童夢 / Dome
生産国:日本




フォーミュラーカーのコンストラクター「童夢」が製作した、ミッドシップスポーツ。
1975年、童夢代表である林みのる氏の自宅で開発プロジェクトがスタートし、日本のレース界を代表するメンバーが参画。
ボディデザインは林氏と由良拓也氏、モノコックは三村建治氏、サスペンションは小野昌朗氏が設計し、
1978年初頭に完成。2月の第48回ジュネーブ・ショーで発表された。スーパーカーブームは下火になりつつあったが、
その頃の日本は排気ガス規制が厳しい時期だったので、このクルマの登場は大いに話題となった。
零は、フェラーリやランボルギーニなどの大排気量スーパーカーというよりは、ロータス・エスプリをはじめとする、
操作性に優れ俊敏に走る中型スーパーカークラスの性能で、価格も1000万円程度を想定していた。
シャシーは複雑な形状を持つスチール・モノコックで、サスペンションは前後ともダブル・ウィッシュボーン+コイル。
ブレーキはガーリング製で、フロントがベンチレーテッド・ディスク、リアはインボードタイプのソリッド・ディスクを採用。
足回りは、ピースのアロイホイールにピレリP6で、フロントが185/60VR13、リアは255/55VR14と、前後でかなりサイズが異なった。
2.8リットルの日産L28型水冷直列気6筒SOHCエンジンをミッドに横置き搭載し、ZF製5速MTが組み合わされた。
L28はサイズが大きく重量もヘビーだが、童夢は当時から「純国産技術」にこだわっていたため、他に選択の余地がなかったという。
ボディパネルは、軽量なFRP製。ドアは前ヒンジで真上に跳ね上がるガルウイングタイプで、運転席は右側にある。
サイドウインドウはハメ殺しで、ドアのアクリルがスライドで開閉できる。高速道路などの料金所では、ここを使う。
ボンネットのダクトはラジエターの熱気を逃がすためのもの。ドア後方にあるサイドのインテークは、
エンジンルームの冷却用で、左側2つ、右側1つとなっている。リヤのテールランプは、ワンオフ。
室内は、直線を基本に設計されている。ステアリングホイールは革巻きだが、逆V字型スポーク下側部分のみプラスチック。
メーターはデジタルで、ステアリング同様、近未来的なイメージとなっている。
室内にバックミラーはなく、後方はビタローニ製のサイドミラーのみでしか確認できない。
ジュネーブ・ショー発表後、国内の型式認定を取得するために、さまざまなテスト走行が繰り返された。
しかし、国内での型式認定取得を前提に法規に合わせて製作されているにもかかわらず、
許可を受けるどころか、その前の申請さえも受け付けてもらえなかった。

生産台数は1台のみ。現在はエンジンが故障しているが、京都にある童夢本社に保管されている。
なお、童夢の協力により、2003年6月に開催されたイベント「スーパーカー・スーパーカー」に特別展示された。





P2
零は日本国内での法規に合わせて製作されたものの、型式認定取得を受けることができなかった。
そこで、アメリカでの認定取得を目指し、零をベースに新設計のP2が誕生した。
一見すると零との違いはないように思えるが、日本とアメリカの保安基準(FMVSS)は大きく異なり、かなり修正されている。
ボディが若干大きくなり、サスペンションのウィッシュボーンはチューブからスチールプレスへと変更。
フロントバンパーが大型化され、取り付けも高い位置へ移動。ただし、取り付け位置を変更するだけでは
全体のデザインに狂いが生じてしまうため、ボディパネルはデザインし直された。そのため、零とはパーツの互換性がない。
ヘッドライトの高さも修正されており、まわりのデザインも変えられている。タイヤはHR規格のものになり、リヤのサイズが変更された。
同時に、シャシーをスチール・モノコックから鋼管スペースフレームに変更、インテリアも簡素化されるなど、コストダウンも図られた。
ガルウイングタイプのドアは、零よりも少し外側に向かって開くようになった。零はオーバーヒートに悩まされたため、
このP-2では大容量のラジエターと2基の電動ファンをフロントに収める。そのため、ラゲッジルームはない。
P-2は、ライトグリーンと写真のレッドの2台が製作された。シャシーナンバー1号車はライトグリーン、2号車はレッド。
ライトグリーンは、1979年5月のロサンゼルス・オートエクスポ、11月のシカゴ・ショーで展示された。
市販化に向け、アメリカや日本の公道、サーキットでさまざまな走行テストが繰り返し行われたほか、
具体的なライバルをフェラーリ308に想定し、実車を使っていろいろな数値が比較された。
当初は日本/アメリカ向けにインジェクション仕様が、イギリス向けにキャブレター仕様が研究された。
パワー不足からターボ装着も検討されたが、雰囲気に合わないことからキャンセルとなった。
アメリカの現地法人「童夢USA」を設立し、市販化目前だったが、結局このP-2もプロトタイプで終わってしました。
というのも、童夢の関心がレースへと向いてしまったからだ。大ヒットしていた零とP-2のおもちゃの売り上げがダウンしたため、
おもちゃメーカーは零のレース仕様車の製作を童夢へオーダー。もともと開発の主要メンバーはレース好きが多く、
市販車の型式認定取得よりもレースカー製作を優先。零RL(レーシング・ルマン)にかかりっきりとなり、
残念ながらP-2市販化計画はフェードアウトしてしまった。

P-2も童夢本社に保管されているが、レッドは実走可能な状態に保たれており、
イベントなどでその勇姿を見ることができる。なお、上の写真のホイールはノン・オリジナル。



■Specification 
P-2
発表年 1978 1979
生産年 1978 1979
生産台数 1 2
シャシー スチールモノコック・フレーム 鋼管スペースフレーム
全長×全幅×全高(mm) 3980×1770×980 4235×1775×990
ホイールベース(mm) 2400 2450
トレッド前後(mm) 1445/1505 1445/1505
車両総重量(kg) 920 950
エンジン 水冷直列6気筒SOHC 水冷直列6気筒SOHC
ボア×ストローク(mm) 86.0×79.0 86.0×79.0
総排気量(cc) 2753 2753
燃料供給 ソレックス・ツインチョーク×3 ソレックス・ツインチョーク×3
圧縮比 9.0 9.0
最高出力(PS/rpm) 145/5200 145/5200
最大トルク(kgm/rpm) 23.0/4000 23.0/4000
エンジン搭載位置 ミッドシップ ミッドシップ
駆動方式 後輪駆動 後輪駆動
トランスミッション 5速MT 5速MT
ステアリング ラック&ピニオン ラック&ピニオン
サスペンション 前後ダブルウィッシュボーン+コイル 前後ダブルウィッシュボーン+コイル
ブレーキ ベンチレーテッド・ディスク(F)、ソリッド・ディスク(R) ベンチレーテッド・ディスク(F)、ソリッド・ディスク(R)
タイヤ 185/60VR13(F)、255/55VR14(R) 185/60R13 80H(F)、225/60R14 91H(R)
乗員定員(名) 2 2



(C)Copyright 2005 SUPERCAR NET, All Rights Reserved.