WBSニュース
5月5日

1万人の子どもがプログラミング

1万人の子どもがプログラミング

こどもの日のきょう、小学生を対象にしたプログラミングの体験イベントが都内で開かれました。国内でプログラミング教育を推進する団体が主催した今回のイベント。真剣な表情でパソコンの画面に向かっているのは小学生です。体験しているのはゲームのように見えますが、実はプログラミングの入門ソフトで、細かい指示を入力してキャラクターを動かしています。東京の会場を中心に全国の70会場と連携し、参加人数はおよそ1万人にのぼりました。主催者は「これからはすべての産業がITの力で伸びていく時代になる。プログラミングに早い段階から触れることで、よりネーティブに学習できる」と話します。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
WBSニュースアーカイブ
前の日

注目ニュース

ニュース

PICK UP NEWS