自衛隊装備品倉庫 自衛隊装備品倉庫

  ここには自分が過去、自衛隊のイベントで撮った   写真を展示しております。      


90式戦車

    

制作 三菱重工 1990年から採用された自衛隊の最新戦車。12 0mm滑くう砲を装備し複合装甲の採用、射撃統制 装置をもち他国の戦車にもひけをとらない。戦車砲 は自動装填装置により乗員を減らすこととより早い 装填が可能となった。車体重量は50トンと他国の 主力戦車と比較して軽いがこれは日本国内の仕様を 前提に開発されたため。しかしトレーラーに乗せ輸 送となると総重量が70トンちかくになるため輸送 時は車体と砲塔が分けられ別々に輸送される。調達 価格が10億円と世界一高く年間1個中隊ほどしか 配備が進んでいない。             


74式戦車

    

制作 三菱重工 1974年から採用し、873輌生産された自衛隊 主力戦車。亀甲形砲塔、油気圧懸架装置と待ち伏せ 戦闘を考え作られている。ヴィッカース社製105 mm戦車砲を装備し強力な攻撃力を持っている。 配備されてまもなく、北海道で冬の寒さでパッキン がゆるみ、朝、戦車置き場でかくざしていた、とい う話があり、また配備されて4年でドイツ軍、レオ パルド2が配備されたので、あっというまに旧式に なってしまった。


61式戦車

制作 三菱重工 自衛隊(日本ではない)が最初に開発した国産戦車。 戦後日本の戦車技術が世界に追いついた価値のある  車両。現在すべてが配備を解除されている。その車  両をためしに撃ったら想定していたよりも装甲がも  ろかったとか。                 


60式自走106ミリ無反動砲

制作 小松製作所    日本製鋼所    豊和工業  戦後初めて開発された戦闘車両。高さわずか1.3 8メートルと人の背丈よりも低い。これは車体を低 くして敵からの発見を困難にするためで草むらなど に隠れて敵車両を急襲する。こういった車両は世界 でもめずらしく山の多い日本ならではの戦闘車両。


89式戦闘装甲車

制作 三菱重工 戦車部隊に随伴する装甲車として開発され通常の装 甲車よりも強力な武装をもった装甲車。車体前部左 がエンジンルーム、右が操縦席、後部が兵員室にな っている。兵員室には7名が搭載でき車体後部のハ ッチが開閉するようになっている。79式対舟艇対 戦車誘導弾、重マットを砲塔左右に2機装備してお り高い戦闘能力をもっている。調達価格が5億円と 74式戦車を上回り年間10台以下しか配備できな いもよう。                  


96式装輪装甲車

制作 小松製作所 1996年に採用された8輪駆動装甲車。12.7 mm重機銃もしくは新兵器である96式40mm自 動擲弾筒を装備する。自動擲弾筒は接近戦に威力を 発揮する。前輪4輪がステアリングし後輪4輪は固 定だそうだ。浮航能力こそ無いものの装軌道車にく べて走行音が静かでコストも低くなっている。  


82式指揮通信車

制作 小松製作所 1982年に採用された自衛隊初の装輪装甲車。各 種無線機を装備し部隊の指揮通信任務にあたる。師 団司令部、連隊本部などでも使われている。   


81式短距離地対空誘導弾

制作 東芝 通称、短SAMと呼ばれホークとL−90高射機関 砲の間を埋めるため開発された。国産初の対空ミサ イルでフェーズド・アレイ・レーダーと赤外線パッ シブホーミングで発射後に誘導を必要しない。  


93式近距離地対空誘導弾

制作 東芝 通称、近SAMと呼ばれ地上部隊の近距離防空にあ たる。画像、赤外線ホーミングで91式携帯地対空 誘導弾と同じミサイルを搭載している。     


87式偵察警戒車

制作 小松製作所 1987年に採用された6輪駆動装甲車。以前は偵 察オートバイなどしかなかったが本車の採用で本格 的な威力偵察が可能となった。         


多連装ロケットシステム自走発射機

制作 ? MLRSといわれるこの車輌は12発の大型ロケッ トを発射でき1発の威力はフットボール場6面を制 圧できる。湾岸戦争でアメリカ軍が使用し、鉄の嵐 と呼ばれ威力を発揮した。特科部隊に配備されてい る。                     


73式小型トラック(新型)

制作 三菱自動車工業 73式小型トラックが旧式となり排気ガス規制に対 して適合しないため1996年に新型73式小型ト ラックとして採用された。予算獲得の経緯から名称 が旧型と変わっていない。シャーシーはパジェロを 使用しており陸上自衛隊では初めてエアコンが装備 された車両として知られている。        


73式小型トラック

制作 三菱自動車工業 自衛隊発足から使用されている小型汎用車両。かな りの月日がたつが基本構造は変わっていない。自衛 隊で多数使用されており機関銃、対戦車ミサイル、 無反動砲、無線、地上レーダー装備と多くのバリエ ーションがある。               


偵察用オートバイ

制作 ホンダ技術工業 師団偵察隊に配備されている。250cc4サイク ル単気筒のオフロードタイプXR250が改造され 使用されている。主な改良点は前後のガードと無線 機を取り付けるキャリアが装備されている。   


64式小銃

制作 豊和工業 現在、陸上自衛隊の主力小銃であり海上自衛隊、航 空自衛隊、海上保安庁でも使用されている。重量は 4.4kgと重い。連発時の集弾性がよく、単発時 も命中精度が高いため狙撃銃としても使用される。 だが、部品数が多く、よく弾詰まりをおこすもよう。 価格もとても高い。              


89式小銃

制作 豊和工業 64式小銃の後継として開発され現在、配備が始ま っている新小銃。また64式小銃で問題だった部品 数も減らされ、整備しやすくなっている。セイフテ ィーが他国と異なり右側にあるため少々使いにくい。 値段は相変わらずで、他国の同クラスと比べても1 0倍も高い。                 


9mm拳銃

制作 ミネベア新中央製作所 スイス、SIG社が開発しP220と呼ばれ、自衛 隊でも採用し9mm拳銃と命名された。上級指揮官 や戦車の搭乗員が携帯している。装弾数が9発と少 なく、グリップが日本人には大きすぎるのが問題。


9mm機関拳銃

制作 ミネベア新中央製作所 国内開発で1999年に採用された自衛隊初のマシ ンピストル。ウージーとかなり似ていなくもない。 空挺部隊の指揮官、戦車兵、火砲の砲手などが個人 用自衛火器として装備する。          


62式機関銃

制作 住友重機械工業 1962年に採用、陸上自衛隊普通科部隊に配備さ れている。高い命中精度を誇りまた銃身の交換がす ばやくできるという特徴がある。しかし国産銃の宿 命かやはり部品数が多く故障が多いようだ。まだ射 撃時に振動で部品が欠落するとか、操作には熟練が 必要とか、評価はかなり低い。         


MINIMI

制作 住友重機械工業 主力小銃が89式小銃に更新されたため弾薬の共通 化をはかりベルギーFN社のMINIMIを採用し た。62式機関銃が問題が多かったためとも言われ ている。重量が62式機関銃と比べはるかに軽量と なっているため携帯が容易である。ただ、口径が小 さくなっているので分隊の火力の低下を心配する声 もある。                   


79式対舟艇対戦車誘導弾

制作 川崎重工、三菱自動車工業 第2世代のミサイルとして川崎重工が開発したもの で赤外線半自動誘導になっている。主に上陸用舟艇 の迎撃に使用されミサイルは近接信管付きのHE弾 を使用する。戦車を攻撃する場合はHEAT弾を使 用する。重マットと呼ばれている。       


ブローニング M2重機関銃

制作 住友重機械工業 第1次大戦末期にジョン・ブローニングが開発した M1重機関銃の改良型で現在でも各国で採用、配備 されている。戦車、装甲車に搭載されるタイプと3 脚架を使い普通化部隊の重機関銃として使用される タイプがある。                


91式携帯地対空誘導弾

制作 東芝 米国製スティンガー地対空ミサイルの後継として国 産で開発された小型対空ミサイル。スティンガーが 赤外線パッシブホーミングのためエンジンの熱源を 目標にして誘導するのに対し、91式誘導弾では画 像・赤外線誘導方式を導入しているので敵機の正面 からでも攻撃が可能となった。国産兵器の中でも世 界に誇れる優秀な兵器。            


AH−1S対戦車ヘリコプター

制作 機体   富士重工    エンジン 川崎重工 ベトナム戦争で登場し多大な戦果をあげた攻撃ヘリ。 自衛隊では1982年から採用され現在約80機ほ どが配備されている。3銃身の20ミリ機関砲とT OW対戦車ミサイル8発、70ミリロケットポッド を装備しており対戦車戦で威力を発揮する。後期型 から赤外線暗視装置を装備し夜間戦闘能力が可能と なっている。                 


UH−1J輸送ヘリコプター

制作 機体   富士重工    エンジン 川崎重工 世界で1万機以上が生産された傑作ヘリで今までに さまざまな改良型が登場した。自衛隊では1963 年から配備され140機ほどを保有している。整備 が容易で稼働率が高くさまざまな任務に使用できる。


OH−1偵察・観測ヘリコプター

制作 機体   川崎重工    エンジン 三菱重工 OH−6の後継機として開発された日本初の純国産 ヘリ。飛行時の応答性に優れた新型複合素材や尾翼 に内蔵型のダクテット・テール・ローターなどの特 徴を持つ。また索敵サイト、レーダー測定装置など 偵察・観測機として優れた装備を搭載している。現 在、AH−1Sコブラの後継機として本機の武装化 も検討されているもよう。           


OH−6D 観測・偵察ヘリコプター

制作 機体   川崎重工    エンジン アリソン社 偵察、指揮、連絡、火砲射撃の弾着観測に使用され る小型ヘリ。現在初期型のJ型からエンジン馬力を 増加させたD型に更新がすすんでいる。尾翼がT字 になり操縦性があがり飛行性能がアップしている。 約190機を保有している。          


CH−47J 大型輸送ヘリコプター

制作 川崎重工 ボーイング社がV−107バートルの経験をもとに 開発した大型ヘリ。ジープや火砲、人員の輸送がで き自動操縦装置を装備している。災害派遣にはなく てはならないヘリであり沖縄の離島などへの救急任 務にも従事している。95年から燃料タンクの容量 をアップしたJA型が装備されている。     


81式自走架柱橋

制作 日本アルミニウム工業 第1戦部隊の機動支援用の架橋機材で河川に迅速に 架設して戦車等を通過させる。74式戦車以下(重 量38トン)の全車両が通過可能で災害時にもその 活躍が期待される。              


もどる