各種ビザ申請(就労ビザ、結婚ビザ、永住ビザ)、在留特別許可(オーバーステイ)、帰化(日本国籍取得)など、丁寧・確実にサポートいたします。

在留期間更新

在留期間更新


具 体 例

  • 日本の企業で働いている外国人が、引き続きその企業で働く場合

  • 日本人と結婚している外国人が、引き続き日本で生活する場合

概   要

日本のビザ(在留資格)には、永住ビザを除いて、全てのビザに在留期間が定められています。
在留期間には「1年」、「3年」、「5年」などがあります。

ビザの期限後も引き続き日本に居住する場合は、ビザの更新(在留期間更新)を行う必要があります。
更新をしないままビザの期限が切れると、いわゆるオーバーステイ(不法滞在)となり、強制退去や刑事罰の対象になってしまうため、注意が必要です。

更新の申請は、ビザの期限の3ヶ月前から行うことができます。

転職を伴うケース

就労ビザで日本に居住している外国人が転職して、最初にビザを取得した時と勤務先が変更されていても職務内容が同じ場合は、ビザの変更ではなくビザの更新を行います。
その場合、新しい勤務先が受入機関として妥当性があるかなどが審査されますので、通常の更新申請よりも審査が厳しくなります。

転職した場合、変更後の勤務先やその職務内容によってはビザの更新が認められなくなってしまう場合もありますので、勤務先を変更する場合はあらかじめ当事務所にご相談ください。

手 続 報 酬

 報酬の一覧をご覧ください。

お問い合わせ・ご依頼は

 お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】  平 日  9:30~18:00
        (土・日曜日・祝日や、上記時間外も個別にご相談を承ります)

【電話番号】  03-5317-8776 / 090-3092-0088

【メ ー ル】   問い合わせフォーム(24時間受付)

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional