松風


身をかへて独り帰れる故郷に
きこしに似たる松風そ吹く



TOP PAGE

懐石

炭点前の後、続けて懐石となります。
写真では、人数が多いので広間に場所を変えて懐石としています。


配膳
左にご飯、右に味噌汁、向う側に刺身などを盛った「向付」が置かれた「折敷」というお膳を持ち出します。

向付
挨拶の後、ご飯と味噌汁を頂きますが、向付は酒が出た後で手を付けます。

盃
赤盃が持ち出され、お酒が注がれます。
この後、ご飯の入った飯器が出され、味噌汁のお変わりも頂けます。

煮物碗
「煮物碗」が出されます。

焼物
鉢に人数分盛った焼魚が出され、客は取り回します。
ここで、焼物の盃が持ち出され、徳利でお酒が振舞われます。

この後で、煮物などをひとつの鉢に盛った「預け鉢」が出た後、飯器が再び出て徳利が客に預けられ、一度閉め切りとなります。
ここで亭主も水屋で料理を相伴します。

小吸物(箸洗い)
再び亭主があらわれ、「小吸物」(箸洗い)といわれる吸物が出されます。
焼物などで油っぽくなった箸を洗う、という意味があり、口を変える役目もあります。

八寸
続いて、酒の肴を海の物一品、山の物一品ずつ盛った「八寸」がお酒と一緒に持ち出されます。
客にお酒を注ぎ、客の吸物の蓋に、八寸の肴を取り回します。

千鳥の盃
八寸が一周した後、正客から亭主にもお酒を勧められ、正客の盃を借りて亭主も酒を呑みます。
ここで亭主は正客の盃を借り、次客、三客とも酒を酌み交わしていきます。
ひとつの盃が千鳥の歩くように行ったり来たりするので、これを「千鳥の盃」と言います。

この後、「強肴」などの肴が出され、最後に湯と漬物が出されます。
客は最後までご飯を一口分残しておき、最後にこのお湯を入れて漬物で茶漬けにして頂きます。 残ったご飯等は漬物で拭って頂ききります。

主菓子
膳が下げられ、最後に主菓子が出されます。
菓子を食べ終わったら外の腰掛待合で準備ができるのを待ちます。


影凌亂 ろごすの影凌亂トップページ
野分凌亂 影凌亂メニューページ
初音凌亂 影凌亂の更新案内
浮舟凌亂 ろごすの趣味・プロフィールの紹介
松風凌亂 茶道に関する話、体験案内、宗和流お稽古場紹介、金森宗和関連情報
宗和流茶道体験 茶道・茶事を体験してみたい方への体験案内
金森宗和 金森宗和の逸話・関連資料
茶道レポート 茶道に関するレポートの紹介
梅枝凌亂 香道に関する話、名香資料他
名香覚 香道の六十一種の名香を覚える和歌の紹介
蛍凌亂 影凌亂への頂き物
橋姫凌亂 ろごすのお薦めリンク
関屋凌亂 宗和流文献資料の公開を中心とした会員専用ページ