コンテンツエリアへ

まずはココから

連載・コラム

映画監督「ジム・ジャームッシュ」が描き続けるもの

映画監督「ジム・ジャームッシュ」が描き続けるもの

ハリウッドから距離をおきつつ世界に名を轟かせた男が新作に託した映画の未来

インタビュー

これで「さようなら」のつもりだった DECO*27インタビュー

これで「さようなら」のつもりだった DECO*27インタビュー

ボカロPとして大きな結果を残し、夢を叶え、そして見失った時期もあった

連載・コラム

若き表現者達が歩んだ未知の世界 大谷能生と行く『実験工房展』

若き表現者達が歩んだ未知の世界 大谷能生と行く『実験工房展』

岡本太郎、瀧口修造の薫陶を受け、武満徹らが在籍した総合芸術グループの軌跡

インタビュー

テクノロジーが剥き出しにする美の世界 高谷史郎インタビュー

テクノロジーが剥き出しにする美の世界 高谷史郎インタビュー

メディアアート黎明期より活動するダムタイプのメンバーが初の美術館個展

いま、読みどころ

インタビュー

四畳半時代の悔しさをバネにして johannインタビュー

四畳半時代の悔しさをバネにして johannインタビュー

ツインドラムの5人組インストバンドが日常の鬱憤から爆発させるカタルシス

インタビュー

「みんなにとっていい曲」はあるのか? 小谷美紗子インタビュー

「みんなにとっていい曲」はあるのか? 小谷美紗子インタビュー

「想い」を率直に表現して愛されてきた小谷は何故、震災で立ち止まったのか

インタビュー

akko(My Little Lover)と荒井良二がいざなう絵本の世界

akko(My Little Lover)と荒井良二がいざなう絵本の世界

日本屈指の音楽家と絵本作家、子育て中の二人が絵本に託した「笑顔の連鎖」

インタビュー

違和感だらけの世の中をサバイブする、たむらぱんの自問自答

違和感だらけの世の中をサバイブする、たむらぱんの自問自答

「人」への興味がうずまき煩悩が頂点に達した今、余計なものを削いで原点へ

インタビュー

原田郁子×ウィスット・ポンニミットの「いいこと」探し

原田郁子×ウィスット・ポンニミットの「いいこと」探し

クラムボン原田とタムくんでお馴染みのタイのマンガ家が教える暮らしの余裕

インタビュー

僕が異端児であり続ける理由 芸術家・柿沼康二インタビュー

僕が異端児であり続ける理由 芸術家・柿沼康二インタビュー

岡本太郎もUnderworldすらも取り込んだ、新しい「書」の世界

インタビュー

素の自分で歌いたかった 安田レイインタビュー

素の自分で歌いたかった 安田レイインタビュー

話題の元気ロケッツの後、長い準備期間を経て満を持して表に飛び出した20歳

インタビュー

ピアノミュージックの未来を探すSchroeder-Headzの軌跡

ピアノミュージックの未来を探すSchroeder-Headzの軌跡

各方面からの賞賛を浴びたデビューから3年、新作に秘められた心境の変化とは

北海道在住の5人組、FOLKSがキューンミュージックからメジャーデビュー

イメージ

イメージ

FOLKSのメジャーデビューミニアルバム『NEWTOWN』が、2月12日にリリースされる。

北海道・恵庭在住のFOLKSは、岩井郁人(Vo,Gt)、岩井豪利(Gt,Vo)、野口一雅(Cho,Ba)、小林禄与(Cho,Gt,Syn,Per)、高橋正嗣(Cho,Programingm,Syn)の5人組。メンバー全員が作曲を手掛け、ボーカルを郁人と豪利の岩井兄弟が担当している。今年3月に自主制作によるミニアルバム『Take off』をリリースし、7月には砂原良徳によるリマスタリングを施して同作を配信リリースした。また、一般公募枠で『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』に出演したことでも注目を集めた。

キューンミュージックからリリースされるミニアルバム『NEWTOWN』は、ミックスとマスタリングを益子樹(ROVO)が担当。また、今回の発表にあわせて収録楽曲“Everything is Alone”のPVの一部がYouTubeで公開された。PVの監督は彼らのアーティスト写真も撮影した写真家・太田好治が担当しており、撮影は彼らの地元である恵庭の新興住宅地・恵み野で行われた。

なお、1月20日に東京・渋谷のTSUTAYA O-WESTで開催されるロッキング・オン主催のイベント『rockin'on presents JAPAN'S NEXT vol.1』に出演することも決定している。彼らが北海道以外でライブをするのは同イベントが初めてになるとのこと。

リリース情報

FOLKS
『NEWTOWN』(CD)

2014年2月12日発売
価格:2,310円(税込)
KSCL-2354

1. Everything is Alone
2. Two young
3. FOREVER
4. Good-bye, friends
5. River
6. You're right
7. Replica
※初回仕様盤は2方背スリーブケース

amazonで購入する

イベント情報

『rockin'on presents JAPAN'S NEXT vol.1』

2014年1月20日(月)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-WEST
出演:
KEYTALK
SAKANAMON
さよなら、また今度ね
パスピエ
FOLKS
料金:前売2,500円(ドリンク別)

(画像:FOLKS)

この記事に関するFacebookコメント

アーティストインタビューやおすすめデザイン雑貨のページを集めました! CINRA.STORE特集記事まとめ

CINRA.STORE カルチャーセレクトショップ

    制作費支給、作品プランを募集中! Art in the office 2013「CCC AWARDS」

    小谷美紗子最新作『us』完成

    こちら、銀座 資生堂 センデン部 中村勇吾とコラボした新コンテンツ公開!

    CINRA Inc,スタッフ募集中!

    はみだし3兄弟 モーニングCINRA出張所

    横山裕一 オリジナルグッズ特集 奇才漫画家の名作をインテリアやファッションに

    おいしいはなしインタビュー 新世代サイケドリーム・ポップバンド登場

    Alfred Beach Sandalインタビュー 「普通」って、実は変なんじゃないか?

    Christmas Gift Special 厳選クリスマスギフト特集

    SOUR×川村真司インタビュー お金がなくても面白い物づくりは出来る

    ROCO×東京ハイジ 子どものために、まずは大人が楽しまなきゃ

    森永泰弘インタビュー サウンドデザインが作る新しい世界

    平賀さち枝インタビュー さっちゃん、音楽を探す旅は続いていく

    ピュアな少年性を忘れない男子の輝き 根岸たくみ(swimmingpoo1)インタビュー

    tofubeats×error403対談

    MyXイチオシアーティスト 大森靖子