各種ビザ申請(就労ビザ、結婚ビザ、永住ビザ)、在留特別許可(オーバーステイ)、帰化(日本国籍取得)など、丁寧・確実にサポートいたします。

資格外活動許可

資格外活動許可


具 体 例

  • 留学ビザで在留している留学生がアルバイトをする場合

  • 家族滞在ビザで在留している主婦がアルバイトをする場合

  • 就労ビザで在留する外国人が、自身が持つ就労ビザで認められている仕事以外に、副業的に別の仕事を行う場合

概   要

日本に居住する外国人は、持っているビザで認められている活動に属さない、報酬を受ける活動を行う場合には、あらかじめ許可を受ける必要があります。
ただし、その場合も、本来の活動を阻害しない範囲という制限が付されています。

許可を受けずに資格外の活動を行うと、罰則の対象となり、場合によっては強制退去の対象となることもありますので、必ず事前に資格外活動許可を受ける必要があります。

留学ビザや家族滞在ビザで在留している方がアルバイトをする場合は、包括的な許可を受けられるため、勤務先を特定することなく資格外活動許可を受けることができます。
そのため、アルバイト先を変更したり、アルバイト先を追加したりといった場合でも、資格外活動許可を取得し直す必要はありません。
ただし、以下のような制限があります。

  • 活動可能時間:1週間につき28時間以内(長期休み中の留学生は、1日につき8時間以内)

  • 活動禁止業種:風俗営業に係る仕事(クラブ、パチンコ店、性風俗店など)

もちろん上記の制限を破って活動した場合も、強制退去の対象となることがあります。
留学生がクラブ等でアルバイトをしてしまって摘発されるといったケースが多く見られます。
その場合、雇用主側も風俗営業許可を取り消される等の不利益が生じますので、外国人を雇用する際には、持っているビザ(在留資格)から雇用の可否を確認することが必要です。

手 続 報 酬

 報酬の一覧表をご覧ください。

お問い合わせ・ご依頼は

 お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】  平 日  9:30~18:00
        (土・日曜日・祝日や、上記時間外も個別にご相談を承ります)

【電話番号】  03-5317-8776 / 090-3092-0088

【メ ー ル】   問い合わせフォーム(24時間受付)

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional