各種ビザ申請(就労ビザ、結婚ビザ、永住ビザ)、在留特別許可(オーバーステイ)、帰化(日本国籍取得)など、丁寧・確実にサポートいたします。

医療滞在ビザ

医療滞在ビザ

画像の説明

該 当 例

 病気の治療、怪我の治療、手術、人間ドック、健康診断、検診、歯科治療、療養、温泉湯治

具 体 例

  • 日本の病院に通院して病気の治療を受ける場合

  • 日本の病院に入院して手術を受ける場合

  • 日本の病院で人間ドックを受ける場合

概   要

医療滞在ビザ」とは、治療を受けることを目的として日本に滞在する外国人患者とその同伴者が取得するビザです。
治療以外にも、人間ドックや温泉湯治など、対象となる医療行為は幅広く認められています。

【数次有効ビザ】
必要に応じて、数次有効のビザが発給されます。
ただし、数次有効ビザが発給されるのは、1回の滞在期間が90日以内の場合に限られています。

【同伴者】
同伴者は、外国人患者の親族に限定されていません。
親族以外の場合であっても、必要に応じて同伴者として同行することができます。

なお、同伴者が行えるのは外国人患者の身の回りの世話に限られています。
収入を伴う活動を行うことは認められません。
例えば、侍医、看護師、家事使用人、秘書などで、同伴することによって報酬が発生する場合は、仮に報酬を支払う機関や支払う場所が日本国外だったとしても、収入を伴う活動とみなされます。

【滞在期間】
最大で6ヶ月間です。
滞在期間が90日間を超える場合は、入院が前提となります。

その場合、事前に入管(入国管理局)で在留資格認定証明書交付の申請を行い、在留資格認定証明書を取得することが必要です。

入院で滞在が90日間を超える場合

外国人が、入院を伴って90日間以上、日本に滞在する場合は、在外公館(日本大使館・総領事館)で「医療滞在ビザ」を申請する前に、在留資格認定証明書を取得する必要があります。
在留資格認定証明書は、日本にいる代理人(医療機関の職員や親族)を通じて、日本の入管(入国管理局)で交付の申請を行います。
その際のビザ(在留資格)の種類は、「特定活動ビザ」となります。

「特定活動ビザ」は、入院を前提としているため、入院せずに通院のみである場合や、病院に入院せずにホテルなどの宿泊施設に滞在する場合は、認められません。
入院前や退院後に検査や治療が必要な場合、入院する原因となっている病気や怪我と直接関係があれば、「特定活動ビザ」で通院治療を受けることが可能です。

入院を伴って90日間以上日本に滞在する外国人患者に付き添う場合は、同伴者も「特定活動ビザ」の在留資格認定証明書の交付申請が必要です。

手続の流れ(滞在期間が90日以内の場合)

    登録のある身元保証機関(医療コーディネーターや  
    旅行会社)とコンタクト・受診のアレンジ      
             ▼
        受診する医療機関の確定          
             ▼
    外国人本人が在外公館(日本大使館・総領事館)で  
    ビザを申請                    
             ▼
    在外公館(日本大使館・総領事館)がビザを発給   
             ▼
    発給されたビザを持って、日本の空港で上陸審査   
             ▼
           日本に入国             

手続の流れ(滞在期間が90日以上の場合)

    登録のある身元保証機関(医療コーディネーターや  
    旅行会社)とコンタクト・受診のアレンジ      
             ▼
        受診する医療機関の確定          
             ▼
    医療機関の職員や日本在住の親族などが、      
    入管(入国管理局)に在留資格認定証明書の     
    交付を申請                    
             ▼
    入管(入国管理局)が在留資格認定証明書を交付   
             ▼
    交付された在留資格認定証明書を外国にいる     
    外国人本人に送付                 
             ▼
    外国人本人が在留資格認定証明書を持って、      
    在外公館(日本大使館・総領事館)でビザを申請   
             ▼
    在外公館(日本大使館・総領事館)がビザを発給   
             ▼
    在留資格認定証明書と発給されたビザを持って、   
    日本の空港で上陸審査               
             ▼
           日本に入国             

必要書類(在外公館でのビザ申請の場合)

  1. パスポート
  2. 証明写真
  3. ビザ申請書
  4. 医療機関により受診等予定証明書及び身元保証機関により身元保証書
  5. 一定の経済力を有することを証明するもの(例.銀行の残高証明書)(※)
  6. 本人確認のための書類(※)
  7. 在留資格認定証明書(入院して医療を受けるために90日以上滞在する場合)
  8. 治療予定表(数次有効ビザの場合)

 ※ 国籍によって必要な書類が異なるため、事前に在外公館にご確認ください。

必要書類(入管での在留資格認定証明書交付申請の場合)

  1. 在留資格認定証明書交付申請書
  2. 写真(縦4cm×横3cm)
    ※ 申請前6ヶ月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの。
  3. 返信用封筒(宛先を明記の上、380円分の切手を貼付)
  4. 日本の病院等が発行した受入れ証明書(外国人患者に係る受入れ証明書)
  5. 申請人の滞在中の活動予定を説明する資料
    (1)入院先の病院等に関する資料(パンフレット、案内等)
    (2)治療予定表(書式自由)
    (3)入院前あるいは退院後の滞在先を明らかにする資料(書式自由。滞在場所及び
       連絡先を記載)
  6. 次のいずれかで、滞在に必要な一切の費用を支弁できることを証する資料
    (1)病院等への前払金、預託金等の支払済み証明書
    (2)民間医療保険の加入証書及び約款の写し(加入している医療保険等により、治療等に
       要する経費を支弁することが立証されるもの)
    (3)預金残高証明書
    (4)スポンサーや支援団体等による支払保証書
  7. 申請人の滞在中の活動予定を説明する資料(書式自由。滞在日程、滞在場所、連絡先及び付添い対象となる患者との関係について記載)(付添人の場合)
  8. 申請人の滞在に必要な一切の経費を支弁できることを証する資料(付添人の場合)

手 続 報 酬

 報酬の一覧をご覧ください。

お問い合わせ・ご依頼は

 お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】  平 日  9:30~18:00
        (土・日曜日・祝日や、上記時間外も個別にご相談を承ります)

【電話番号】  03-5317-8776 / 090-3092-0088

【メ ー ル】   問い合わせフォーム(24時間受付)

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional