吉田朱里

出典: フリー百科事典『AKB48 Wiki』
225
所属事務所KYORAKU吉本.
年齢16歳
ニックネームアカリン
生年月日1996年8月16日
出身地大阪府
身長、体重161cm
スリーサイズB W H
合格期1期生
チーム研究生→チームN
選抜回数3回
選抜総選挙第1回 不参加
第2回 不参加
第3回 圏外
第4回 圏外

吉田 朱里(よしだ あかり、1996年8月16日 - )は、NMB48チームNのメンバー。大阪府出身。KYORAKU吉本.ホールディングス所属。

目次

略歴

2010年

2011年

  • 1月1日、1st「誰かのために」公演初日に劇場デビュー。
  • 3月10日、1期生から選抜された16名でチームNを結成。
  • 7月20日、1stシングル『絶滅黒髪少女』で初選抜。
  • 9月4日、無期限謹慎へ。

2011年

  • 2月23日、活動を再開。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「あかりをつけましょみんなのハートにイェイ!!イェイ!! みーんなのハートにあ・か・りを灯したい、アカリンこと吉田朱里です」
  • ニックネームは、「アカリン」。「リンリン、リンちゃん、朱里。何でも良いですよ!! オリジナルニックネームつけて下さい」[1]
  • 抜群のスタイルをフルに使ったパフォーマンスに、目を奪われるファン多し。[2]
  • アピールポイントは、メンバー1長い髪の毛。[3]アヒル口。[4]
  • 誰にも負けないというポイントは、「手と足の指の長さ(笑)。手も足もそんなに大きくはないんですが、指だけはとっても長いです」[5]自分の売りは、「大人っぽいとこ!w ふふっ!」[6]
  • コンプレックスは、眉毛が太いところ。「眉毛が太いとか言わんといてくれます…? 知ってるし( ̄▽ ̄;)あはは 小さい頃からコンプレックスなの!!」[7]
  • 滑舌は悪い。[3]
  • 将来の夢は、女優。「北川景子さんのようすてきな女優さんになりたいです」[8]

幼少期

110
ダンススクール時
(当時10歳)
  • 1996年8月16日誕生。「朱里」という名前の由来は、単に字数が良かったから。「ゆかり」とどっちにするか迷ったが、結局「あかり」になった。[9]
  • 2歳下の妹がいる。「喧嘩はしょっちゅうやけど仲良し♪」[10]
  • 小さい頃から、ホームビデオのレンズに向かって一生懸命に歌うような子供だった。[8]
  • 小学2年生の頃から、芸能界に入りたいと思うようになる。「将来女優さんになりたいので、その夢に近づくためにダンスや歌を勉強し始めたんです」[8]「でも小学生やったからオーディションの存在自体わからなくて、とにかくダンスから始めようってダンスレッスン受けたり、芸能スクールに入ったりしました」[11]
  • 中学生の頃から目が悪くなり、メガネをかけている。普段はコンタクト。[12]

2010年

110
NMBオーディション
(当時13歳)


110
デビュー時


110
2010年(当時14歳)


110
2011年(当時14歳)


110
2011年(当時14歳)
  • NMB48のオーディションを受けようと思ったキッカケ。「ダンス教室や学校の友達、親戚の人からも『NMB48、受けへんの?』って言われまして。それだけ言われたら受けるしかないか!っていう感じで受けてみました」[8]
  • 9月、オーディションに合格。NMB48の研究生となる。ちなみに、歌唱審査で歌ったのは、岡本真夜の『Tomorrow』。[13]

2011年

  • 1月1日、NMB48 1st Stage「誰かのために」初日メンバーに選ばれ、劇場公演デビュー。ちなみに名前を呼ばれたのは5番目。
  • 3月10日、1期生25名から選抜された16名で「チームN」を結成。名前を呼ばれたのは、同じく5番目。
  • 8月14日、大阪で行われた握手会にて2ndシングルの選抜メンバーが発表され、2度目の選抜入り。
  • 8月24・25日、選抜メンバーが2ndシングルのPV撮影に参加するなか、吉田が参加していないのではないかという話や(後日、参加していなかった事は運営が認めた[14])、それ以降もなぜかほとんどの仕事に呼ばれなくなるなど、ファンの中に心配する不安の声が上がっていた。だがそれと同時に、ではなぜこの様なペナルティーを受けているのか? という疑問も浮かび始めた。このところAKBプロジェクトでは男性スキャンダルが相次いでおり、ファン内でも良からぬ噂が囁かれるようになっていた。
無期限謹慎へ
  • 9月4日、そんななか、吉田より活動を謹慎したいとの申し入れがあり、運営側も受理したと発表された。また、既に選ばれていた2ndシングルの選抜メンバーからも外れた。代わりの人員は、後日発表される見通し。以下、本人のコメント。
    「私、吉田朱里からいつも応援して下さる皆様へお知らせがあります。本日、9月4日をもちましてNMB48の活動をしばらくお休みさせていただきたいと思います。そして2ndシングル選抜を辞退させていただきます。最近、毎日たくさんのお仕事をさせていただく中で、自分の中で悩み事や不安をを抱え、NMB48の活動と向き合うことができななくなりそうな自分がいました。そんな、私の言動で、メンバーやスタッフに迷惑をかけ、何よりもファンの皆様の期待に応えられないのでは?と考えるようになりました。このまま浮ついた気持ちで不安を抱えたまま、NMB48の活動を続けても自分のためにも良くないし、何よりも、応援してくださる皆様に申し訳ないと思います。でも私は、NMB48に入って一度も後悔はしたこともないし、もちろんNMB48が大好きなのでお休みさせていただく間、もう一度初心に戻って自分を見つめ直したいと思います。NMB48で自分の夢をかなえるためには、全てを捨てて1から全力で取り組まないといけないと思いました。応援してくださる皆様、スタッフの方々、そしてメンバーには凄い申し訳ない気持ちでいっぱいです。でもこれからも温かく見守っていただけたら嬉しいです。必ずパワーアップして戻って来ます。宜しくお願いします」[15]
  • 「私の言動で、メンバーやスタッフに迷惑をかけ」と、謹慎になった具体的な理由までは説明されていないが、事前に噂になっていたものの一つが、吉田が男性ファンと繋がっていたのではというもの。さらに、8月11日に握手会のため東京のホテルに宿泊していた際に、吉田を含むメンバー数人が、同じホテルに泊まっていた男性ファン数人に電話し、自分たちの部屋に招き入れていたという[16](同じホテルに宿泊していたのも、電話番号を知っていたのも、もちろん繋がっていたから事前に知っていた)。
    だが結局その事が運営側にバレてしまい、これが原因で仕事から外されるなどの処分を受ける事になったのだという。吉田と同じ日に活動謹慎が発表された松田栞も、実はこの件に関わっていた4人のメンバーのうちの1人だったとされる。
  • NMBは、9月2日に島田玲奈が男性スキャンダルで“謹慎”になったばかりで、わずか3日間で3人もの謹慎者を出したことになる。謹慎原因について、ファンとの密会説や、運営側との衝突説などが挙げられているが、[17]運営側は今回の2人の件について、「自己都合で活動休止することに対して“謹慎”という言葉を使った。処分の対象になる事象があったわけではない」と否定。[18]2人から謹慎の申し入れがあったのは7月末から8月上旬の間(上記の噂の話は8月中旬)で、「公演活動や学校生活の日常生活などでの悩みが原因。犯罪にかかわることではない」と説明。ただ、謹慎が解除される期限については決まっておらず、長期になるという。[19]運営によると、何も問題は無かったとの事だが、発表直前の昼頃に更新された本人たちのブログを見ると、「楽しすぎてテンションおかしくなって変顔」(吉田)、「夜の公演も頑張ります 休憩中にじぇりー食べてます!! うまきちっ」(松田)などと書き込んでおり、2人ともとても悩みを抱えていて、自分から謹慎を申し入れるような雰囲気ではないことから、「何かしでかしてしまい、その処罰として謹慎を言い渡された」という見方が大多数を占めている。[20]
  • メンバーにも大きな衝撃だったようで、発表後からほとんどのメンバー(特に同期)はブログを更新しておらず、ファンから心配する声も上がっている。更新した何人かも多くは語っていないが、渡辺美優紀「今みなさんにすごく心配をおかけしています。メンバーのこと、私自身のこと。みなさんを不安にさせてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、私のことは心配しないで下さい。絶対に大丈夫です!! 今はそれだけです!」。[21]近藤里奈「心配してくださってる皆様へ。私は元気に頑張っています! 危なっかしくて心配ばかりおかけしますが、これからもよろしくお願いします」とコメントしている。[22]
  • 運営事務局は「マネジメントとして、スケジュール管理も含め、精神的、身体的なケアに、初心に戻ってしっかり務めたい」と反省を口にしたが、デビュー曲が25万枚を超えるヒットを記録し、順風満帆なスタートを切ったはずのNMB48の度重なる問題の噴出に、ファンの間にもショックが広がっている。[17]NMBの島田が謹慎となった日は、AKBからも謹慎と卒業の2名を出しており、「調子に乗ってグループ作りすぎ。全然管理できてない」「謹慎を申し入れるって日本語おかしい」「ボロボロじゃないか。運営できるのか?」など、運営陣の管理能力を問う声は厳しい。[20]
  • 9月6日、2ndシングルの選抜メンバー変更が発表。謹慎中の吉田に加え、さらに渡辺美優紀近藤里奈が選抜から外された。[23]
    実は、今回選抜から外された渡辺と近藤が、ホテルで男性と密会していたという4人の内の残りの2名。つまり、これで4人全員が何らかの処分を受けたことになる。運営側は「処分の対象になる事象はなかった」と発表した割には、なぜか噂のあったメンバー全員を処分しているなど、相変わらず不自然な点が多い。
  • 11月27日、謹慎中のメンバーの活動再開について、ファンによる投票によって決める事が運営側から発表された。今回は松田栞島田玲奈が対象であり、吉田朱里については後日発表見される込み。[24]運営事務局によると吉田は、自主レッスンは続けているが、まだ復帰へ万全ではないとして、今回の参加を見送ったという。[25]
  • 12月7日、松田と島田の投票の結果が発表。両名とも過半数以上の賛成票を獲得し、活動の再開が決まった。吉田に関しては、「現在復帰に向けて、彼女なりのペースで夢に向かっております」と報告された。[26]

2012年

  • 1月15日、吉田の復帰に関する投票が実施されることが発表された。「運営事務局では、現在謹慎中の吉田朱里と常にコミュニケーションを取り向き合ってきました。自分と向き合い、吉田自身の気持ちの整理をつけるべく、自身と向き合い、日々を一生懸命過ごしてまいりました。吉田自身から、気持ちの整理を付け、なによりも、許されるのであればNMB48に復帰させていただきたいという気持ちが強くなるとともに、自己の都合でお休みさせていただいて復帰を口にしてよいのだろうか? という気持ちも当然あるようです。そこで、謹慎中である吉田朱里の復帰のためのレッスン参加および、2月中旬以降の公演への出演等NMB48の活動復帰について、 ファンである皆様の投票に委ね、復帰賛成票が過半数を超えた場合は、復帰のための準備に入らせていただこうと思います。また、復帰投票は皆様の復帰賛成のお気持ちが過半数を超えるまで、何度でも繰り返し行います。AKBプロジェクトのそもそもの考え方である、『夢を叶える場所』。吉田の言葉にもあった、NMB48で自分の夢をかなえるためには、全てを捨てて1から全力で取り組まないといけないという思いを、復帰投票で図ろうと思います。皆様、様々な想い・御意見があるかと思います。是非、そのお気持ちを票として投じて頂ければと思います」
    投票期間は本日(15日)から21日まで。投票方法などは先日の2名と同じ。投票結果発表は、1月24日 チームN2nd 『青春ガールズ』公演にて行われる。[27]
  • 1月24日、NMB48劇場公演にて、パイプドビッツ社立会いの元、復帰投票の結果が発表された。賛成票6,821票(88.7%)、反対票873票(11.3%)となり、過半数を超えたためNMBへの復帰が決定した。「つきましては、2012年2月中旬以降、NMB48としての活動再開向けたレッスンに入らさせて頂きます」[28]
    吉田「今回本当にたくさんの方々にご心配おかけしまして、本当にすいませんでした。そして私の復帰を認めて下さいました皆様、本当にありがとうございました。これから1日でも早くメンバーに追いつけるよう、そしてまだ復帰を認めて頂けてない方にも、早く復帰を認めてもらえるよう一生懸命頑張ります。これからも精一杯努力しますので、よろしくお願い致します」[29]
    金子「今回も[認められない]という意見も少なからずございました。吉田自身、皆様に認められ、理解して頂けるよう活動し、我々も夢に向かって頑張っているメンバーをサポートしていきます。昨秋より謹慎者が続きました事、NMB48運営スタッフ一同深く心に刻み、今後の運営に反映させていきます。皆様これからもNMB48よろしくお願い致します」[30]
  • 2月23日、活動を再開。「応援して下さる皆様のおかげで、今日2月23日から劇場公演やお仕事に復帰させて頂くことになりました。公演に来てくださった方々、あたたかく迎えて下さって本当にありがとうございました。ハイタッチの時も『おかえり』『復帰おめでとう』って言ってもらえて、本当に嬉しかったです!! ありがとうございました! そしてメンバーのみんなやスタッフの方々、支えて下さって本当にありがとうございます。今日からNMB48の一員として、そして1日でも早く他のメンバーに追いつけるよう精一杯努力しますので、あたたかく見守って下さったら嬉しいです」[31]
  • 3月6日、Google+で部活が相次いで誕生。「朱里、もやしナムルしか作れないけど…どぉしよぉ…料理部…」「朱里がしたいのは料理ぢゃなく、あれ!あれや! よし!秋元先生にコメントいこ!」「コメントできたー! なんだろうこの達成感! モデル部かファッション部お願いしてきました! 採用されますように」「秋元先生へ。さっきコメントさせて頂いた内容を詳しく書かせていただきます! 私は、将来はモデルさんのお仕事を経験してから女優さんになるのが夢です! 出来ればモデル部かファッション部のようなものを作って頂いて加入させて頂きたいです! そしてファッションショーなどに出演させて頂きたいです! ご検討よろしくお願いします! NMB48 吉田朱里」[32]
  • 翌日、「昨日は部活のことでお騒がせしてすみませんでした。最近ずっと、自分の気持ちの中ですごい焦りがあって、間違った方向に進んじゃうことがあります。今朱里がやらないといけないのは、もちろん、お休みしていた間の遅れを取り戻さないといけないことです! ファッション部はもちろんやってみたいけど、昨日の書き方だとただのおねだりだったな。って後々反省してます。本当にごめんなさい(..)」[33]
  • 3月30日、5月リリースの4thシングルで、デビューシングル以来の選抜復帰をしたことが発表された。「凄い嬉しい反面、凄く不安です。きっと色んな意見もあると思います。でもせっかく選んで頂いたからには、選抜メンバーとして出来ることを私なりに一生懸命、一生懸命、頑張りたいです!! 皆さん! 応援よろしくお願いします」[34]
    ちなみに名前を呼ばれたのは、15番目。立ち位置は、最後列の端になっている。
  • 4月25日18時23分、松田栞のGoogle+に「山田先輩(りぃちゃん)に叱られてしまった、吉田さんと、松田さん。(笑)」という文章と動画を投稿。動画の内容は、近藤里奈吉田朱里と松田を叱る山田菜々のマネをしたもの。
    吉田「最近さぁ、山田さんちょっとうっとうしい」
    松田「なんか…山田さんちょっと怖いなぁ」
    (山田のマネをする)近藤「え? なんか聞こえてくんねんけど。なんやろ、これ」
    男「(笑い)」
    近藤「(笑い)」
    吉田・松田「あっ山田さん、おはようございま~す」
    近藤「おはよう」
    吉田「あっ、この前衣装片付けてなくてごめんなさい」
    近藤「え? 待って、そんなん聞いてないけど」
    松田「衣装を片付けて忘れて…」
    近藤「なんで!?」
    吉田・松田「ごめんなさい」
    近藤「もう前ゆったやん? もう誰も言わへんくなんで!?」
    全員「(笑い)」
  • 近藤は番組でも山田の歌い方のマネを披露するなど、持ちネタも一つではある。また山田の方も、声や喋り方がかなり特徴的で、近藤以外の他のメンバーにマネされることは多々ある。しかし投稿された動画は、メンバーを注意する山田という状況で(キャプテン山本彩によると、山田はNMBの怒り担当で、メンバーを注意することが実際に多いという)、山田本人がいない所で撮影、演じている3人が所々で小馬鹿にしたように笑い出すなど、動画を見た一部のファンからは「不快」とする意見が投稿される。
  • 23時45分、松田「さっきの動画は、りぃちゃんがモノマネしているってゆう設定で撮影した内容だったんですが、気分を悪くしてしまった方がいたので削除しました」[35]
  • 23時54分、近藤「え? しおきちの動画だめやったんや(泣)。皆さんに見てほしいから撮ったのに~」[36]
  • 0時4分、近藤「皆さんありがとうございます。コメント読んで気づきました! やっぱり気分が良くない方もいらっしゃいますよね(泣)。次からはななちゃんと撮影します! だけど、ななちゃんの物真似は本人もオッケーしてくれているのでやめないです。ごめんなさい!」[37]
  • 0時33分、山田「物真似のやつ? なんかあったの?」
  • 0時35分、山田「なんか、りぃちゃんが私のモノマネ動画をよくやってますが、私的には全然嬉しいですっ(^^) あかりと栞とりぃちゃんのん見たかった(>_<) …ただ、一言。似てない!!!!!!!笑」
  • 0時40分、近藤「ななちゃんありがとう! 今日は朝までななちゃんの物真似練習するわ!(笑)」
  • 14時09分、山田「私のモノマネが似てると有名なりぃちゃんと撮ってたやつ(笑) コメントに『似てる』とありすぎて、なんか言葉が詰まりました(>_<)笑 …なんかありがとうございます(^-^) メンバーの大半が真似をするので、たまーに楽屋でに山田さんがいっぱい居るときがあるんです(^^)! 楽屋風景をみなさんに見てもらえる機会があったら、もっとNMBを好きになっていただけるような気がして仕方ないです。最近(・・;)」[38]
  • 5月8日、インタビュー。半年間、充電したことをムダにはしない。昨年9月に活動への不安を訴え、自主的に半年間謹慎した。「あの期間に自分を見つめ直すことが出来た。家族、ファンの温かさを知った」という。今年2月、復帰可否を問うファン投票の結果、賛成多数で復帰が決まった。「前へ進もう」。もう不安はない。熱血が好きだ。ドラマ『ごくせん』の大ファンだ。「家で1人でヤンクミ役とヤンキー役をやってました」。仲間由紀恵に憧れ芸能界入りを決めた。2回目の選抜総選挙は新たな気持ちで上位進出を狙う。[39]
  • 5月16日、昨年9月に謹慎が発表されてから、ひたすら自分と向き合った。「改めてNMBが自分にとってどんなに大切な存在なのかを実感しました」。母親に強く当たってしまい、家を飛び出したそうにもなった。「反省しました。家族や、温かく迎えてくれたファンの方への感謝の気持ちが強くなりました」。2月の復帰以降、「(離れてしまった)ファンの方を取り戻す」ことを意識している。「だから、ぐぐたすもブログも頑張っているんです」。NMBの4thシングルの選抜にも復帰することが出来た。彼女は進化して帰ってきた。「ダンスの練習は続けてました。AKBさんの曲を積極的に覚えたり、自分をビデオに撮影したりしていました」。謹慎期間は前に進むために寄り道しただけ。輝きをもう一度![40]
  • 5月、金子「大人っぽくなって復帰しました。華があるから、公演でも彼女に目がいきますね、自主練も続けていたようですし、良い意味でギラギラしています。NMBの4thシングル選抜のポジションにも本人は納得していません」[40]
  • 5月23日、第4回総選挙の速報結果が発表された。「NMB48からは5人も名前を呼ばれた! 凄い嬉しい。でもやっぱり悔しいな。正直速報を聞くまで、今年も無理かな…って思ってた。でも同じグループのメンバーの名前が呼ばれてくのを聞いて、なんかめっちゃ悔しくなった…。復帰してまだ2ヶ月半。アカリンは無理やろ。って思われてるかもしれないけど、でも…でも!やっぱり朱里も64位以内に入りたい!!!! 政見放送でも言ったけど、私は今よりもっともっと上にいきたいです。だから今回の総選挙を通して、1人でも多くの方に私を知ってもらいたい!!!!! まだ時間はある。今の私に出来ること、精一杯やります!!! 皆さん。応援よろしくお願いします! なんか燃えてきたー」[41]
  • 6月11日、5thシングルの選抜メンバーが発表され、前作に引き続き選抜入り。「今回も選抜メンバーとして選んでいただくことが出来ました!! 正直、前回4th選抜メンバーとして選んでいただき、私にとってはすごいチャンスだったのに、あまり、結果を残すことが出来ませんでした…。だから今回はもっともっと活躍出来るように、1つ1つのお仕事を一生懸命頑張ります!」[42]
  • 6月23日、「もともとは、私もすごく緊張するタイプだったんですよ。小学校に入ったころは参観日の発表で鍵盤ハーモニカを吹く時にも、緊張でびっくりするほどメロディーが速くなってましたし(笑)。そんな時期をへて、小学2~3年の時に芸能界への興味が出てきて、ダンススクールに入ったんです。そこから変わりましたね。スクールに入った切っ掛けは、ドラマ『ごくせん』に憧れて、“第二のヤンクミになるぞ!!”という思いを持ったことでした(笑)。それでも、最初は緊張してしまい、なかなかうまくいかなかったんですけど、あるお芝居のレッスンをした時に、「もうエエわ、一回、思いっきりやったろ!!」と吹っ切れてやってみたんです。そうしたら、それがすごく楽しくて、以降は緊張しなくなりました。経験と慣れなんでしょうね。NMBのメンバーで言うと、みるきー(渡辺美優紀)は緊張するタイプかもしれませんね。よくセリフが飛んだりもしてますけど(笑)。でも、それもみんながカバーしたりして、それがみるきーのキャラクターになってますもんね。失敗ぽいことが起こっても、うまく処理さえすればプラスになる。だから、考えすぎはいけないんですよね。人生、気にしちゃいけません!」[43]
  • 8月30日、16歳の生誕祭が行われた。終演後の感想。「幕が開いた瞬間、いつも握手会に来てくれる方ばっかりで、いつもは緊張しないのに昨日はめっちゃ緊張しました! でも知ってる顔がいっぱいで嬉しかったんやで? そして公演中のたくさんの声援、ユニットでの大好きなピンクのペンライト、約束よでの桜のペンライト、見た瞬間、あっ!握手会で聞かれた!って思ったり。後ろにあった幕もくす玉も、全部全部ホンマに嬉しかった。昨年の誕生日のブログに『15歳は強くなる』って書きました。朱里は自分自身すごく強くなれたと思います。もし、朱里が半年間お休みしてなかったら、きっと何も変わらないままだったんじゃないのかな?ってよく思います。皆さんは『あの時休んでなかったら、、』と思ってくれている方もいてくださると思います。でもあの期間があったから今の朱里がいると思います。きっとあの期間がなかったら、何か良くない方向にむかってた気がするんです。たくさんの方にたくさん心配かけちゃったけど、皆さんがいてくれたからまた、チームNのメンバーとして活動出来てるし、選抜にも入って、たくさんお仕事もさせていただいて、ホンマにこんなに幸せでいいのかな?って思うくらい朱里はNMB48が大好きで、NMB48として活動してる時間がどんな時間よりも楽しいです。でもそれは朱里のそばには大好きな皆さんがいるから。ホンマに1人じゃ何も出来ないし、16歳って言ってもまだまだ子供で。ホンマにダメダメな朱里やけど、皆さんがいる限り朱里はどこまでも頑張れます。だから皆さん。これからも朱里のことずっとずっと応援してて欲しいです。皆さんの期待に応えられるように朱里ももっともっとがんばります。こんな朱里やけど、16歳の一年間もよろしくお願いします」[44]

交友関係

  • 仲が良いメンバーは、松田栞。「やっぱり栞かな? おそろいのものとか多いし。今度おそろいの服来て双子コーデしたいなっ」[45]
  • 渡辺美優紀and吉田が、岸野里香がケンカした話。「里香ちゃんが私に、『里香の今日の髪型カッコイイ系やねんで』って言ってきてん。それに対して私が『へぇそうなんや、ふ~ん』みたいな。言った後に『ははは』みたいに笑ってんやんか。じゃあな、『は?なんやねん』みたいな、そんなんなって。なぜかそっからな、初めは冗談で言い合いになってん。そっから本気になってきて、(私が)泣いちゃってん。」。福本「メイクルーム行ったら、なんか二人ともめっちゃ涙流してて。何が起こってんと思って」。渡辺「最初は冗談やってんけどな、なんかな、心に言葉が刺さってきてな。辛くなってきて泣いてな。里香ちゃんに『こんなはずじゃなかったのに、なんでこんなことなんのよ(涙)。里香ちゃんとケンカなんてしたくないねん!』って言ってん。じゃあ里香ちゃんが『えっえっちょっと待って、なんで泣くん? ごめんごめん』みたいな。『うちも泣けてきたわ』とか言ってな。朱里(吉田朱里)はね、私寄りやったから、里香ちゃんに怒ってくれたけどな。始まったキッカケが(岸野が)『ふん?』みたいな反応したやん。(そしたら吉田が)『“ふん”とかさ、もっとさ気を遣って“良いな~”とかないん? 性格悪いねん』みたいになってな。『性格悪いってなんなん? 別に悪気ないし』みたいな感じで笑いながらやっててんけど」。福本「里香の一言からケンカが始まっちゃってんな?」。渡辺「そうそうそう。じゃあ朱里が、『里香ちゃんはそんなん言ったらあかんやろ』とか言って。朱里まだ高校1年生やんか。なのにみんなが(吉田を)なだめに来て面白かった」。福本「みるきーの肩を持ってくれたんや。おもろかったな。みんなが見てたケンカやからな」。渡辺「そうそうそう。みんな面白がってたよな。私は結構本気で泣いてたのに」[46]
  • 憧れのAKB48メンバーは、板野友美。「ずっと憧れています。可愛いし、オシャレだし」。[47]
  • ライバルだと思っているメンバーは、「みんなです。みんなそれぞれ良いとこがあるから!」[49]
  • 山岸奈津美と2期生の與儀ケイラはNMBに入る前からの友人。同じく2期生の村瀬紗英は友達の友達。「今こうやってNMB48に入って、一緒にお仕事してるのが変な感じだね」[50]
  • メンバーを家族にするなら、「父☆まーちゅん。母☆もちろんゆっぴ。兄☆あいにゃん。姉☆恵ちゃん。双子☆もちろん栞。妹☆かなこ。弟☆りぽぽ。賑やかだなぁ..楽しそう!」[45]
  • 憧れている有名人は、吉高由里子、仲間由紀恵、佐々木希、ローラ、安室奈美恵、KARA。[51]
  • DDのファンについて。「朱里も最近、二期生が可愛いすぎてDDの方の気持ちがわかる!」[6]

性格・趣味

  • 性格は、しっかり者。[52]だと自分では思っているが、周りから見るとどこかヌケている。[2]
  • 金子「一度アンダー落ちした時に、悔し涙を流していた負けず嫌いです」[2]
  • 長所は、ポジティブ。[53]「めちゃポジティブな性格なんです。レッスンでできなくても、明日までにできるようになろう!と思って家でも練習しています。次の日にレッスン場で出来るようになった自分を鏡で見らることが毎日楽しみです」[8]
  • 短所は、どこか抜けている。[53]
  • 趣味は、メンバーとハグすること。[53]
  • 特技は、川上礼奈のモノマネ。ホッピング。[53]低燃費少女ハイジのモノマネ。[2]
  • 好きなものは、なまこ。ホッピング。[2]
  • 苦手な物は、虫、鳥、おばけ。[1]「怖い話なら大丈夫ですが、怖い画像や動画はめっちゃ苦手です。御化け屋敷にも絶対に入れません!」[5]
  • 最近興味があることは、「最近、美意識がとても高いです。常にファッションや美容のことを考えてます」[1]
  • 好きなスポーツは。「体育で一回やってからバレーボールにはまった! でもダンスが一番好き」[45]
  • 握力は、右16kg、左14kg。[54]
  • 好きな食べ物は、梅干し。プリン。[55]焼きプリン。[47]甘いもの。梅。もやし。いかおくら。[1]
  • 嫌いな食べ物は、ピクルス。セロリ。にんじん。[1]
  • 得意料理は、もやしナムル。「←めっちゃ得意」[1]
  • 好きなキャラクターは、「boof。それと最近パワパフガールズが可愛くて仕方がない」[1]
  • 好きな色は、ピンク、白。[1]
  • 好きな言葉は、「笑ってー!良いことあるから!」。←オーディションの時の待受画面だった。[1]
  • 好きな男性のタイプ、格好良くて優しい人。[53]
  • 一目見て好きだと思う男性のポイントは、「手! 大きい手がなんか好きかも! パピーの手が大きいからかな? 小さい時パピーとよく手繋いでたから落ち着くのかも☆」[45]
  • 理想のデートは、ずーと部屋で喋っていたい。[53]「プリクラが大好きなので、プリクラを撮りに行きたい。その後は公演でずっと喋っていたいです」[5]
  • ペットとして飼っているのは、「金魚が七匹?と、わんちゃんも一匹に、亀が一匹、そして人間が4人」[56]

参加曲

シングル選抜曲

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

1. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11175568322.html
2. ^  『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
3. ^  『NMB48のオールナイトニッポンR』 2011/07/22
4. ^  『どっキング48』 2011年8月9日
5. ^  『BOMB』 2011年1月号
6. ^  https://plus.google.com/108862052279750773861/posts/d2wpFrtXtMg
7. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11183194200.html
8. ^  http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/02/18/nmb/
9. ^  『マジカル・ミュージック』 2011年5月25日
10. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-10784490376.html
11. ^  『UTB』 Vol203
12. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-10849988222.html
13. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-10773611720.html
14. ^  http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/09/06/kiji/K20110906001562980.html
15. ^  http://www.nmb48.com/news/etc/etc_2011_09_04_02.html
16. ^  http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=menscyzo_07Sep2011_7986
17. ^  http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/09/06/0004440813.shtml
18. ^  http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/09/05/0004440413.shtml
19. ^  http://www.sanspo.com/geino/news/110906/gnj1109060504005-n1.htm
20. ^  http://www.j-cast.com/2011/09/05106336.html?p=2
21. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11008816194.html
22. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11008816194.html
23. ^  http://www.nmb48.com/news/etc/etc_2011_09_06_01.html
24. ^  http://nmb48-staff.laff.jp/blog/2011/11/nmb48-e0f5.html
25. ^  http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201111270204.html
26. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11100505644.html
27. ^  http://nmb48-staff.laff.jp/blog/2012/01/115-nmb48-c321.html
28. ^  http://nmb48-staff.laff.jp/blog/2012/01/post-9a0c.html
29. ^  http://nmb48-staff.laff.jp/blog/2012/01/post-6f3f.html
30. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11145223961.html
31. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11173638751.html
32. ^  https://plus.google.com/108862052279750773861/posts/QGbow41MUuy
33. ^  https://plus.google.com/108862052279750773861/posts/KbyXWyz71uo
34. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11208646777.html
35. ^  https://plus.google.com/109310472381413281309/posts/ZLjgK8BWVAh
36. ^  https://plus.google.com/108121336346623963998/posts/8pUJJK7tHSG
37. ^  https://plus.google.com/108121336346623963998/posts/EMeBFLxtbEx
38. ^  https://plus.google.com/102277090985412703374/posts/DSx6tsph39h
39. ^  『日刊スポーツ』 2012年5月6日
40. ^  『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』
41. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11258875961.html
42. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11275245488.html
43. ^  http://www.daily.co.jp/gossip/nmb48/column2/2012/06/23/0005155380.shtml
44. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11342931549.html
45. ^  https://plus.google.com/108862052279750773861/posts/cuur647ii3b
46. ^  『NMB48のTEPPENラジオ』 2012/05/28
47. ^  http://www.oricon.co.jp/music/interview/2010/nmb1204/index.html
48. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-10999616501.html
49. ^  https://plus.google.com/108862052279750773861/posts/9aUcMEHcJ51
50. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11000064908.html
51. ^  https://plus.google.com/108862052279750773861/posts/XzaSrSLufmU
52. ^  http://journal.mycom.co.jp/news/2010/12/04/014/
53. ^  FLASH SPECAIL 2011年5月1日増刊号『まるっとAKB48スペシャル』
54. ^  https://plus.google.com/108862052279750773861/posts/33hncBTPZsc
55. ^  SKE48公式サイトプロフィール
56. ^  http://ameblo.jp/nmb48/entry-11300407243.html

外部リンク

カテゴリ: NMB48 1期生(NMB48) チームN

NMB48
チームN 小笠原茉由 | 門脇佳奈子 | 岸野里香 | 木下春奈 | 小谷里歩 | 近藤里奈 | 篠原栞那 | 上西恵 | 白間美瑠 | 福本愛菜 | 松田栞 | 山口夕輝 | 山田菜々 | 山本彩 | 吉田朱里 | 渡辺美優紀
チームM 東由樹 | 太田里織菜 | 沖田彩華 | 川上礼奈 | 木下百花 | 小柳有沙 | 島田玲奈 | 高野祐衣 | 谷川愛梨 | 肥川彩愛 | 三田麻央 | 村上文香 | 村瀬紗英 | 矢倉楓子 | 山岸奈津美 | 山本ひとみ | 與儀ケイラ
チームBII 赤澤萌乃 | 石塚朱莉 | 井尻晏菜 | 植田碧麗 | 梅原真子 | 太田夢莉 | 加藤夕夏 | 上枝恵美加 | 日下このみ | 久代梨奈 | 黒川葉月 | 河野早紀 | 小林莉加子 | 室加奈子 | 薮下柊 | 山内つばさ
研究生 2期生:石田優美 | 鵜野みずき | 古賀成美 | 佐藤天彩 | 中川紘美 | 西澤瑠莉奈 | 林萌々香
3期生:杉本香乃 | 高山梨子 | 久田莉子 | 三浦亜莉沙
卒業生 森彩華 | 大谷莉子 | 瀧山あかね | 岡田梨紗子 | 原みづき | 石川こころ | 小鷹狩佑香 | 佐々木七海 | 城恵理子 | 藤田留奈 | 東郷青空
シングル 1st.絶滅黒髪少女 | 2nd.オーマイガー! | 3rd.純情U-19 | 4th.ナギイチ | 5th.ヴァージニティー | 6th.北川謙二
劇場公演 NMB48 1st Stage「誰かのために」 | N2nd「青春ガールズ」 | 2期生公演「PARTYが始まるよ」 | 3期生公演「会いたかった」 | M1st「アイドルの夜明け」
コンサート NMB48 1st anniversary special live | NMB48 in ニコファーレ | 大阪十番勝負 | みなさん、ちゃぷちゃぷしましょ
選抜イベント 第1回総選挙 | 第2回総選挙 | 第3回総選挙 | 第4回総選挙 | 第1回じゃんけん大会 | 第2回じゃんけん大会 | 第3回じゃんけん大会
関連項目 AKB48 | SKE48 | SDN48 | HKT48 | JKT48 | SNH48 | 秋元康