九州ジャーナル
ご案内・インフォメーション 九州ジャーナル社ご紹介 サイトご利用規約 サイトマップ お問合せ・ご相談
 
 

  


二、長崎県政の主役交代。

ある時を境に長崎県政の主役が金子から谷川に移った。


 「金子出てこい、金子はいるか」罵声を吐きながら谷川が知事室に押しかけ、その時を境に長崎県政の主役の座が金子から谷川に変わった。この事は当時の金子の秘書と谷川に同行した公設秘書が認めている。果たして何が2人の間に発生したのかは現在まで謎で、一説によると政治とビジネスのことではなく双方の家族関係の問題であるとの噂が錯綜した。家族関係の問題とは富貴を置いて他に考えられずここでも富貴の男関係から谷川・金子の問題に発展し、一瞬のうちに主役の座が変わった。それにしても結婚前の男遊びが長崎県政の主役が交代する原因だったことを県民が知ればさぞや驚くであろう。県民不在の谷川と金子である。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

三、暴力団稲川会に資金供与した金子・谷川。

伊王島ホテルテニススクールインストラクターとの愛の交換シーンがビデオに撮られた娘富貴が原因で以後、金子・谷川は指定暴力団稲川会の「揺すり・恐喝」に遭い資金供与する羽目になった。谷川は系列県議会議員(長崎市内)に「これからも奴らにいくら取られるか分からない」と愚痴っている。

 1度収まったかに見えた稲川会との関係が昨年末に再発した。昨今の不況が暴力団社会にも及び再度の稲川会参上となった。この事は現在長崎県警幹部も注目している。今回の要求額の多さに窮した金子は暫し回答を保留する中で稲川会関係者は谷川を脅し始め、次の選挙では「このビデオテープを地盤の五島地区でバラ撒くぞ」と脅され最後にはその要求に屈した。そして、一方の金子は一説によると株を売却し「カネ」をつくったとのことを、和子夫人が毎月一回開かれる活水学園OG会に出席する親しい友人に喋っている。株を売ってまで捻出した「カネ」の桁は世間一般で言う「カネ」の金額がかなり高いような気がする。一方の谷川は、自分の系列県会議員(長崎市選出)に対して「これからもいくら取られるか分からない」と愚痴っている。果たして谷川はどれ程の「カネ」を稲川会関係者に供与したのか大変興味がある。

 2人の国会議員が暴力団稲川会関係者達からまたまた脅され「カネ」を支払ったことは「暴力団排除条例」が全国自治体で制定、実施されているこの時期に、「暴力団」に資金供与した事が今後大きな問題として県民とマスコミ世論とが捉えるであろう。尚、本紙のこれら報道に対して金子・谷川が疑義ある時は何時でも公の席で入手している写真と共に真実を公表する。


| http://www.kjnn.net/index.php?e=19 |

| 第二章 暴力団に資金供与::長崎県政の主役交代・暴力団稲川会に | comments (x) | trackback (x) | 2012,11,16, Friday|

  

九州ジャーナル社熊本事務所 〒862-0950 熊本市水前寺4丁目41-1第二奥羽ビル303号