ちょっと変わったスパゲッティ屋

「アップル」(1)

●アップル
栃木県壬生町、おもちゃのまち駅から県道2号を南下、左折して県道71号に入り、1.6キロ先、右側。
0282-82-4948、10時半〜23時半、土曜は0時まで、年中無休

アップルのHPはここをクリック

栃木県壬生町、石橋町付近のあちこちで、「スパゲッティは運転できません」という変な看板を見かける。

最初に私の見た看板には、店の場所も電話番号も掲載されておらず、何の店かわからなかったので、HP「変な看板(3)」に掲載していたら、とある友人からメールが来た。

彼曰く、「あの店はスパゲッティ屋。ひとすじ縄ではいかない店だから、行ってみてごらん」

というわけで、林道巡りの帰りに「アップル」に寄ってきた。

この看板が目印。

大きな粉チーズの容器とワーゲンのぶつ切り。

建物の外壁もけっこう派手。

店の前にはモーターボートも置いてあった。

(スパゲッティと関係ない物件・・・。)

営業時間を示す看板の上に、

オバチャンの生首気持ち悪い!

いったいどういう趣味してるんじゃ!

さて、いよいよ店内へ・・・。

店内は壁にビートルズ等の古いレコードジャケット、BGMは(おそらく)50〜60年代のアメリカのロックンロールで統一されていた。

このへんはよくありそうな雰囲気なんだけど、店内がとっても広い!

半ば個室になった部屋があったり、階段の上にロフトが作ってあったりする。(探索のしがいがある・・・。)

1階の一部と、2階のロフト部分はアメリカングッズの売場になっていた。

置物、指輪、Tシャツなどなど・・・。

←こんな物件も置かれていたけど、アメリカとは関係ないよねぇ。

(これは「お手をふれないで下さい」の札付き。値段が書かれていなかったので、売り物ではないようだ。)

驚いたのは、トイレ。

まず、入り口の取っ手が、人間の手の形をしていた。不気味だ。

引っ張って開けると、そこは壁・・・?!

「びっくりトイレじゃあるまいし、どうなってるの?」と考えていたら、壁が内側に引き込まれ、中から、びっくり顔の女性が出てきた。ああ、ここって、二重ドアだったんだ・・・。びっくりした。

その女性も「私も初めてなんです。驚きました」

トイレの内装も趣味に走っていた。便器も輸入物みたいだし・・・。

ここは、一見の価値あり。

メニューの方はメインはスパゲッティ(約20種)。ボンゴレビアンコ(780円)、ペスカトーレ(850円)、ガーリック(700円)、ジパング(たことイカとしめじ)(780円)、ベスビオ(ちょっと辛いトマトソース)(850円)等、いたってまともだった。私はボンゴレを食べた。麺は固め、汁が多めで、味は合格点(専門店だから、これは当然だな)。他、お酒、ケーキ、パフェなどもあった。

→続きはここをクリック