九州ジャーナル
ご案内・インフォメーション 九州ジャーナル社ご紹介 サイトご利用規約 サイトマップ お問合せ・ご相談
 
 

  


三、F子に対する新たな取材を世保市内で行い新証言。

最近本紙は新たに暴力団下田組下田卓司組長と金子原二郎の長女F子との関係を佐世保市内で再取材中に、新たに飲食店関係者から情報がもたらされた。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:F子と下田卓司の関係について知っていることを教えてください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
A氏:先ずF子の事ですが彼女は私の店をよく利用していましたがある理由から入店を断ったのです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:理由は。

-マリファナ使用とオーストラリア留学、そしてアーバンボイス佐藤社長と暴力団下田組-

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
A氏:当時佐世保はマリファナが流行っており彼女たちはその常習犯でした。佐世保署も取締が厳しくなりの店に責任が及ぶことを恐れて良いお客さんでしたが来店を断りました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:そのほかに気が付くことは。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
A氏:彼女はマリファナの使用が激しくその事から父親(金子原二郎)と暫し言い争いの喧嘩が絶えませんでした。
そうしている内に、これ以上F子が問題を起こすと父親の政治生命が危うくなるとの理由から、突如オーストラリアに留学したのですが、お嬢様育ちの彼女は長続きせず日本とオーストラリアとの間を往復していました。その時期に、長崎市内(魚市場跡地の住宅展示場)のナイトレストラン経営者佐藤社長と関係を持ち、その後、佐世保の下田組の下田卓司組長と関係を持ったのです。彼は暴力団福野会傘下の若手組長で、福野会同様に覚醒剤を扱う暴力団でした。下田は関係者に手当たり次第に覚醒剤を打つ人物として有名で、当然のことながらF子にも使っていたでしょう。その後、二人の間に別れ話が起き父親(金子知事)が平戸鴨川ホテルで2千万円とも5千万円とも巷でいわれるカネを出したのです。前後して、金子知事の自宅(佐世保市藤原町)前道路を佐世保署のパトカーが道路封鎖もしました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 今回の再取材の成果は下田卓司の預金通帳が親族関係者を通じ手に入った事である。この通帳は下田卓司自らが自信の通帳に何千万単位のカネを入金していた。ちょうどこの時期に金子原二郎と二人で平戸鴨川ホテルにて会いF子との別れ話でカネを受け取った時である。その後、下田は高級外車BMWも購入している。

----暴力団稲川会との関係----

松山:暴力団稲川会との関係は。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
A氏:関係者の間では有名な話しです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:内容は。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
A氏:F子と伊王島ホテルのテニススクールのインストラクターとの関係で金子が脅されカネを支払ったことです。関係者の間では有名です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:その他には。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
A氏:再度稲川会関係者が金子の処に来てカネを要求したのですが、金子はもう話し合いが付いていると突っぱねると奴らは谷川を脅し始めたとのことです。この事に谷川は参りカネを支払ったようです。脅しの内容は、選挙前にF子とインストラクターとの写真を五島の選挙区でバラ撒くぞと脅したようです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 この事を裏付ける証言として、谷川弥が常日頃昵懇にしている県議会議員(長崎市選出)に、「これからも奴らにカネをゆすり取られる」と証言している。


| http://www.kjnn.net/index.php?e=37 |

| 第五章 娘F子と暴力団::子に対する取材を佐世保で行い新証言 | comments (x) | trackback (x) | 2012,11,16, Friday|

  

九州ジャーナル社熊本事務所 〒862-0950 熊本市水前寺4丁目41-1第二奥羽ビル303号