FC2ブログ

09

14

コメント:

高尾ナイトトレイル

とりあえず無事に家に帰ってきました。

ナイトトレイル…。

想像してたのと違ってた(笑)

苦しくて苦しい。

もう眠いので寝ます。
あっ、でもただいま30時間起きてる中(笑)
もう少し起きててみようか。

そんなわけで明日の秩父とか信越とか丹後とか巨峰とか、いろいろ大きなレースに出られる皆さま。

明日はがんばってくださいね。

私はその頃、夢の中だと困るので今のうちに言っておきます。

がんばれ~。

夢の中と書いて、夢中。
ほんの~、夢の途中♪

なんてな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
ダメだ、こりゃ。寝よ(笑)

追記:だいこんって何?(笑)とにかくがんばれ~。

09

13

コメント:

高尾山での初体験2

一週間って早いな。

先週高尾山で初体験。
初めてのケーブルカーに乗ったワタクシは、今週も高尾山で初体験をしてきます。

本日、初めてのナイトトレイルに行ってきます。
普通に仕事から帰ってきてからだから、寝ないで行くことになるんだろうな。

10月にハセツネというレースに無謀にも挑戦するのですが、そのレースは昼の1時にスタートして山の中を71.5km走るレースなのです。制限時間は24時間。

昼スタートということはレース中のほとんどが夜間走行。
ハセツネのコースは林道とかないから本当の山の中を夜通し走る(歩く)感じです。

その練習としてのナイトトレイル。だから寝ないで動き続けるのも練習。
昨年、さぶろうさんたちがナイトトレイルしているのを、なんて恐ろしいことをする人たちだ、と思っていたものですが、まさか自分がやるようになるとは…。

急な話ですが興味のある方は一緒にいかがですか?(笑)
コメント、鍵コメいただければ。
高尾山口駅24時30分集合です。

今週は仕事で嫌な案件を抱えていて、月曜日の朝は本気で仕事行きたくなかった。
先週からそのことはわかっていて憂うつだったのだが、みんハコとか高尾とかいろいろと慌ただしく楽しいイベントがあったので忘れていたが、月曜日の朝になればさすがに思い出すよね(笑)

それも何とか今日でケリがつけられそうなのでよかった。
願わくば少しでも早く帰りたいけど。

チャレさんがさ。
チャレさんがイタリアのレースで日曜日にスタートして今でも走っているのさ。
すごくね?
朝も昼も夜も、まぁ、仮眠はするだろうけど一週間もひたすら走り続けるなんてさ。

朝起きて、ご飯を食べて、歯を磨いて、電車に乗って、仕事をして、なんてことを僕が一週間続ける間も、チャレさんは走り続けてるんだよね。

アップデートで日に何度か確認しては、少し涙が出そうになるのを堪えながら、オレも仕事がんばろう、って。
単純だから(笑)
そんな感じで金曜日。

チャレさん、あと少し。がんばれ。

で、がんばっていない僕の重さ動向(笑)

9月9日 76.5kg(-0.2kg
9月10日 75.9kg(-0.6kg
9月11日 76.2kg(+0.3kg
9月12日 75.9kg(-0.3kg

微妙すぎる…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

12

コメント:

高尾山での初体験

みんハコゴール後には横浜へ移動し、ささやかな打ち上げに参加後、申し訳なくも、これから新潟へ帰られるというリンさんに車で送っていただいた。
リンさん、いつもありがとうございます。

帰宅後、充分な睡眠を取り、朝6時30分には高尾山口駅に集合(笑)

のべさんと一緒に高尾山お散歩。
20130909001.jpg
20130909130908 (1)

高尾山口駅~高尾山頂までのタイムトライアルをやってみたいと以前のべさんは仰ってたので、一応確認してみると、今日はやらないということだった。
よかった。

スタートするも、足が(笑)
歩くスピードも普段に比べてすごく遅い。箱根の山を越えるということはこういうことなのか、と思いながら歩く。

2人でお話しながらタラタラと歩くのだが、いつまで経っても山頂へ辿り着かない。

高尾山ってこんなに高い山だったっけ?もしかして地殻変動かなんかで山が隆起しているのでは?最近来ないうちに標高1000mを超えたのでは?
成長してる。高尾山、成長してるよ、と思いながら歩く。

ま、そんなわけもなく、1時間近くもかかってようやく山頂へ。
20130909130908 (2)

その後もお話しながらタラタラ歩く。
雨が降り出したり、日差しが差したりと慌ただしい天候だった。
0909130908 (7)

城山手前で雨が強く降ってきたので城山の茶屋で雨宿り。
この時点で8時半くらい。茶屋はまだ開いてなく、雨宿りしているうちに開くだろうから、そしたらきのこ汁食べましょう、なんて話してたら、今日は天気がよくないから休みだとのこと。

ここで、2人の元々なかったやる気はさらになくなる。

それでもタラタラと先へ進む。
小仏峠までやって来て、その先の上りを見ながら、残念ながらここだけは巻き道はなく、これを上らないといけないんです、とのべさんに説明すると、協議の結果、ここで折り返すことに決定した(笑)
0909130908 (3)
20130909007.jpg

その後もタラタラ歩き。走ったのはいつものもみじ台の坂道だけ。
こんな感じで霧の中で幻想的になったり太陽が木々を照らしたりといろいろな表情が見られた。
20130909008.jpg

朝もやの中の、のべさん(笑)
20130909009.jpg

結局、雨はあまり降らなかったけど天気が悪かったからか、今までにないほど高尾山には人がいなかった。

いつもは大行列のここにも誰も並んでない。
20130909011.jpg

それならケーブルカー乗り場にある、いつも大行列の天狗焼きを食べたいとのべさんが仰るので、行ってみると誰も並んでない。
僕はソフトクリーム食べてた。

2人で天狗焼きとソフトクリームを食べながら、ふと視線を向けると、ケーブルカー乗り場にも誰も並んでいなかった。
料金は470円。

のべさんと僕の視線が合う。
はにかみながら下を向く2人。
照れながらも見つめ合う2人。
苦笑いとともに下を向く2人。

そんな感じで初体験。
20130909013.jpg
はにかみながらの笑顔(笑)
20130909014.jpg
のべさんはこれから長野まで帰らなくてはいけないから。
予定より時間がかかってしまったから時間節約のためだから。
せっかく長野から来たのだからケーブルカーだって体験したいよね。

いや、だから疲れてるからじゃないんだってば。
そうだよ、そうに決まってる。

そんなことを言いながら5分で下山(笑)
いつもの場所で記念撮影は5分で下山したことからなんか恥ずかしく、場所だけの撮影になった。
20130909015.jpg

のべさん、遠方から箱根駅伝に参加されて、さらに高尾とお付き合いさせていただきありがとうございました。
初体験のケーブルカーも楽しかったです(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

11

コメント:

みんなの箱根駅伝10区~闇夜のへヴィ・ロック~

猫にまで励まされた僕は、このコンビニ地点からブラックダイヤモンドの200ルーメンのライトを装着して、スタート。

ちなみに200ルーメンってどのくらい明るいの?と尋ねられたが、よくわからない。なんとなく200ルーメンという響きが気に入ってるのと、ブラックダイヤモンドという響きがかっこいいから、わざわざ書いているだけなのだ(笑)

それにしてもつらい。まだ上りが4kmもある。なんか途中で小学校だかの前を通ったときに、そこのグランドにたくさんの子どもたちがいて、彼らからの大声援を受けて嬉しかった覚えがあるが、それ以外は基本的に静寂の中を走る。相変わらず足音からのプレッシャーのみだ。

たまに後ろを振り返ると、皆さん本当にピッタリと着いてきていて、いや、ほら、車間距離は空けないと、というくらいピッタリと着いてくる。

さぶろうさんが少し遅れているのが見えたので、あそこが僕の居場所だ!いざとなったらあの場所へ行けばいいんだ!と思うと少し気が楽になった。
さぶろうさんはさぶろうさんで、僕が落ちてきたらそこを捉えて抜き去る、というプランを練っていたらしい。

それでもこんなふうに暗くなっているし、アフターの時間もあるしで、気持ちは焦る。気持は焦るが足取りは変わらない。いや、それどころかだんだんと腰が落ちてきて、脚がダラダラしてきて、溶けていきそうな感覚になる。呼吸もつらくなる。
0907IMG_1874.jpg

道路に500mごとに標識があって、それを見ながら進んでいたが、もう500mは進んだだろう、と思っているのに標識がなくて、そうか、見落としてしまったのか、と思いながら走っているとだいぶ経ってから500mの標識があり、愕然としながら標識に怒ったりもした。

怪盗さんがあと500mで上りが終わりです、と言ったときも、僕はそんなの信じない、と思いながら走った。
リンさんがガソリンスタンドが見えたらその先で上りは終わりだと言うのでガソリンスタンドのことばかりを考えた。

やっとのことでガソリンスタンドを通過すると、目の前には久しぶりに見た下り道。
ここを下って上ると最高地点。そしてあとは下るのみ。
下りになった途端にみんながすごい勢いで走りだし置いてかれる。

やっぱり(笑)

でも着いたよ。
0907055.jpg

この8kmの上りを先頭で走り終えたらぐったりとして、もう先頭はいいと言ったら、あとは自動で足が動くから、とか下りは得意でしょ?とか言われながら、また走りだす。

少しでも早くゴールしたかったので、もう坂道の斜度に身を任せキロ5分くらいで駆け下りる。
闇夜の中をライトの光だけが交錯し、さっきまでの上りと違い軽快に下り続けるのは気持ちよかった。
もちろん脚はガクガクしてるから下りの衝撃はつらいのだが、闇夜のスピード感がそれを忘れさせてくれた。

ちなみにこんなタイトルつけちゃったから、今は電車の中でエアロスミスを聴きながらこれを書いている(笑)

ま、その後もちょっとした上りでも、もう上りはないって言ったじゃん!と毒づき、その度に皆さんにたしなめられたりしながらなんとかゴールまで辿り着いた。

怪盗紳士、男泣き(笑)
0907056.jpg

みんなで、みんなの箱根駅伝ゴールでの集合写真。
0907059.jpg
真っ暗な中で、ふらっとさんの奥様とお子さんがお待ちいただいてました。
誰かが待ってるっていいね。
ありがとうございました。

今回の企画、運営。怪盗さんは1人でこれをやったのだから、本当にすごいと思う。おかげで楽しかったし。
僕だったら企画だけで誰かに丸投げだな。Tシャツみたいに(笑)

ただ、他の区の方々のレポを読ませていただくと、やはり参加された方々の気持ちというか、皆さんのこの企画を成功させようという思いがとてもよく伝わってくる。
そんな皆さんの思いがあってこその駅伝であり、そもそも怪盗さんはそれを味わいたかったのかもしれない。

まぁ、とにかく楽しかった。
久しぶりにきちんと走れたのもよかった。
みんなの箱根駅伝に参加させてもらってありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

10

コメント:

みんなの箱根駅伝10区~騙されないぞ、にゃ。~

みんなの箱根駅伝。
朝6時半にスタートして、みんなの頑張りと想いと走りと汗が詰まった襷。とうとう最後の10区までやって来た。あとはこれをゴールへ運ぶだけだ。怪盗紳士も感無量だろう。

あっ、ちなみに僕は襷はかけませんでした。だってピンクって(笑)

ここで華さん、ホシヲさんが終了なので、9区、10区で集合写真。
華さんは箱根の坂をものともしない力強い走りをされていました。皇居もグルグルしてたし、来年はウルトラだな(笑)
0907IMG_1873.jpg

で、このあと、なぜか僕が先頭で走り出す。
まぁ、皆さんの考えていることはわかってる。一番遅い奴が先頭にいたほうがバラバラにならなくて済むからね。
僕だってこんなところで置き去りにされたら道はわからないし、日は暮れてきてるしで、怖くてしかたない。

でも。

でも、みんな無言で、足音のみで煽られ続けるのは怖いなんてものじゃなかった。
なぜだ、なぜ誰も話さないのだ?さっきまでのマラニックの楽しさはいったいどこへ行ってしまったのだ?
ザッザッと音を立てる足音が僕のすぐ後ろで鳴り響き、日が暮れていく空を眺めつつ、この苦行はいったいいつまで続くのだろうか?と思いながら意識が遠のくのを感じていた。

もうね、みんながぴったりとついてきているのは背で感じられたから恐ろしくて振り返ることなどできなかった。
振り返ることができない分、想像力が掻き立てられる。

あぁ、みはまのおやじさんはサイボーグみたいな表情で淡々と走りながらピッタリと着いてきてるはず、遅いなぁ、とか思ってるはず。
Okyさんははじめましてだけど、体型がかなりの本格派ランナーだったから、なんだこのLSDペースは?とか思ってるはず。
ふらっとさん、もっちもっちさん、kinさんは、マラニックでソフトクリーム食べさせちゃったから、腹ごなしにサブ3ペースで行くぜぃ、などと思ってるはず。

とかそんなことばかりが頭を巡り、あぁ、やられる、オレ、確実にやられる、と思いながらいつものように動けなくなるのを待っていた(笑)

しかし、なぜか動けなくなることはなかった。まぁ、かなりのゆっくりペースだったのかもしれないが、僕にとってはけっこうなペースであり、撃沈してもなんらおかしくないペースだった。

なぜだ?なんでだろう?最近の僕は山でもロードでも上りの坂道では、みんなに置いてかれてばかりだ。もう体が諦めることに慣れている。
というかそれが僕の実力だ。そう、最近の僕のあまりのDNFっぷりからサブ4疑惑説まで流れる始末だ(笑)

なぜ、今日は走れる?こんなの古河はなもも以来ではないか?古河はなももかぁ。そういえばなんか懐かしい感じがする。

あっ(笑)

後ろにぴったりとついているのはリンさんだった。どうやら僕はリンさんなしではきちんと走れない人らしい。
そんな僕の今シーズンの目標は一人でサブ4を取ることだ(笑)

リンさんは、もうすぐ行くとローソンがあるから休憩できますよ。だからペースあげますか?などと囁いてくる。

いや、オレは騙されねぇ、そんなときは全然もうすぐじゃないって知ってるから!ローソンが見えるまでペースなんかあげないから!と答える。

案の定、ローソンはいつまで経ってもやってこない。
あぁぁ、と思っていると踏切に引っかかった。
嬉しかった。
0907P1000785.jpg

その後もやっぱりローソンなんてやってこない。
もう、つらくて思わず『ローーソーーン!!』と箱根の山の中で叫んでしまった。
やっとコンビニ。ファミマだったけど(笑)
0907P1000789.jpg
とくにコンビニで何か買うわけでもなく縁石に座り込んでへばっていた。
大平台からここまで上りばかりの4kmで、あと4kmの上りがあるんだそうだ。

へ?まだ今までと同じ距離の上りがあるのか?
いや、もう無理。オレ今日は自分で言うけどよく頑張ったよ。もう今日のがんばりは自分で自分を誉めていいレベルのがんばりだよ。もうこれ以上は無理!

とリンさんが買ってくれたアイスを食べながら毒づいていると、縁石に座る僕の後ろに何かが?

がんばるんだ、にゃ。(笑)
0907IMG_8150.jpg

う~ん。清々しいほどのパクリだ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:アレキ
走りだして3年目に突入!!!
このまま走り続けたい

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad