グーグル:事件と無関係…検索結果の削除求め男性が提訴

毎日新聞 2012年09月20日 02時30分(最終更新 09月20日 10時39分)

 大手検索サイト「グーグル」の検索結果で、過去に集団強姦(ごうかん)事件(03年)で解散した学生サークル「スーパーフリー」との関係を表示され、名誉を傷つけられたなどとして、東京都内の男性が米国のグーグル本社などを相手取り、検索結果の削除と慰謝料などを求める訴訟を東京地裁に起こしたことが分かった。男性の代理人によると、グーグル側は請求棄却を求め、争う姿勢を示しているという。

 関係者によると、男性は都内の大学に在学していたころ、スーパーフリーに入会していたが、事件とは無関係だった。だが、グーグルで検索すると、インターネット掲示板などのページが列挙され、男性がスーパーフリーの幹部で事件に関与したかのような書き込みが表示されるという。

 検索で、自動的に関連語句を予測して表示する「サジェスト機能」でも、男性とスーパーフリーの組み合わせが出てくることから、これを表示しないことも求めている。事件では、早稲田大や東大などの学生らが相次いで逮捕され、社会問題化した。準強姦罪で起訴された14人は懲役14年〜2年4月の実刑判決が確定している。【鈴木一生】

最新写真特集

毎日新聞社のご案内

毎日新聞社の本と雑誌

毎日新聞社の本と雑誌

TAP-i

TAP-i
ニュースを、さわろう。

MOTTAINAI

MOTTAINAIキャンペーン

まいまいクラブ

まいまいクラブ

毎日RT

毎日RT

毎日ウィークリー

毎日ウィークリー

Tポイントサービス

Tポイントサービス

毎日jp×Firefox

毎日jp×Firefox

毎日新聞のソーシャルアカウント

毎日新聞の
ソーシャルアカウント

毎日新聞を海外で読む

毎日新聞を海外で読む

毎日新聞のCM

毎日新聞のCM

毎日新聞Androidアプリ

毎日新聞Androidアプリ