新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

  • オフィシャル携帯サイト
  • tv asahi channel
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

DataBase

データベース

選手名鑑

プリンス・デヴィット

Prince Devitt

身長
180cm
体重
81kg
生年月日
1981年7月25日生
出身地
アイルランド・ダブリンシティ
血液型
O型
デビュー
2001年2月
得意技
ブラディサンデー、ノータッチトペコンヒーロ、プリンスズスロウン、ダイビングフットスタンプ
所属ユニット
Apollo55/本隊Jr.ヘビー
入場テーマ
You're The Best
Twitter
@fergaldevitt

少年時代はサッカーに熱中。テレビでプロレス中継を観戦している際に、ダイナマイト・キッドに憧れ、プロレスラーを志すようになる。00年6月にNWA-UKでデビューし、05年10月にNWA英連邦王座を獲得する。11月にアメリカ・ロサンゼルスにあるLA道場に入門。その後、提携先の新日本プロレスへ入門し、06年4月16日、後楽園ホールにおけるエル・サムライ戦で新日本マットデビューを飾る。10月9日には獣神サンダー・ライガーに認められ、念願だったC.T.Uのメンバーとなった。07年6月の「BEST OF THE SUPER Jr.」にエントリーするが、リーグ戦中に負傷し戦線離脱という悔しい結果に終わる。07年8月26日のC.T.U解散後は、中邑真輔らが結成したRISEへ加入。08年1月27日、稔とのタッグでディック東郷&TAKAみちのくを破り、IWGP Jr.タッグ王座を奪初戴冠。その3週間後の2月17日、ライガー&AKIRAに敗れて王座から転落するものの、7月21日のリターンマッチで同王座への返り咲きを果たした。09年の「SUPER Jr.」では、ブロックを1位通過し、準優勝を収めた。7月5日、田口隆祐とのタッグチーム“Apollo 55”で、TNAのモーターシティ・マシンガンズからIWGP Jr.タッグを奪回。5度の防衛を記録する。2010年4月、「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」開催に伴ってIWGP Jr.タッグ王座を返上。王座返り咲きはならなかったものの、5月30日開幕の「BEST OF THE SUPER Jr.XVII」で初優勝。同年6月19日、プロレスリング・ノアの丸藤正道を破ってIWGP Jr.ヘビー級王座を初戴冠した。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.