sportsnavi.com

サイト内検索:  携帯版スポーツナビ携帯版スポーツナビブログ

  トップページ > 格闘技 > 試合速報
格闘技速報 Yahoo!スポーツ
  大会インデックス
  第1試合
  第2試合
  第3試合
  第4試合
  第5試合
  第6試合
 日程&試合詳細
 団体別試合詳細
 リングを彩る女神たち
 フォトギャラリー
 ニュース一覧
 コラム一覧
随時リロードボタンを押してお楽しみください
仮面貴族FIESTA2011「ミル・マスカラス来日40周年記念試合」
日付 2011年10月7日(金)
開始 18:30
会場 東京・後楽園ホール
マスカラス兄弟と初代虎が初タッグ結成
夢のレジェンドトリオの豪華競演に熱狂
夢のレジェンドトリオの豪華競演にファン熱狂【t.SAKUMA】
 7日の「仮面貴族FIESTA2011〜ミル・マスカラス来日40周年記念試合〜」では、満員となる1250人を動員。この日しか見られない豪華な顔合わせに会場は熱気に包まれた。

 Wメ−ンイベント第2試合では、「ミル・マスカラス来日40周年記念試合」として、ミル・マスカラス、ドス・カラス、初代タイガーマスク(リアルジャパン)が初のトリオを結成。タイガーマスク(新日本プロレス)、CIMA(DRAGON GATE)、ウルティモ・ゲレーロ(CMLL)組と対戦した。
“千の仮面を持つ男”マスカラスが日本に初来日してから40年。「スカイハイ」に乗ってマスカラスが登場すると、かつて少年時代に胸躍らせたファンが大歓声で出迎えた。

 かつてみちのくプロレスのリングで一騎打ちを行ったドス・カラスと4代目が先発を買って出ると、ドス・カラスが早くも弓矢固め、メキシカンストレッチを炸裂。そこへ16歳の時に単身メキシコへ渡り、ドス・カラスに師事したCIMAが握手を求めるフリをして奇襲攻撃を見舞う。
 マスカラスはCMLLのトップルードであるゲレーロをコークスクリューシザースでマットに投げつけると、ドス・カラスのトペ・スイシーダに負けじとCIMAにボディーアタックを炸裂。そこにドス・カラスも加わり、ゲレーロ、4代目に続けざまにクロスボディーを炸裂。仮面兄弟の編隊飛行に客席の温度が急上昇した。
 レジェンドレスラーズに負けじと、CIMAも「16歳の時を思い出して、タイムマシンに乗って未来に来たみたい」という感覚にとらわれながらも、「先生」「師匠」と叫びながらドス・カラスにチョップを打ち込んでいけば、4代目も初代虎にキックを見舞っていくも、「プロレスの声域というか、踏み込めない何かがある」(CIMA)見えない壁に阻まれ、トドメをさすことはできず。
マスカラス兄弟は編隊飛行を披露【t.SAKUMA】
 ドス・カラスがCIMAをカンパーナでとらえ、初代が4代目をメキシカンストレッチで捕獲する間に、マスカラスがゲレーロに向かってコーナートップからのフライングボディーアタックを炸裂させ、熱戦に終止符を打った。

 かつて日本中を熱狂させ、プロレス黄金時代を築き上げた3人は、試合後も互いのファイトをたたえ合うと、来日40周年を迎えたマスカラスは「もうあと40周年頑張る」と、節目にこだわらず、今後もファイトし続けることを約束。デビュー40周年を迎えたドス・カラスも「節制してやってきたから続けられたと思う」と、いまだ現役であり続ける自信に胸を張った。一方、敗れたCIMAたちは口々にリベンジ戦を要求。戦うためなら、日本にこだわらず、どこの国でも追いかけると吠えた。。


 Wメーンイベント第1試合では、「ハヤブサ・プロデュースマッチ」として、「天龍源一郎の双子の兄」である大ハヤブサが、新崎人生(みちのくプロレス)、ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)と組んで、佐々木健介(健介オフィス)&プリンス・デヴィット(新日本プロレス)&エル・サムライ(フリー)組と対戦。11.10「天龍プロジェクト」後楽園ホール大会のメーンイベント(天龍&鈴木みのる&諏訪魔組vs.健介%小島聡&太陽ケア組)で健介と戦う天龍に代わり、大ハヤブサが“代理戦争”として激しいチョップ合戦を繰り広げた。

 13分過ぎ、大ハヤブサのチョップ攻撃に触発された健介がたまらずリングに飛び出すと、そのままリング中央で激しい逆水平チョップ合戦を展開。若さで勝る健介がやや優勢に立つも、直後に大ハヤブサが強烈なグーパンチ一発で形勢逆転。さらに17分過ぎにはデヴィットのノータッチトペを皮切りに選手たちが次々と場外ダイブを放つと、健介のプランチャに負けじと大ハヤブサもエプロンから場外へ飛んでみせた。
 IWGPジュニア2冠王のデヴィットに刺激を受けたサスケが、まさかのラ・ケブラーダを場外へ放ち、人生が健介を極楽固めで捕獲する間に、大ハヤブサがテキサスクローバーホールドでサムライに勝利。
 試合後、大ハヤブサが「めいっぱいチョップを打ち合おう」と“弟”の気持ちを“代弁”すると、健介も「この胸が弾け飛ぶぐらいに打ち合おう」と、1カ月後にこの聖地でこれ以上のチョップ合戦を互いに約束し合った。(文・高木裕美)


【関連リンク】
大会詳報は携帯版スポーツナビでもチェック!
『仮面貴族FIESTA』前日会見 (11.10.06)
藤波vs.マスカラス=IGF(11.08.27)
マスカラスとブッチャーの遭遇に聖地熱狂(10.10.08)
「ハッスル1」(04.01.04)
第1試合 超異次元マスクマン・バトル 30分1本勝負
テロリスト“F”


5分51秒
ワキ固め
詳細

菊タロー
第2試合 X−LAW女子選手権試合 30分1本勝負
[王者]
A☆YU☆MI
 


9分37秒
変形裏投げ
→体固め
詳細
 

[挑戦者]
大畠 美咲
※A☆YU☆MIが5度目の防衛に成功
第3試合 スペシャル6人タッグ 30分1本勝負
グラン浜田

NOSAWA論外

TAKAみちのく


4分33秒
デスバレーボム
→片エビ固め
詳細

ブラック・タイガーV

サスケ・ザ・グレート

山縣 優
第4試合 スターダム提供試合 30分1本勝負
愛川ゆず季

高木 三四郎


7分01秒
ダブルゆずポンキック
→体固め
詳細

パッション・ナッキー

岩谷 麻優
※愛川は初のミックスマッチ
第5試合 ダブルメーンイベント第1試合 ハヤブサ・プロデュースマッチ 60分1本勝負
大ハヤブサ

新崎 人生

ザ・グレート・サスケ


19分35秒
テキサスクローバーホールド
詳細

佐々木 健介

プリンス・デヴット

エル・サムライ
※飯伏幸太来場
第6試合 ダブルメーンイベント第2試合 ミル・マスカラス来日40周年記念試合 60分1本勝負
ミル・マスカラス

ドス・カラス

初代タイガーマスク


17分13秒
フライングボディーアタック
→片エビ固め
詳細

タイガーマスク

CIMA

ウルティモ・ゲレーロ

格闘技ニュース:
My Yahoo!に追加 RSS RSSとは
 


Copyright (c) 2011 Y's Sports Inc. All Rights Reserved.