トップページ社会ニュース一覧台風8号 関東の海上を東北東へ
ニュース詳細

台風8号 関東の海上を東北東へ
7月11日 5時04分

台風8号 関東の海上を東北東へ

台風8号は伊豆半島を通過した後、関東の海上を東北東に進んでいます。
大気の状態が不安定になっている北日本は局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の増水などに警戒を呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、台風8号は伊豆半島の南部を通過した後、関東の海上にあって11日午前5時には神奈川県横須賀市付近を1時間に35キロの速さで東北東へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南東側600キロ以内と北西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風と前線の影響で北日本を中心に大気の状態が不安定になっていて、東北などで強い雨が降っています。
これまでの雨で長野県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があり、山形県では川が増水して氾濫の危険性が高くなっている地域があります。
また、台風が接近している関東地方などでは風の強い状態が続いていて、伊豆諸島の八丈島では午前0時すぎに27.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。
台風はこれから朝にかけて本州の南岸を東へ進み、昼前には関東の東の海上に抜ける見込みです。
北日本では11日の夜にかけて、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあるほか、関東や北陸でもこの後しばらくは激しい雨が降るおそれがあります。
12日朝までに降る雨の量はいずれも多いところで北海道で120ミリ、北陸で100ミリ、東北で80ミリと予想されています。
また、関東では朝にかけて沿岸部を中心に強い風が吹くほか、東海から関東にかけての太平洋沿岸は大しけが続く見込みです。
気象庁は土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、高波に警戒するとともに落雷や強風、それに竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

[関連ニュース]
k10015918681000.html

[関連ニュース]

  自動検索

台風8号 北日本で非常に激しい雨のおそれ (7月11日 8時05分)

台風8号 千葉県に再上陸 (7月11日 6時02分)

台風8号 東海地方の海上を東北東へ (7月11日 2時03分)

台風8号 和歌山県南部に再上陸 (7月10日 19時18分)

台風8号 局地的に非常に激しい雨に (7月10日 18時23分)

このページの先頭へ