九州ジャーナル
ご案内・インフォメーション 九州ジャーナル社ご紹介 サイトご利用規約 サイトマップ お問合せ・ご相談
 
 


一、三人の政治家。

 谷川弥一衆議院議員が実質的に経営する農業生産法人TGFの諫早湾干拓農地への不正入植事件は、谷川弥一を中心とした三人の政治家の関与無くして実現はしなかった。谷川弥一は当初小江干拓地100万ヘクタールを全部寄こせと主張していたが関係者の説得で3分の1(32万ヘクタール、東京ド―ム7個分に落ち着いた。しかしながら干拓地への入植は他の入植者依りも群を抜いて多く、この入植に関しては数々の疑惑が囁かれ長崎県議会で「百条委員会」が設置された。

谷川弥一の長男喜一と金子原二郎の長女F子は結婚しており既に共通の孫が誕生しており、当然の事ながら二人は姻戚関係であり切っても切れない盟友でもある。入植を果たした谷川弥一は衆議院議員で入植時には安倍晋三内閣の農水大臣政務官を務め、片や金子原二郎は長崎県知事であり、干拓農地の地主の立場であった。二人して2533億円の巨費を投じて完成した干拓農地を意図も簡単に手に入れたことは国民の土地財産を侵奪したことに他ならない。谷川は農地獲得の工作を立案し、金子は部下を動かしさも当然の如く立ち振る舞い入植書類をチェックし、不正入植に手を貸した。

 1965年(昭和40年)、時の権力者田中角栄が、新潟県信濃川河川敷73ヘクタールを坪500円で買い占め、その後、堤防が締め切られたことからたちまちの内に一千倍の値が付き田中ファミリー企業が暴利を得た。その後この土地は田中元首相の資産を相続した田中真紀子が支配する長鉄工業・室町産業(共に本社・新潟県長岡市)がテーマパーク等の建設を計画し、世論を騒がせた事が関係者の間で記憶がある。この事件に匹敵する問題が今回の干拓農地不正入植事件である。

谷川弥一は言わずと知れた谷川建設(木造住宅を中心とする建設業)のオーナーで、干拓地に入植する条件として既に長崎県は、将来干拓地を取得しますかとの但し書きを入植者に対して条件付けている。5年に一回のリース契約更改でいつしかこの干拓農地を谷川建設が押し進める大規模住宅地に変貌することかと議会関係者と心ある県関係者達は固唾を飲んで見守っている。現代版信濃川河川敷事件が時を超えて今長崎県諫早湾干拓農地で行われた。

今、諫早湾開門の是非を問う動きに世論が集中しているが、今回開かれている長崎県議会「百条委員会」の動向を我々は無視する事が出来ず積極的に注目する必要がある。谷川弥一は入植審査が真っただ中の平成19年8月(安倍晋三内閣)に職務権限のある農林水産大臣政務官に就任し、諫早湾干拓農地に対して物言える立場になった。諫早湾開門の是非を問う世論を他所に、2533億円の血税を投じて完成した干拓農地に三人の政治家が関与して不正に入植を果たした事は市民感情からは絶対許されない。

平成18年より谷川建設内部で入植が計画・実行された過程で、谷川弥一自身が経理係長永田久弥に命じて入植審査書類を虚偽記載させ、又、知事金子原二郎はこの事案をサボーとする形で県の農林水産部人事に手心を加え、退職した元次長東氏を農業開発公社事務局長として送り込み、同時に農水部長渡辺氏(現教育長)をコントロールする体制を取り谷川弥一が進める諫早湾干拓農地入植に加担した。

一方、松本崇大村市長は、農業法人を開始する為には地元市町村へ諸事項の申請書類が必要のため谷川弥一より清濁を受け市農業委員会関係職員に対して入植に掛かる諸事項を早期に可能とする処置を講ずるように指示した。この一例が、「百条委員会証人として出廷した大村市農林整備課一ノ瀬課長が認めた、農業生産法人(農業を営むには市町村からこれらの認定を受けなければならず、以後の農地取得を可能とする制度である)の認定書類が2通存在する事である。農業従事者にとって農業を行う上で一番大切な事は農地を取得することでこの事から市町村が認める農業生産者の認定書類は、谷川弥一といえども絶対に必要不可欠な公文書である。公文書を一担当課長が2通発行する事は絶対不可能で、明らかに松本崇市長の指示があったものと思われる。



| http://www.kjnn.net/index.php?e=10 |

| 第一章 TGFの不正入植::三人の政治家 | comments (x) | trackback (x) | 2012,11,16, Friday|

二、農業法人TGF諫早湾干拓農地入植時系列。

2006(平成18年)7月頃から大村市農業委員会に就農相談

①新規相談カード。
②農業経営事業計画書(営農計画書)。
③年間耕作スケジュール(取得農地分、彼の場合は大村市内で借地した農地)。
④作付け管理表。

2007(平成19年)1月16日 
⑤(株)TGF設立、登記。


 谷川喜一を含めて役員5人は、谷川弥一に言われる通り法人登記に際して名前を連ねただけで法人運営と、農地の耕作に携わることは一切なかった(農地法で定める就農違反)。
 
 大村市内の休耕地を借り受けて農業を開始しますと(株)TGFを設立したが、全ては諫干干拓農地に入植を行い広大な土地を手に入れることを目的の法人登記であった。この時点で既に代議士谷川弥一は漁業被害と環境問題が発生する問題を抱えながら諫早湾干拓事業を進める農水省大臣政務官を勤める権力者であった。

2004(平成16年)7月、金子・谷川の長女・長男が結婚し、姻戚関係となった知事金子原二郎は、干拓農地を国より54億円で買取った第三セクター長崎県農業振興公社の職務権限者であった。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2月11日 
⑥農業生産法人の認定を求める書類申請を大村市農業委員会に申請する。大村市農業委員会が①②③④の申請を受け付ける。

⑦    〃    一次審査。
⑧    〃    長崎県農業会議と県央振興局農林部に報告し、審査を要請。
⑨    〃    結果を基に最終審査を行う。
⑩    〃    の報告を基に農林水産部農政係が審査結果を松本嵩市長に報告。

6月18日 
⑪大村市長に農業経営改善計画認定申請書提出。書虚偽記載が多くあることが発覚し、県から再提出を求められる。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新規就農者が①②③④の書類を大村市農業委員会に提出し相談と指導を受ける制度は、農業経営を行う上で理想と現実との違いを体験し、この間農業経営の難しさ理解し、尚且つ農地の放棄等で近隣に被害を発生させない為にも農業委員会が厳しく指導する制度期間である。

通常は最短でも1年以上を要するこの期間の指導内容は、農業経営で一番大切な作付けから収穫、そして収入に到る迄の実体験期間で、これをクリアすることで晴れて行政より農業就農者として認定される。

(株)TGFは大村市内の休耕地を借り受けオリーブとブルーベリーの2品目を苗木から行い、現在もこれら2品目からの収穫には到っていない。つまり農業経営で一番大切な指導要件、農業収益を1度も得ていないのである。



| http://www.kjnn.net/index.php?e=11 |

| 第一章 TGFの不正入植::農業法人TGF諫早湾干拓農地入植時..... | comments (x) | trackback (x) | 2012,11,16, Friday|

三、大村市農業委員会への取材

松山:農業で収益を得ることの大切さは理解するが、作付けから収穫まで過程で軟弱野菜(葉もの、根菜(根もの)は1年間で確実に収穫が出来て収入を得ることが出来る。TGFが苗木から植えているオリーブとブルーベリーとは収入を得るまでに何年係るのか。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
担当:オリーブは5年、ブルーベリーは3年です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:TGF現在までにこの2つの作物から収入を得ているか。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
担当:報告はありません。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:制度上現在はまだ指導段階と理解する。その過程で農業経営基盤強化促進法規定に基づく認定がTGFに与えられ認定農業生産法人となり、農地の借受け(諫干干拓農地への入植)、農地購入等が行われる資格が与えられた。この資格で諫干干拓農地ヘの入植に成功した。この事をどの様に理解しているのか。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
担当:無言。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:農業経営基盤強化促進法に基づく申請から認定に到る過程は何年を要するのか。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
担当:申請から認定までは最低でも1年です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松山:その期間に新規就農者に農業経営を経験して貰おうとする制度ですね。TGFは農業委員会に平成18年2月11日に申請、6月 21日に認定されている。僅か4ヶ月と10日間である。オリーブとブルーベリーとは現在まで1度も収穫に到らず収入も得ていない、これは制度上指導段階では無いのか、指導期間中になぜ認定農業生産法人になれたのか。谷川弥一衆議院議員の長男で、TGFの社長谷川喜一と役員の妻富貴とは1度も就農に付いていないこの事は重大な制度違反と理解するが。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
担当:無言。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

四、松本崇大村市長の政治圧力

これ以上の質問は担当者に対する嫌がらせに発展する可能性を感じたので取材を中止した。純朴で勤勉な彼らは、松本嵩市長からの圧力と指示で認定作業に到る迄の矛盾だらけの書類審査をやらされただけにしか過ぎない。大村市農業委員会が就農相談受付から農業経営基盤強化促進法規定に基づく認定農業生産者法人の認定に到る迄の過程で明らかに、政治家三人(金子原二郎前知事・現参議院議員、谷川弥一衆議院議員、松本嵩大村市長)から審査段階で圧力が掛かっていたことは明らかである


| http://www.kjnn.net/index.php?e=12 |

| 第一章 TGFの不正入植::大村市農業委員会への取材 | comments (x) | trackback (x) | 2012,11,16, Friday|


九州ジャーナル社熊本事務所 〒862-0950 熊本市水前寺4丁目41-1第二奥羽ビル303号