九州ジャーナル
ご案内・インフォメーション 九州ジャーナル社ご紹介 サイトご利用規約 サイトマップ お問合せ・ご相談
 
 

  


金子源二朗(元知事)・現参議院議員と谷川弥一衆議院議員

長女(F子)と暴力団
暴力に屈し谷川弥一衆議院議員



前長崎県知事金子源二郎の長女(F子)と暴力団との関係。暴力団石湊会から襲撃された谷川弥一衆議院議員(当時、自民党長崎県連幹事長)。以後、石湊会は限りなく公共工事に介入し、過激な事件を県下で起こした。この切っ掛けは、知事の長女F子と暴力団との関係からである。

暴力団を容認する発言、元知事金子源二郎
野口健司県議(落選)の事務所から「指定暴力団」に1万円で、新幹線基地建設予定地の図面が渡るこの出来事を、「単なるチョンボ」と発言した元知事、金子源二郎



前長崎県知事(現参議院議員)金子源二郎は、現在、ネジが揺るみ放しで緊張感に乏しい発言を今回の県議会議員選挙で支持する候補者の演説で随所に繰り返した。隣県佐賀県伊万里市内の病院駐車場で暴力団の抗争が再発、1名が死亡、1名が軽傷を負う事件が発生。死亡した暴力団は大村市内の暴力団だった。
 暴力団追放運動が官民挙げて取り組まれその成果が全国規模で現れているおり、指定暴力団に新幹線の図面を1万円で売り渡した野口健司議員(落選)の行為を「単なるチョンボ」と発言した前知事、金子源二郎。


▽続きを読むクリック▽

| http://www.kjnn.net/index.php?e=3 |

| 金子県政の12年と谷川弥一衆議院議員::県民を欺いた金子県政12年 | comments (x) | trackback (x) | 2012,11,12, Monday|

  

九州ジャーナル社熊本事務所 〒862-0950 熊本市水前寺4丁目41-1第二奥羽ビル303号