アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
HOME ニュース 大会情報 スケジュール 試合結果 選手紹介 チケット 動画 お問い合わせ
アイスリボンch
太陽からプランチャ
19時女子プロレス
毎月10日発売!!月刊アイスリボン
選手画像使用について
アイスリボンとは
新人募集
イベント開催パッケージプラン
スポンサー募集
王者遍歴
レッスル武闘館
リンク
崖のふちプロレス公式ブログ
マッスルガール
アイスリボン芸能部
サムライTV
マッスルビーナス
映画スリーカウント
映画スリーカウント
アイスリボン携帯サイト
試合結果
2012年09月17日 アイスリボン道場
アイスリボン416 14時00分開始

観衆98人

◆第1試合
シングルマッチ10分1本勝負
松本都(崖のふちプロレス)×
vs
くるみ○
(7分49秒 エビ固め)
※みやここクラッチを切り返し



9.23後楽園で高木三四郎と対戦する都にとって最終調整のシングルマッチ。対するくるみは、その都を挑発するかのように大社長のテーマ曲で入場し、四方のコーナーに上がってのファイヤーポーズまで決める。この日の都はいつもの変化球はほとんどなしの直球勝負。真正面からくるみと渡り合った。5分すぎ、タランチュラでくるみの動きを止め、ドラゴン・スリーパー、さらにキャメルクラッチとの複合技でくるみを絞めあげた都。くるみがロープに逃れると、今度はクロスチョップ、シャイニングウイザード、そしてみやここクラッチとつなぐが、これをスルリと反転したくるみは変形のジャパニーズ・レッグクラッチで丸め込み逆転の3カウント奪取。結果的に後楽園でリボンタッグ初防衛戦を控えているくるみの充実ぶりをアピールする試合になった。


◆第2試合
シングルマッチ10分1本勝負
雫あき(お寺プロレス)○
vs
つくし×
(8分05秒 ギブアップ)



IW19トーナメント以来の両者のシングル。雫は約1ヶ月ぶりの道場マッチ参戦となる。序盤戦はレスリングの教科書のような攻防からスタート。関節技には関節技で切り返し、雫相手に一歩も引かないつくし。さらにドロップキック、ミサイルキックと雫にはない飛び道具で追い込みも見せたが、フライング・ボディプレスをがっちりと抱えられると、スリーパーからのワキ固め、アームブリーカーという雫の必勝パターンの前にギブアップ。前回同様に雫のパワーの前に屈した。

◆第3試合
タッグマッチ15分1本勝負
ヘイリー・ヘイトレッド(フリー)&飯田美花(フリー)×
vs
志田光○&成宮真希
(14分27秒 片エビ固め)
※魂のスリーカウント



志田と成宮がタッグベルトを落として以来の久々のタッグ結成。対するはこちらも1年半ぶりのアイス参戦となった飯田と最強外人ヘイリー。志田とヘイリーのロックアップからスタート。飯田が集中攻撃を浴びるシーンもみられたが、ヘイリーが持前のパワーで流れを強引に引き戻し、ノンストップで、あっという間10分を経過。再び飯田を捉えた志田&成宮だが、飯田も鼻血を出しながらも粘る。最後は残り時間1分を切った段階で、志田の魂のスリーカウントに敗れた。あきらめずに反撃を仕掛ける飯田の頑張りは、この1年半の成長を感じさせた。試合後の座談会でアイスリボンへの継続参戦をアピールした飯田。実際に試合をした志田も、この飯田のアピールを歓迎。若い力の導入はリング上の活性化につながるだけに、後楽園以降の道場マッチにも期待が膨らむ。


◆第4試合
タッグマッチ 20分1本勝負
藤本つかさ&りほ○
vs
松本浩代(エスオベーション)&星ハム子×
(17分13秒 片エビ固め)
※そうまとう



りほラスト道場マッチ。パートナーはイベントプロレスなどでは何度もりほとのアイドルタッグを組んだ藤本。対戦相手は市谷時代からりほとの抗争を続けた浩代が、久々に第8代リボンタッグ王者にもなった“ミート・モンスターズ"を再結成して挑む。スタートから観客の声援はりほ一色。一方の浩代とハム子にはブーイングが起こるベビーvsヒールの典型的な展開に。りほも、吹っ切れた表情で、ひとつひとつの技にも気持ちが感じられた。また、藤本とも久々のタッグ結成ながら、全くブランクを感じさせないタッチワーク、合体技を随所で披露。明るく、楽しく、わかりやすいプロレスを、藤本も、浩代も、ハム子も、観客も、そして最後の道場マッチとなるりほも十分に堪能しているかのような、暖かい空間が生まれた。15分過ぎりほは、くるくるりぼん、ノーザンライト・スープレックスをハム子に決めたが、カウント2で返されたが、直後、ミートモンスターズの同士討ちにすると、ダメージの残るハム子に藤本がビーナスシュートを決め、りほがそうまとうからフォール。見事、カウント3を奪い、有終の美を飾ってみせた。



試合後の座談会でマイクを手にしたりほは「この前の試合で(道場マッチは)最後の予定だったんですけど、わがまま言って、出していただけることになりました。いつか、プロレスを続けていれば、皆さんにまた出会えると思うので、ずっと前を向いて歩いていきたいと思います!」と力強く挨拶。

リボン直販
電子チケットぴあ
6/22名古屋大会
7/14新宿大会
8/25後楽園大会
プロレスでハッピー!アイスリボン
Nキューブブログ お酒でハッピー!
Teens BLOG
PRO WRESTLING.JP
オリジナルグッズ販売
イベントレポート