ご案内
キャラクター「ゆめか」

各ページの記事・写真は転用を禁じます。著作権は京都新聞社に帰属します。
Copyright(C) 2006 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd.
電子メディアおよび関連事業における個人情報の取り扱いについて
記事に対するご意見、ご感想はこちらまで

 「おいなりさん」の鈴をモチーフに、きゅっと折りたたんだ独特な形のせんべい。割ってみると、中になにやら小さな紙片が入っている。大吉、中吉、小吉…ベビーサイズのかわいいおみくじだ。

 伏見稲荷大社(京都市伏見区)門前の「いなりや」の「辻占煎餅(つじうらせんべい)」。昭和の初め、店が現在の場所で商売を始めたころからの名物せんべいだ。長年、和歌や商売の格言を書いた紙を入れていたが、「今の人にもわかりやすく」と、平成に入ったころに現在のスタイルに改めた。

 小さいとはいえ、おみくじは仕事運から健康、恋愛運まで、細かに記した本格派だ。ラインナップは100種類も用意していて、常に新作と入れ替えている。若主人の郷正清さん(45)は「人の心に響くことばを考えるのが大変」と話す。

 店先で手焼きしているせんべいは、白みそとごまの甘くて香ばしい風味が印象的。場所柄、参拝客や修学旅行生に人気なほか、「縁起がいい」と結婚式の引き出物に用いる人も多いという。

 5個入り380円、10個入り730円。

(2007年5月)