sportsnavi.com

サイト内検索:  携帯版スポーツナビ携帯版スポーツナビブログ

  トップページ > 格闘技 > 試合速報
格闘技速報 Yahoo!スポーツ
  大会インデックス
  調印式
  第1試合
  第2試合
  第3試合
  第4試合
  第5試合
  第6試合
 日程&試合詳細
 団体別試合詳細
 リングを彩る女神たち
 ニュース一覧
 コラム一覧
随時リロードボタンを押してお楽しみください
ZERO1「Over The Rainbow」
第5試合 NWA ライトタッグ王座決定戦 3WAY 60分1本勝負
菅原 拓也、藤田 峰雄


21分09秒
夢限
→片エビ固め

●日高 郁人、クレイグ・クラシック

 
○ジミー・ススム、ジミー・カゲトラ
(DRAGON GATE)
※ジミーズがライトタッグ王者に
試合の見どころ

 空位になったライトタッグ王座をかけて3チームが対戦。因縁が続く日高と菅原の抗争に加え、DRAGON GATEの現ツインゲート統一タッグ王者であるジミーズが加わることで、どんな化学変化が起こるのか。

試合経過

 ジミーズはDRAGON GATEのツインゲート王座持参で登場。菅原もジュニア2冠のベルトを巻いて入場する。

 先発は日高、菅原、ススム。3人でのロックアップから、日高vs.菅原、ススムという状況になり、3人で交互にチョップの打ち合いとなる。
 3者の攻守が目まぐるしく入れ替わる中、今度はクレイグ、藤田、カゲトラがリングイン。藤田がカゲトラにコルバタを決めるも、直後にクレイグがドロップキック。クレイグと日高はカゲトラに合体エルボーを落とすが、菅原とカゲトラも日高に息の合った合体キック。直後にカゲトラが菅原にドロップキックを打ち込み、ジミーズの2人で日高の顔面を足蹴にすると、菅原もチンロック。ススム、藤田、カゲトラと攻め手は入れ替わりながら、ひたすらに日高をいたぶりまくる。
 日高と菅原がチョップを打ち合うと、カゲトラが乱入。菅原と藤田が合体攻撃を狙ったところを日高が切り返し、ようやくクレイグにタッチ。クレイグは菅原をキックでダウンさせると、カゲトラにスリーアミーゴス、菅原にファルコンアロー。

 10分経過。ススムがクレイグに雪崩式ブレーンバスター、藤田がススムにスワンダイブキック。日高が藤田にトラースキック、ミサイルキックからショーンキャプチャーを狙うが、菅原に阻止されて不発。ススムが菅原にコブラツイストを狙うも、逃げられる。

 15分経過。菅原と藤田がススムに連係攻撃。藤田が日高にDDT。さらに菅原が十三不塔を狙うも、これはススムがカット。ススムは菅原、日高にジャンボの勝ち!を連続で決めるが、菅原がススムをマットに叩きつけると、日高を雪崩式で投げようとする。これをススムがカットし、すかさずカゲトラがダイビングエルボードロップ。菅原はレフェリーを盾にしてススムの攻撃を阻止する。
 場外へ落ちた日高めがけてカゲトラが飛ぶと、クレイグ、菅原、藤田もこれに続いてダイブ。ススムはリングへ戻った日高に横須賀カッター。これはクレイグがカット。すると、日高はクレイグとの合体攻撃からススムに野良犬ハイキック。今度は藤田がカット。
 日高のハイキック対ススムのジャンボの勝ち!の打ち合いはススムが勝利し、渾身の一撃を決めるも、クレイグがカット。日高がススムにミスティフリップを狙ったところをカゲトラがキャッチしてアシストし、合体攻撃からススムが無限で日高から3カウントを奪取。新たにZERO1のタッグ王者となった。

 ジミーズの2人は、ツインゲートとライトタッグの2本のベルトを手に記念撮影した。


詳しい試合の模様をフォトギャラリーでお楽しみください フォトギャラリー

Copyright (c) 2012 Y's Sports Inc. All Rights Reserved.