当。今夏にはアニメ「デジモンクロスウォーズ」(テレビ朝日系)の劇伴を担当する。
 また、アーティストやオーケストラのコンサート編曲や、「題名のない音楽会」(テレビ朝日系)などにおいて多くの編曲を手掛けている。
 舞台においても、「いないいないばあっ!あつまれ!ワンワンわんだーらんど」(2010年 NHKエデュケーショナル制作)のBGM作曲のほか、舞台版「おくりびと」(2010年)、宮本亜門氏演出のブロードウェイミュージカル「太平洋序曲」(2000年)「INTO THE WOODS」(2004、06年)、「スウィーニー・トッド」(2007年)などの公演音楽監督を務めている。
 月刊Piano誌(ヤマハミュージックメディア)において「山下康介の劇伴探訪」連載中。


 日本作編曲家協会(JCAA)理事。日本音楽著作権協会正会員。


~オリジナル作品~

 

■ドラマ・アニメ劇伴音楽 他

※最新作 『
デジモンクロスウォーズ』(テレビ朝日系/2010年7月~)
最新作 『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系/2010年1月)
最新作 新春ワイド時代劇『柳生武芸帳』
(テレビ東京系/2010年1月2日)

ドラマ『スマイル』(TBS系/2009年4月~)
ドラマ『Goro’s Barドラマスペシャル〜世界に一つだけの花サカス〜』
(TBS系/2009年3月)
ドラマ『セレブと貧乏太郎』(CX系/2008年10月~)
ドラマ『瞳』(2008年4月~NHK連続テレビ小説)
ドラマ『Around 40~注文の多い女たち~』(TBS系/2008年4月)
ドラマ『有閑倶楽部』(NTV系/2007年)
アニメ『しおんの王』(CX系/2007年)
アニメ『ドラゴノーツ』(TX系/2007年)
ドラマ『家に五女あり』(TBS系/2007年)
ドラマ『パパとムスメの7日間』(TBS系/2007年)
アニメ『月面兎兵器ミーナ』(CX系/2007年)
ドラマ『花より男子リターンズ』(TBS系/2007年)
ドラマ『病院のチカラ~星空ホスピタル~』(NHK/2007年)
ドラマ『風の来た道』(NHK/2007年)
ドラマ『鉄板少女アカネ!』(TBS系/2006年)
アニメ『ガラスの艦隊』(テレビ朝日系/2006年)
ドラマ『すてきにコモン』(TBS系/2006年)
ドラマ『クロサギ』(TBS系/2006年)
アニメ『Xenosaga THE ANIMASITON』(テレビ朝日系/2005年)
スーパー戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』
劇伴(テレビ朝日系/2005年)
ドラマ『花より男子』(TBS系/2005年)
スーパー戦隊シリーズ『爆竜戦隊アバレンジャー』
劇伴(healthy wingsの一員として)
(テレビ朝日系/2003年)
『B.B.WAVE.com』オープニングテーマ(TX系/2002年)
ドラマ『おもいっきりテレビ殺人事件みのもんたの人生相談刑事』
劇伴(NTV系/2002年)
ドラマ『新・愛の嵐』劇伴(CX系/2002年)
天才てれびくんワイド 一芸を磨けコーナー挿入歌
『Trust myself』(NHK教育/2000年)
朗読劇『忍ぶ川』大林宣彦監督作品 劇伴(NHK-BS/2000年)
ドラマ『スウィートシーズン』劇伴(TBS系/1998年)

映画音楽(劇場用作品&テレビ)

<大林宣彦監督作品>
『その日のまえに』(2008年)
『転校生~さよならあなた~』(2007年)
『22才の別れ』(2007年)
『理由』(2004年)
『なごり雪』(2002年)
『サイナラ 淀川長治物語・神戸編』(1999年)
『あの夏の日~とんでろじいちゃん~』(1999年)
『SADA』(1998年)
『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』(1998年)
『マヌケ先生』(1998年)
『風の歌が聴こえる』(1997年)
『三毛猫ホームズの推理』(1996年)
<河合勇人監督作品>
『ハチミツドロップス』(公開未定)
<石井康晴監督作品>
『映画 クロサギ』(2008年)
『花より男子 ファイナル』(2008年)
<大森一樹監督作品>
『走れ!イチロー』(2001年)
『ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説』(2000年)
<磯村一路監督作品>
『夏少女ウメ子』(BS-I/2001年)
<その他>
『死にぞこないの青』(2007年)
劇場版『魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁』
『超忍者隊イナズマ!』(OVA)
『超忍者隊イナズマ!!SPARK』(OVA)
 
ラジオ

『海辺の姉妹』(NHK-FMシアター/2006年)
『長野オリンピック速報』(TBS-R/1998年)
『スポーツまるごと日曜日』(QR/1998年)

■ゲーム音楽

※最新作「Knights Contract(ナイツコントラクト)」
(バンダイナムコゲームス/2011年発売予定)
 
「信長の野望〜天道〜」(コーエー/2009年)
韓国オンラインゲーム「Cc」(エヌプルート/2009年)
ニンテンドーDS用ソフト「XenosagaⅠ・Ⅱ」(ナムコ/2005年)
韓国オンラインゲーム「R2」(ハンゲーム/2005年)
「信長の野望~革新~」(コーエー/2005年)
「信長の野望~天下創世~」(コーエー/2003年)
「信長の野望~蒼天禄~ 」(コーエー/2002年)
演奏/チェコフィルハーモニー室内管弦楽団
「信長の野望~嵐世紀~ 」(コーエー/2000年
「信長の野望~烈風伝~ 」(コーエー/1998年)
「維新の嵐 幕末志士伝 」(コーエー/1997年)
「信長の野望~将星録~ 」(コーエー/1996年)

 
『ぴくぽくとけい』((NHK教育テレビ「いないないばぁ」/2009年11月~)
 
吹奏楽作品
 
「Episode Five〜ウインドアンサンブルのための〜」
(2010年「バンド維新」委嘱作品)
 
~主な編曲作品~

■映画/テレビ等
 
NHKアニメ「こんにちはアン」Op主題歌「ヒカリの種」(唄/井上あずみ)(2009年)
映画「問題のない私たち」挿入歌(唄/黒川芽以)(2003年)

映画「ドラえもん のび太の太陽王伝説」(2000年)
エンディングテーマ「この星のどこかで」
(曲/大江千里 唄/由紀さおり・安田祥子)
オープニングテーマ「ドラえもんのうた」(唄/ウィーン少年合唱団)
 
OVA「ガラスの仮面」劇伴(音楽/寺嶋民哉)(1998年)
ドラマ「最後の恋」劇伴(テーマ音楽/小田和正)(TBS系/1997年)
アニメ「キューティーハニー」挿入歌「あなたに届けたい」
(作曲/山本健司)(ANB系/1997年)

■アーティスト関連
 
最新作  ささきいさお芸能生活50周年記念シングル
 
「風の会話」編曲
「死ぬほど抱きしめて」作・編曲(2010年7月発売)
 
 
宗次郎全集(2006年)
稲本響(ピアノ)アルバム(2001年)
 「Vacation」
 「Mr.Lonely」
Jungle smile アルバム(1998年)
 「林檎」 ストリングアレンジ
 「白い恋人」 ストリングアレンジ

神谷百子(マリンバ) アルバム(1997年)
 「狂詩曲<スペイン>」(曲/シャブリエ)
 「月の光」(曲/ドビュッシー)
 「子守唄」(曲/團伊玖磨)

■ゲーム関連

コナミアルバム「幻想水滸伝ボーカルコレクション」(2002年) 
サウンドプロデュース&編曲
「幻想水滸伝ボーカルコレクションⅡ」(2002年) 
サウンドプロデュース&編曲

 舞台/イベント関連
 
※最新作 「いないいないばあっ!あつまれ!ワンワンわんだーらんど」
BGM作曲(2010年)
※最新作  舞台「おくりびと」(2010年)音楽監督
 
横浜開港150周年記念公演音楽監督(演出/宮本亜門)
ブロードウェイミュージカル「サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ」
(演出/宮本亜門)
祝祭音楽劇「トゥーランドット」
(演出/宮本亜門 音楽/久石譲)(2008年)編曲
ブロードウェイミュージカル「スウィーニートッド」
(演出/宮本亜門 制作/ホリプロ)(2007年) 公演音楽監督
舞台「大川わたり」(音楽/川井郁子)(2003年)編曲
ブロードウェイミュージカル「Into The Woods」
(演出/宮本亜門 制作/新国立劇場)(2004年)公演音楽監督
ブロードウェイミュージカル「太平洋序曲」
(演出/宮本亜門 制作/新国立劇場)(2002年)公演音楽監督&編曲
アンダーカバー ファッションショー「2000-2001 秋冬コレクション」(2000年)
 
〔平成22年5月現在〕