各種ビザ申請(就労ビザ、結婚ビザ、永住ビザ)、在留特別許可(オーバーステイ)、帰化(日本国籍取得)など、丁寧・確実にサポートいたします。

家族滞在ビザ

家族滞在ビザ

画像の説明

該 当 例

 外国人の扶養を受ける配偶者・子

具 体 例

  • 就労ビザで在留している外国人が、本国から妻(夫)と子供を呼び寄せる場合

  • 留学生が、本国から妻(夫)を呼び寄せる場合

概   要

家族滞在ビザ」とは、就労ビザや留学ビザで在留している外国人の扶養を受ける配偶者又は子が、日常的な活動を行う場合に取得するビザです。

「扶養を受ける」者であることが必要であるため、扶養者が扶養の意思を有し、かつ、扶養することが可能な資金的裏付けを有すると認められることが必要です。

「日常的な活動」には、教育機関において教育を受ける活動なども含まれますが、収入や報酬を伴う活動は含まれません。
ただし、「資格外活動許可」を受けることによって、週28時間以内のアルバイトを行うことが可能となります。

【配偶者・子の範囲】

「配偶者」とは、法的に成立した婚姻によることが必要であって、内縁関係や、海外で有効に成立した同姓婚などは認められていません。
「子」には、嫡出子、養子、認知された非嫡出子なども含まれています。

【配偶者・子以外の親族を呼び寄せる場合】

家族滞在ビザ」で呼び寄せることができるのは配偶者と子のみであるため、それ以外の親族(例.両親、兄弟姉妹)を日本に呼び寄せる場合は、「短期滞在ビザ」を用いることになります。
なお、両親を呼び寄せる場合は、家族の状況によっては「特定活動ビザ」が認められ、長期間の在留が可能になることもあります。

近年、両親を日本に呼び寄せて一緒に暮らしたいというケースが増えています。
しかし、両親を呼び寄せる手続は、基準が明らかにされていないうえに、入管(入国管理局)に対して必要性や相当性などを、それぞれの家庭環境に沿って立証していくことが必要ですので、難易度の高い手続といえます。

両親と日本での同居をお考えの場合は、様々なケースの両親の呼び寄せを行ってきた当事務所に、是非ご相談ください。

基   準

  1. 就労ビザや留学ビザで在留している者の扶養を受けて在留すること

必要書類(在留資格認定証明書交付申請の場合)

  1. 在留資格認定証明書交付申請書
  2. 写真(縦4cm×横3cm)
    ※ 申請前3か月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの。
  3. 返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上、392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)
  4. 次のいずれかで、申請人と扶養者との身分関係を証する文書
    (1)戸籍謄本
    (2)婚姻届受理証明書
    (3)結婚証明書の写し
    (4)出生証明書の写し
    (5)上記(1)~(4)までに準ずる文書
  5. 扶養者の在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む)又は旅券の写し
  6. 扶養者の職業及び収入を証する文書
    (1)扶養者が収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行っている場合
       a.在職証明書又は営業許可書の写し等
       b.住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得
         及び納税状況が記載されたもの)
       ※ 1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている
         証明書であれば、いずれか一方で可。
    (2)扶養者が上記(1)以外の活動を行っている場合
       a.扶養者名義の預金残高証明書又は給付金額及び給付期間を明示した奨学金給付に
         関する証明書
       b.上記aに準ずるもので、申請人の生活費用を支弁することができることを証する
         もの

手 続 報 酬

 報酬の一覧表をご覧ください。

お問い合わせ・ご依頼は

 お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】  平 日  9:30~18:00
        (土・日曜日・祝日や、上記時間外も個別にご相談を承ります)

【電話番号】  03-5317-8776 / 090-3092-0088

【メ ー ル】   問い合わせフォーム(24時間受付)

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional