sportsnavi.com

サイト内検索:  携帯版スポーツナビ携帯版スポーツナビブログ

  トップページ > 格闘技 > 試合速報
格闘技速報 Yahoo!スポーツ
  大会インデックス
  オープニングアクト
  第1試合
  第2試合
  第3試合
  第4試合
  第5試合
  第6試合
  第7試合
 日程&試合詳細
 団体別試合詳細
 リングを彩る女神たち
 フォトギャラリー
 ニュース一覧
 コラム一覧
随時リロードボタンを押してお楽しみください
スターダム「STARDOM X〜高橋奈苗デビュー15周年記念試合〜」
日付 2011年7月24日(日)
開始 12:00
会場 東京・後楽園ホール
PR
デビュー15周年の高橋奈苗が初代王者に
愛川ゆず季はゆずポンキックで初のベルト獲得
デビュー15周年興行でスターダム初代王座を獲得した高橋奈苗【t.SAKUMA】
 今年1月に旗揚げした女子プロレス団体「スターダム」の、“聖地”後楽園ホール初進出となる大会「STARDOM × STARDOM2011 〜高橋奈苗デビュー15周年記念試合〜」が24日に開催された。
 今大会から、赤と白、2つのチャンピオンベルトが新設。世界最高峰の王座となる「ワールド・オブ・スターダム」には、デビュー15周年を迎えた高橋奈苗が、団体最強の証となる「ワンダー・オブ・スターダム」には“グラレスラー”愛川ゆず季がそれぞれ戴冠した。

 メーンイベントで行われた初代「ワールド・オブ・スターダム王座」決定トーナメント決勝では、第3試合で長野美香を破った美闘陽子、第4試合でマルチネスを破った高橋奈苗が死闘を繰り広げた。
 デビューからわずか7カ月の美闘だったが、キャリア15年の奈苗に対して臆することなくぶつかっていく。得意の蹴りに加え、この大会のために練習してきたという回転チョップからの浴びせ蹴りというコンビネーション技などを見せ、奈苗を攻める。必殺技のドールBなどもヒットさせたが、自力に勝る奈苗から3カウントは奪えず。
 対する奈苗は、ナナ☆ラッカ、冷蔵庫爆弾の2連弾、気合いのこもったラリアットと、得意技のフルコースで攻めると、最後はワンセコンドで美闘で捕らえ、そのままサイドバスター風にマットへたたきつけ、3カウントを奪った。

 これで初代「ワールド・オブ・スターダム」王座に輝き、赤いベルトを手にした奈苗は、「15周年を記念してもらい、それに赤いベルトも私のもとにあるのがすごいうれしい」とコメント。全日本女子プロレスの至宝でもあったWWWAのベルトの最後の保持者として、今回改めて同じく真っ赤なベルトを手にしたことで、「スターダムでも近い将来、必ず一番を取りますと言ってきましたが、今、いろいろなものがはまってきて、流れが来ている。(ワールド・オブ・スターダムのベルトを)さらに価値あるものにしていく」と語ると、「このベルトは一生誰にも渡さない。このまま棺桶に入ります」と“生涯王者”宣言をした。
 また試合後のリングでは紫雷イオが現れ、スターダム参戦を表明。そして、奈苗がずっとほしがっていた“タッグパートナー”にも名乗りを上げ、奈苗にとっては、うれしい15周年記念大会となった。

世IV虎との“ビジュアル対決”を制し、初のベルトを獲得した愛川ゆず季【t.SAKUMA】
「ワールド・オブ・スターダム」とともに新設された「ワンダー・オブ・スターダム」王座。純白のチャンピオンベルトを懸けて争ったのが愛川ゆず季と世IV虎の2人。シングル初対決となったが、試合は序盤から激しいぶつかり合い。「愛川の胸は偽物」、「シリコンが入っている」と愛川がグラビアアイドルとして致命的となるような風評を流し続けた世IV虎は、執拗に胸への攻撃。エルボー、ミドルキックと痛めつけ、得意のダイビング・セントーンやネックハンキング・ボムでフォールを奪おうとする。
 しかし、“グラレスラー”としての本気度を見せたい愛川も蹴りで反撃すると、STF、ゆずポンキックレッド(かかと落とし)、ゆずポンキックブルー(後ろ回し蹴り)など、得意技を惜しみなく繰り出し、最後は、シャイニング・ゆザードを決めた後に、ゆずポンキックブルー、レッドとたたみかけ、世IV虎からフォールを奪った。

 純白のベルトを受け取ると、リング上で大号泣し、「(このベルトは)私が一番似合うと思います」と宣言し、観客から暖かい拍手をもらった。 試合後は、「こんなに暑いのに、鳥肌が立つくらい緊張していました。プロレスを始めてから、頑張って頑張って努力して、そうしたら報われると信じて続けてきたので、(この結果が出て)プロレスをやっていてよかった」と、喜びをかみしめた。「ワンダー・オブ・スターダム」のベルトは団体内最強の証となるが、「私が価値を高めて、“グラレスラー”として広めていく」と宣言し、「スターダムでは高橋奈苗さんというボスもいますし、美闘陽子ちゃんとはタッグを組んでいますが、彼女もすごい強い選手なので戦いたい」と王座防衛戦の対戦相手となる選手の名前を挙げた。


【関連リンク】
美闘陽子と世IV虎、聖地・後楽園の女神はどっちだ!?(11.07.19)
“ビジュアルタッグ”愛川&美闘が最強コンビを撃破!(11.06.26)
愛川&美闘は“ビジュアルタッグ”に手応え(11.06.12)
打倒ゆずポン! 初勝利へ岩谷麻優、燃えています(11.05.23)
女子プロレスの星となるか、新団体「スターダム」が旗揚げ(11.01.23)
高橋奈苗デビュー15周年記念セレモニー


詳細
第1試合 スターダム・ティーンズファイト 20分1本勝負
星輝ありさ

岩谷 麻優


9分44秒
ダイビングボディーアタック
→片エビ固め
詳細

須佐えり

鹿島 沙希
第2試合 キッズ・ファイト〜夢のプロレス物語・夏休み編〜3分間

(9歳)

 

時間切れ引き分け
詳細

 
ケニー・オメガ
(DDT)
第3試合 ワールド・オブ・スターダム王座決定トーナメント1回戦 30分1本勝負
美闘 陽子


9分10秒
ハイキック
→エビ固め
詳細

長野 美香
※美闘が決勝進出
第4試合 ワールド・オブ・スターダム王座決定トーナメント1回戦 30分1本勝負
高橋 奈苗


12分21秒
ナナ☆ラッカ
→エビ固め
詳細

“ラティーナ・センセーション”メルセデス・マルチネス
奈苗が決勝進出
第5試合 ワンダー・オブ・スターダム王座決定戦 30分1本勝負
愛川ゆず季


11分47秒
ゆずポンキックレッド
→片エビ固め
詳細

世IV虎
※愛川ゆず季が初代ワンダー・オブ・スターダム王者
第6試合 ハイスピード選手権試合 30分1本勝負
[王者]
Leon
 


21分41秒
モモ☆ラッチ
詳細
 

[挑戦者]
夏樹☆たいよう
※夏樹☆たいようが新王者に
第7試合 ワールド・オブ・スターダム王座決定トーナメント決勝戦 30分1本勝負
[第3試合の勝者]
美闘 陽子
 


13分17秒
ワンセコンドEX(仮)
→片エビ固め
詳細
 

[第4試合の勝者]
高橋 奈苗
※高橋奈苗が初代ワールド・オブ・スターダム王者

格闘技ニュース:
My Yahoo!に追加 RSS RSSとは
 
Yahoo!ズバリ予想 Yahoo!ズバリ予想
格闘技 DREAM.17、桜庭vs.カブラルの結果は?
格闘技 UFC135、ネイト対五味の結果は?



Copyright (c) 2011 Y's Sports Inc. All Rights Reserved.