ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 土木事務所・工事事務所 > 水戸土木事務所 > 笠間バイパス 茨城県水戸土木事務所

ここから本文です。

更新日:2015年3月12日

一般国道355号(笠間バイパス) 茨城県水戸土木事務所

本路線は、千葉県佐原市と笠間市を結ぶ主要幹線道路で、県内において国道6号、50号、51号と連結し、本県中央部の幹線道路網を形成しています。

しかし、本事業区間である笠間市内は、幅員が狭小のうえ屈曲部分が多く、交通に支障をきたしています。また、近郊には日本三大稲荷の1つ笠間稲荷神社や資材の供給基地である採石場が多数操業しており、年々交通量も増加しています。

本事業はこの区間の円滑な交通を確保するとともに、笠間市街地の交通混雑緩和、また北関東自動車道からの周辺地域へのアクセス機能を図るものです。

事業名

 道路改築事業

路線名

一般国道355号(笠間バイパス)

延長

5,200m(うち供用延長約1,800m)

幅員

18.0/6.5m

事業年度

平成2年度~

このページに関するお問い合わせ

土木部水戸土木事務所道路整備第二課

茨城県水戸市柵町1丁目3番1号水戸合同庁舎内

電話番号:029-225-1316

FAX番号:029-228-6921

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?