rippleのXRPがファンダメンタル的には無価値である理由

詳細レポート「マイクハーンのビットコイン失敗宣言は本当か?(全23ページ)」を配信中です。ご入会いただけますと過去の17本のレポートもすべてお読みいただけます。詳細へ

ダウンロード投資については、このブログでは書かないつもりであったが、rippleのXRPについては、状況を鑑みて、少しだけ私の意見を書いておこうと思う。

ripple labから公式声明もでている。

「多くの日本の会社が、XRPは短期的に魅力ある投資としてリップルを広告していることを耳にしますが、XRPはそういう物ではないことを Ripple Labs がアドバイス致します。」

XRPとBitcoinなどが大きく違うのは、2つある。

・rippleはあくまで銀行システムの置換えであって、決済システムである

・XRPというのはブリッジ通貨に過ぎない

XRPは、あくまで決済システムのなかのブリッジ通貨である。現実世界では、たとえば、タイバーツ建ての請求に対して、ブラジルレアルで払う場合。THB/BRLといった通貨ペアの交換は難しいので、BRL→USD→THBといったぐあいにUSDを通す。

同様に、rippleの世界では、BRL→XRP→THBという変換がなされる。XRPに対してそれぞれの通貨がレートを持っていれば、XRP経由で、どれとも交換できるということだ。これがブリッジ通貨の意味である。

たとえばrippleが広く金融決済に使われるようになっても、決済はそれぞれの通貨建てなので、銀行やカード会社はXRPを保持せず、必ず精算されて最後は通貨に変わるだろう。

XRPは決済システムのなかのブリッジ通貨なので、実際XRP単体で価値があるかないかというと、あってもなくても良いように思える。最終的になにかの通貨に変換されて決済するのが目的だからだ。そういうブリッジ通貨にあまり価格変動があると困るし、できれば固定レートの方がいい。

このブリッジ通貨自体が値上って、キャピタルゲインを有むという気がしない。ブリッジ通貨としてレートが決まっていれば、それ自体は取引の量がふえたらそれに応じて無限に発行してしまってもいいし、BTCのように希少性が価値の担保となっている通貨とは、設計思想がまるで違う。

XRPはファンダメンタル的に言えば、ほとんど無価値である。

もちろん、現在のXRPは変動価格になっていて相場が上下するので、ついこの間も底値から4倍ほどになり、かなり儲けたひとがいるもの事実。ただ、それは、相場である。投機的には10倍とか、下手をすると100倍になることだってあり得るというのは認めるが、XRPの本質的な価値が100倍になるということは考えられないだろう。

投機と楽しむ分にはよいが、将来XRPは価値がでるといった言説や、XRPに長期投資というのは、考え方が間違っている可能性がある。

私のみかたでは、rippleは、銀行システムを置き換えるパッケージ・ソフトウェアとみているので、決済システムのSAPだ。rippleをつかって儲かるのは、インテグレーションサービスや、このシステムを利用してサービスをする銀行や決済サービス業者のほうになるだろう。

(追記)XRPはネットワーク手数料として消費するという別の用途があるが、手数料があまりに低いため、ほとんど関係ない。

今週のレポート「イーサリアムの購入方法、ウォレットなどの基礎知識、過去の3度の上昇時のケーススタディ、現在の材料や次期バージョンの見通し、トレード戦略など(全15ページ)」を配信中です詳細へ