森友学園 大阪府と大阪市が31日に学園側を調査へ

森友学園 大阪府と大阪市が31日に学園側を調査へ
k10010928471_201703290516_201703290521.mp4
学校法人「森友学園」をめぐる問題で、大阪府と大阪市は、今月31日に学園側の調査を行い、小学校の建設で金額の異なる契約書が作られたいきさつや、幼稚園や保育園への補助金や給付金の支給が適正か調べることにしています。
大阪の学校法人「森友学園」をめぐっては、小学校の建設で、国や大阪府などに金額の異なる3種類の契約書が提出されていたことなど、さまざまな問題が明らかになっています。

これを受けて、大阪府は今月31日、森友学園の運営の拠点となっている「塚本幼稚園」に職員およそ10人を派遣し、籠池理事長の立ち会いのもと調査を行うことになりました。

大阪府は、金額の異なる領収書が作られたいきさつについて詳しい説明を求めるほか、幼稚園への補助金の支給が適正かについても調べることにしています。

一方、大阪市も、同じ日に籠池理事長の妻が園長を務める認可保育園「高等森友学園保育園」で調査を行います。大阪市は、園長に常勤の実態があるかなど給付金の支給が適正か確認するとともに、子どもたちへの指導の内容についても調べる方針です。

大阪府は、法律に違反する事実などが確認されれば、捜査機関への告訴や告発も検討したいとしています。