TOP > MISIA名曲ランキング&インタビュー

MISIA名曲ランキング&インタビュー

 

MISIA名曲ランキング&インタビュー

時代を超えて今もなお輝き続けるヒット曲満載のMISIAベストアルバム『Super Best Records -15th Celebration-』の発売を記念して、みんなが選んだMISIAの人気曲ランキングを発表!ランクインした曲に対して、MISIA本人からのコメントも到着しています。

最新作

名曲ランキング

  • MISIAからのコメント
    とてもストレートな愛の歌詞で、自分でも「こんなにストレートでいいのかしら」って思ったぐらいなんですけど(笑)、いま思い返すと、すべてにおいて短期間で美しくハマった!という1曲ですね。
  • MISIAからのコメント
    この曲は15thヴァージョンも収録しているので、両方を聴き比べていただくのも面白いのでは。同じ曲でも声の表情はずいぶん違うなあと自分でも思います。なにしろデビューのときはまだ十代だったので(笑)
  • MISIAからのコメント
    ひとりで鹿児島の知覧特攻平和会館を訪ねました。兵士の方々が特攻に行く前に家族や恋人に宛てた手紙が展示されているんですが、これ以上、切実に会いたいという思いが込められた手紙はないなと。その実際に書かれた手紙を拝見して、命の重さ、人と人との絆を改めて実感しましたね。あの旅があったことで、曲の芯の部分が定まったんだと思います。
  • MISIAからのコメント
    このバラードで初めて「どうやって歌詞を書けばいいのかわからない」という壁にぶつかったんですが、ところが、ある日突然ポンと詞が浮かんで。「つつみ込むように…」の主人公たちの続編という感じで作詞をしはじめたら、スムースに書けたんですよね。そういう意味では、バラード作品の記念すべき1歩、というべき曲でもあります。
  • MISIAからのコメント
    たとえ辛いことが伴うとしても、好きなことをやりたい!と思うことってないですか?そのことが好きであればあるほど、心の傷も大きいし、人や自分さえも疑ってしまうことがあったりします。でも自分が“好き”だと信じているものは何も変わらないと気付いた時、私はすごく元気が出るんです。
  • MISIAからのコメント
    ドラマ『大奥 ~誕生~[有功・家光篇]』のために書き下ろした曲です。人称はあえて『あなた』だけにして、男性側と女性側、どちらにも聞こえるようにしています。
  • MISIAからのコメント
    脱出とは、その問題と自分の中で向き合って戦ったのか?それとも向き合わなかったのか?自分の前に立ちはだかったその問題から、逃げるのか?それとも脱出するのか?歌詞を書く上でのテーマでした。
  • MISIAからのコメント
    “人生の中で初めて恋しくて泣きたくなってしまった恋”。そんな恋が初恋なんじゃないかという考えに至ったんですよね。それと、未練を残す恋って、ちゃんと自分自身の気持ちを伝えて、思いを消化しきれたかどうか…が大きいと思うんですよね。なので、この歌詞には“伝える”ということもテーマの1つとして入っています。
  • MISIAからのコメント
    強く想い合っている恋って、ずっと終わらない気がするんです。たとえ自分の身体がなくなっても好きという気持ちは残り続ける。それくらい強い気持ちを歌いたいと思い歌詞を書きました。
  • MISIAからのコメント
    映画『大奥』のために書き下ろした曲ですが、ドラマのお話から繋がっている物語なんですね。家光と有功の悲しい愛が引き起こした物語といいますか……。だから、今度は流した涙が悲しみを引き起こすのではなく、優しさに連鎖しますように、という思いを込めて歌っています。

インタビュー

『MISIA Super Best Records -15th Celebration-』アルバムインタビュー

―3枚組、全45曲収録という贅沢なベストアルバムが完成しました。

15周年ということで、CD1枚にそれぞれ15曲ずつ収録しています。しかもアルバムごとに世界的に活躍していらっしゃる方々にマスタリングしていただいて、音もすべて生まれ変わっているんですよ。

―15年のキャリアのなかで、ダンスミュージックからバラードまでさまざまなタイプの楽曲を歌ってこられたわけですが、45曲に絞り込むとなると、選曲はかなり難航したんじゃありませんか?

やはり悩みましたねー。選曲にはかれこれ半年以上はかかりました。楽曲同志の組み合わせもあれこれ考えましたし、リミックスやライブ・ヴァージョンはどうしようか……みたいな。リミックスもライブも私のキャリアのなかでは、それぞれひとつのスタイルですし、どこを切り取ってベストにするか?という点がいちばん難しかったです。最終的にはオリジナル楽曲で、2013年ならではのベスト・アルバムを作ろうということで着地したんですけども。

―確かに大編成のオーケストラを率いてのツアーや、選曲をバラードに絞ったツアーなど、ライブでもいろんなスタイルにチャレンジされてますし、MISIA=ライブ・アーティストというイメージが強いです。

ベストアルバムと同時発売されるBlu-ray BOX「THE TOUR OF MISIA BOX Blu-ray 15th Celebration」の特典映像には、15年を振り返るライヴDVDが付属されるので、それを手に入れてくれたかたは(笑)、ライブの側面からも楽しんでいただけるかなと。去年の7月7日(MISIAの誕生日)、8日の2日間で<MISIA BEST MUSIC AWARDS>という、ファンクラブ限定のライブを行なったんですけど、ファン投票で1位になった曲や、「BEST HIP HOP SONG」「BEST EMOTIONAL SONG」というふうに、いろんなジャンルのなかでの1位を選出して歌っていく……という内容だったんですね。まさに『ベスト・オブ・ベスト』という形式で演ったライブなんですけど、その模様をダイジェストにしたものも収録された特典DVDなんですよ。

―完全にファンクラブ限定のライブでしたけど、その映像は今回が初出しになるわけですよね。

そうなんです。ステージで歌った全曲はさすがに収録しきれなかったんですけど、あのライブの全貌……とまではいかないまでも半貌ぐらいは体感していただけるんじゃないかと思います(笑)

 

特集

  • アーティストインタビュー 旬★アーティストのインタビューをご紹介♪
  • 投稿ランキング 気になる話題をランキング形式で紹介♪
  • 募集中のテーマ 現在受け付けている投稿テーマはコチラから!

MISIA名曲ランキング&インタビュー ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

エルマーク