民進 野田幹事長「昭恵氏らの証人喚問が不可欠」

民進 野田幹事長「昭恵氏らの証人喚問が不可欠」
k10010925271_201703262056_201703262058.mp4
民進党の野田幹事長は新潟県新発田市で記者団に対し、大阪・豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことの真相を解明するためには、安倍総理大臣夫人の昭恵氏らの証人喚問が不可欠だという認識を示しました。
この中で民進党の野田幹事長は、大阪・豊中市の国有地の学校法人「森友学園」への売却をめぐって、「籠池理事長の話は、偽証罪が適用される証人喚問の場でのものであり、ほかの人がいろいろな形で説明しても比重としては軽く、重みが違う。安倍総理大臣夫人の昭恵氏も含めて関係者が同じ条件で、きちんと説明しなければ、真相の解明にはつながらず、グレーの状態が続くのではないか」と指摘しました。
そのうえで、野田氏は「局面を打開するためには関係者の証人喚問は不可欠で、昭恵氏は避けて通れない」と述べ、昭恵氏の証人喚問を重ねて求めました。

さらに、野田氏は「今の状況で幕を引いたら納税者・国民は納得しない。まだ幕が開いたという段階だ」と述べ、27日の見通しとなっている新年度(平成29年度)予算案の成立後も追及を続ける考えを強調しました。