お問い合わせ
トップページへ戻る事務所のご案内弁護士紹介業務のご案内来所される方へ費用についてアクセス
ホーム > 弁護士紹介


徳勝 仁 渡会 佑二 山下 将志 脇山 正幹 馬渡 圭一 玖島 敬一 本田 裕一


徳勝 仁 Hitoshi Tokukatsu


 私は、この事務所の弁護士の中で、唯一、法学部の出身者ではありません。従って学生時代には、法曹関係の仕事に就く予定はなかったのですが、ある映画に出ていた検事のセリフがあまりにもカッコよかったことに刺激を受けて、司法試験を目指しました。結局は思うところあって、検察官ではなく弁護士になりましたが、この世界を志した頃の正義感や情熱は、今でも私の精神的なバックボーンになっています。そんな経歴もあって、単に法律の知識だけにとどまらない、世の常識や人情を踏まえた、幅の広い紛争解決が重要であると認識しており、そのことを常に実践しているつもりです。

 徳勝・わたらい法律事務所は、現在では長崎県最大級の規模を擁するに至っておりますが、当事務所の代表者の一人として、我々が提供するリーガル・サービスが、地域の皆さまの法的ニーズに的確に対応出来るよう、日々努めている所存であります。

 趣味は、音楽やスポーツ全般です。特に、ここ数年はクラシックピアノに凝っていて、やや我流の演奏ではありますが、ベートーヴェンやショパンの曲などに挑戦しています。

 スポーツの方は、中学・高校は陸上競技部でしたが(インターハイ出場経験あり)、社会人になってからも、ゴルフ、テニス、バイク、トライアスロンと広く浅く愛好しております。
 特に、ここ十数年は、小学校時代から競技に関わっていたスピードスケートに本格的に取り組んでおり、国体(16回出場)、全日本マスターズ(過去7回優勝経験あり)などの各種試合に、毎年出場しております。

 なお、私のピアノ演奏やスケート競技については、よろしければ、下記URLをクリックして御覧下さい。


ピアノ リスト エチュード作品1-9
スケート 平成24年1月8日 苫小牧にて


略歴

昭和36年   長崎市生まれ
昭和55年3月   長崎県立長崎北高等学校卒業
昭和60年3月   早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
昭和63年4月から   最高裁判所司法研修所第42期司法研修生
平成2年4月   弁護士登録(佐世保市での業務を開始)
平成6年4月   徳勝法律事務所開設(佐世保市元町2番10号)
所長弁護士に就任
平成23年7月   わたらい法律事務所と合併し、現事務所を設立。共同代表となり現在に至る。

主な役職歴等

・佐世保市公平委員(平成11年〜 現在4期目。平成23年に総務大臣表彰を受ける)
・長崎県立佐世保北高等学校・北中学校PTA会長(平成23年度)
・長崎県弁護士会副会長、佐世保支部長(平成10年度、11年度)
・社団法人佐世保青年会議所第46代理事長(平成11年)
・佐世保商工会議所青年部監事(平成17年度、18年度)
・佐世保市情報公開委員会委員その他の佐世保市行政委員等を歴任
・長崎県経済同友会、佐世保中小企業家同友会会員



ページ一番上へ戻る



渡会 祐二 Yuji Watarai


 私は、地域の皆様のお悩みやトラブルを、よりタイムリーに、より親身になって解決差し上げることが重要だと思っております。その思いは、平成18年に弁護士登録をしたときから変わりはありません。
 また、平成24年度・平成25年度は、長崎県弁護士会副会長兼佐世保支部長も務めており、弁護士会の会務を通じて、市民の皆様へのリーガルサービスの充実に向けて活動しております。

暴力追放運動功労賞
 私の取扱分野としましては、民事・家事・刑事事件のいずれも対応できますが、特殊な取扱分野として、暴力団等の反社会的勢力を相手方とする事件、いわゆる民暴事件があります。これは、佐世保市内にできた暴力団事務所を撤去する事件を手がけたことがきっかけになっています。依頼を受けてから事件のすべてが解決するまで6年近くの歳月がかかりましたが、住民の皆さんの不安の原因を取り除くことができ、その喜びの声をお聞きした時は、弁護士をやっていてよかったと深く感じました。また、この事件をきっかけに、平成25年10月に、長崎県暴力追放運動推進センターおよび長崎県警より暴力追放運動功労賞を、平成26年2月に佐世保警察署長より警察協力功労賞を受賞いたしましたが、私の誇りの一つとなっています。
ワンダフルズの野球帽
 プライベートでは、小学生時代にソフトボールを、中学生時代には野球を続けていたこともあり、現在、長崎県弁護士会の野球チームワンダフルズに所属しています。部活時代から20年以上も経過し思うように身体が反応しないことも多いですが、当時培った経験を頼りに、汗を掻きつつ、楽しくプレーをしています。

 地域最大級の弁護士事務所の代表として、パートナーである徳勝弁護士とともに、皆様のお力になれるよう日々努力してまいる所存ですので、どうぞよろしくお願い致します。


略歴

昭和50年10月   北松浦郡佐々町生まれ
平成6年3月   長崎県立佐世保西高等学校卒業
平成10年3月   九州大学法学部卒業
平成17年4月   最高裁判所司法研修所第59期司法修習生
平成18年10月   弁護士登録
 佐世保市木場田町にて、わたらい法律事務所設立
平成23年7月   徳勝法律事務所と合併し、現事務所を設立。共同代表となり現在に至る。

主な役職歴等

・長崎県弁護士会事務局長(平成22年度)
・長崎県弁護士会副会長兼佐世保支部長(平成24年・25年度)
・長崎県弁護士会消費者問題特別委員会事務局長
・長崎県弁護士会民事介入暴力被害者救済センター運営委員
・佐世保市建築審査会委員
・佐世保市情報公開審査委員会委員その他の佐世保市の委員等を歴任
・佐世保北ロータリークラブ会員
・佐世保商工会議所青年部会員
・佐世保市倫理法人会会員
・長崎県中小企業家同友会会員



ページ一番上へ戻る



山下 将志 Masashi Yamashita


 弁護士になると同時に当事務所で執務を開始しました。これまで好き嫌いせず幅広い分野の事件を担当してきました。法律という視点からの悩みや争いごとの解決の役に立てればとの思いで日々仕事をしています。
学生時代に使用していた弓道具
 プライベートでは、弓道を時々やっています。高校時代は弓道でインターハイにも出ました。そして、長崎県弁護士会では野球部のワンダフルズに所属し、打てない、捕れない、走れないと三拍子調った選手ながら試合にたまに出場したりしています。インプレー中に塁を離れアウトを取られるなど失態は数知れず(渡会弁護士が仕事でも見せない厳しい表情をしておりました)、ルールも把握していないのが現状です。司法試験のときのように体系的にルールを学ぶ必要がありそうです。ちなみに、法律の方は、九州大学法学部→京都大学大学院法学研究科修士課程(この頃は民法学者になりたいと思っていました)→九州大学法科大学院と9年も勉強しました。こんな来歴ゆえ、どうしても頭でっかちになりがちですが、「体系的に」といいながら、ルールブックを熟読するよりも体で覚える方が早いかもしれないと少なからず思い始めているところです。
 私は、勉学に心奪われ学生時代に車の免許を取得するチャンスを逸し、遅ればせながら弁護士になって車の免許を取りました。最初はペーパードライバーでしたがここ2年くらいは仕事で車を使っています。
 今後も、精進しますのでごひいきにお願いいたします。



ページ一番上へ戻る




脇山 正幹 Masaki Wakiyama


 長崎県弁護士会に弁護士登録後、当事務所において、さまざまな分野の案件に携わらせていただいております。若さを生かして機敏かつ真摯に対応して迅速・適切な事件処理を行い、ご依頼者にとって最良の解決となるよう、質の高いリーガルサービスを提供していきたいと考えております。
学生時代から使用しているグローブ
 神戸で生まれ、唐津で育ち、大学は北海道、大学院は東京、司法修習は福岡と、日本を縦断し、当事務所との縁で現在に至ります。佐世保は私が暮らしてきた他の地に比して自然も美しくて食べ物もおいしく、親切な人ばかりでとても住み心地の良い街と感じています。
 私は、体を動かすことが好きで、高校時代は甲子園を目指して白球を追いかけていました。現在は、弁護士会の野球チームに所属しています。また、ジョギングも好きで休みの日には、街中を走ったり、弓張岳にも登ったりして、佐世保の街並みや自然を楽しみながら心身共にリフレッシュしています。また、今はなかなか行く機会がありませんが、大学が北海道であったこともあってスノーボードも好きです。またいつか北海道のパウダースノーを滑りたいと思っています。
 まだまだ、若輩ものではありますが、佐世保市民の皆様に必要とされるような弁護士となれるよう日々研鑽を積んで参りたいと考えておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



ページ一番上へ戻る



馬渡 圭一 Keiichi Mawatari


 はじめまして。馬渡圭一(まわたりけいいち)と申します。
 長崎県雲仙市吾妻町出身です。

 徳勝・わたらい法律事務所に入所以来、特に分野を限定することなく、地域の皆様が直面しておられる様々な法律問題の解決に広く携わらせていただいております。
 弁護士として仕事をするようになって、それほど期間を経過しているわけではありませんが、「ご依頼者の不安や心配を少しでも和らげるにはどうすればよいか」ということを重点的に考えながら、日々仕事に奔走していきたいと思っております。

ホンダのスーパーカブ50cc

 学生時代の部活でバスケットボールをやっていたこともあり、機敏な動きは得意な方です。仕事においても、ご要望があれば、写真にある私の愛車(ホンダのスーパーカブ50cc)でご依頼者のもとまで駆けつけたいと思っておりますので、必要な際はお申し付けください。

 最近では、もっぱらお酒を飲みながら周りの皆様と楽しく会話をすることが趣味となっておりますが、従来よりウォーキングを第一の趣味としておりますので、時間を見つけて佐世保の街中を隈なく歩き回りたいと考えています。私自身、沢山の地元の方々とお知り合いになれればと思っておりますので、街中でウォーキング中の私を見かけた際には、是非ひと声かけてください。




ページ一番上へ戻る



玖島 敬一 Keiichi Kushima


 私は、博多から電車に揺られて約30分の場所に位置する福岡県古賀市の出身です。
 法律を使って誰かの助力となる仕事に就きたいと思い法曹を目指した初心を胸に、日々の業務に邁進して参ります。
 これまで福岡県から愛媛県、兵庫県、大阪府に引っ越した経験があります。各土地での生活により、自分の中に住んだ土地に馴染むという気質が育まれたように思っています。
単行本が好みです
 東福岡高校というサッカーやラグビーで全国大会に出場することもあるスポーツのイメージが強い高校の出身ですが、残念ながら応援以外では縁がありませんでした。もっとも、スポーツを観戦し、選手と一緒に熱くなることは今でも楽しみのひとつです。
 文庫本や漫画が好きで休日にはよく読んでいます。



ページ一番上へ戻る



本田 裕一 Yuichi Honda


 広い分野の法律問題に対応し、的確な弁護活動ができるように、日々研鑽に努めております。また、法律以外の専門的な知識を必要とするような難解な事件にも、積極的に取り組みたいと考えております。 
ラーメンとカップ焼きそばが好きで、毎日食べても飽きません
  依頼者の方々の権利・利益を確保するとともに、常に自由と正義を追求し、社会に貢献できる弁護士でありたいと思っております。
 趣味はテニスですが、しばらくコートに立っていないので、趣味といえるか微妙になってきています。



ページ一番上へ戻る


〒857-0871
長崎県佐世保市本島町2番5号
興徳ビル佐世保2階
TEL 0956-22-5622 0956-22-7981
FAX 0956-22-5707 0956-22-7983
[業務時間]
9:00〜18:00(土・日・祝日を除く)
 但し、必要に応じて時間外、土・日・祝日の相談も承ります。まずは、お電話ください。





大きな地図で見る