アイスリボンオフィシャルサイトへようこそ
HOME ニュース 大会情報 スケジュール 試合結果 選手紹介 チケット 動画 お問い合わせ
アイスリボンch
太陽からプランチャ
19時女子プロレス
毎月10日発売!!月刊アイスリボン
選手画像使用について
アイスリボンとは
新人募集
イベント開催パッケージプラン
スポンサー募集
王者遍歴
レッスル武闘館
リンク
崖のふちプロレス公式ブログ
マッスルガール
アイスリボン芸能部
サムライTV
マッスルビーナス
映画スリーカウント
映画スリーカウント
アイスリボン携帯サイト
試合結果
2012年09月05日 アイスリボン道場
アイスリボン413 19時30分開始

観衆63人

◆第1試合
トライアングルリボン 15分1本勝負
ヘイリー・ヘイトレッド(フリー)○
vs
くるみ×
(8分23秒 片エビ固め)
※エクスプロイダー
※もうひとりは 趙雲子龍



オープニングは、日中米3国対抗戦トライアングルリボン。めまぐるしい展開の中、注目は9・23後楽園で猫子の持つトライアングルリボン王座に挑戦することが決まっているヘイリー。序盤こそ、くるみ、趙雲のトリッキーな動きに苦しむも、持ち前のパワー全開で徐々に主導権を奪い、最後は趙雲を場外に蹴散らし、くるみにラリアット、エクスプロイダーを決めての快勝。後楽園でのベルト獲りをアピールした。

◆第2試合
シングルマッチ 時間無制限3本勝負
※当初シングルマッチ10分1本勝負の発表だったが、秒殺された松本都のアピールにより、崖のふちルール3本勝負に変更となった。
×紫雷美央(1-2)○ 松本都

■1本目プロレス対決
○紫雷美央vs×松本都
(40秒 首固め)
※右ストレート

開始早々、丸め込みで勝負に出た都の攻めをクリアーし、マンマミーアも自爆させた美央は、ふらっと立ち上がった都の顔面に右ストレートをヒットさせると、そのまま首固め。わずか40秒で試合を終わらせてしまった。納得のいかない都は、その場で再戦を要求。美央が了承すると、試合形式をものまね対決に変更してしまった。

■2本目ものまねデスマッチ
×紫雷美央vs○松本都
(判定)
<<演目>>
紫雷:控え室での倉垣翼&控え室での春山香代子
松本:オカダ・カズチカ&棚橋弘至�&�



しぶしぶ受けて立った紫雷は、JWPの倉垣、春山のものまねを披露する。対する都は新日本プロレスのオカダカヅチカ、棚橋のものまねで対抗。レフェリー判定は微妙なところで都。これで1-1(!?)となり、最後はビーチフラッグならぬ、木曽レフェリーに先に攻撃を掛けたほうが勝ちとなる木曽フラッグで勝負。

■3本目木曽フラッグ
×紫雷美央vs○松本都
(レインメーカー)
※入場ゲートに寝そべり、合図とともにリング上にいる木曽レフリーに攻撃をした方が勝ちとなるルール



これも勝利した都はあきれる美央を無視し、歓喜の表情で勝ち名乗り。美央「プロレスでは勝って、精神的に負けた気持ちです」

◆第3試合
シングルマッチ 10分1本勝負
松本浩代(エスオベーション)〇vs成宮真希×
(6分30秒 首固め)
※目つき



9・23後楽園でWAVEとの6人タッグに挑む成宮。この日の対戦相手の浩代を仮想GAMIとしリングに立った。実際、GAMIとの体重差はわずか3キロという浩代は、いきなりメガホンならぬうちわの束で成宮の脳天を痛打。さらにロープ渡りも披露するなど、GAMIを意識した試合スタイルで成宮に対した。しかもフィニッシュは目突きからの首固めで丸め込むフィニッシュコースは、成宮とGAMIのシングル戦の結末そのもの。さすがにショックを受けた成宮だが、試合後は「後楽園までハムさんともっと修行して色んなことを学びたい」と前向きコメント。また、GAMIのファイトスタイルを模倣しながらも勝利した浩代は、自身のプロレス力量を自慢!!その力量に期待して後楽園大会でデビューする体重120kg、40歳の新人のデビュー戦の相手を務めることになった。

◆第4試合
タッグマッチ 20分1本勝負
志田光○&藤本つかさ
vs
チェリー(ユニオン)&内藤メアリ×
(14分55秒 片エビ固め)
※魂のスリーカウント



後楽園大会でのインターナショナルリボンタッグ王座挑戦が決まっているメアリ&チェリーの38歳コンビが、REINA世界王者コンビに挑んだメイン。後楽園に向けて気合い十分の38歳コンビは開始早々、奇襲攻撃を仕掛けるなど、王者コンビのリズムを崩す仕掛けに出た。しかし、王者タッグは徐々に体勢を立て直すと、力量差を見せつけるようなコンビネーションでメアリを捉えた。必死に食い下がるメアリは、切り返し技で反撃を試みるも追い込むには至らず。トリッキーな攻撃をみせるチェリーのアシストも光ってはいたが、最後はメアリが志田の魂のスリーカウントに散った。

座談会で、りほからメールで、後楽園の前にもう一度、道場マッチに出場して藤本とのタッグ結成を希望していることを発表。このリクエストに応える形で、9・17道場マッチでりほ&藤本のラストアイドルタッグ結成が決定した。


リボン直販
電子チケットぴあ
6/22名古屋大会
7/14新宿大会
8/25後楽園大会
プロレスでハッピー!アイスリボン
Nキューブブログ お酒でハッピー!
Teens BLOG
PRO WRESTLING.JP
オリジナルグッズ販売
イベントレポート