官房長官 森友学園問題 客観的証拠で事実解明を

官房長官 森友学園問題 客観的証拠で事実解明を
k10010928961_201703291221_201703291222.mp4
菅官房長官は、午前の記者会見で、自民党が学校法人「森友学園」の籠池理事長を偽証の疑いで告発することも含めて対応を検討していることに関連して、与党や国会による調査に基づき、客観的な証拠によって事実関係が解明されることに期待を示しました。
学校法人「森友学園」の籠池理事長の証人喚問をめぐって、自民党は、籠池氏の証言には事実と異なる疑いがあるものも見られるとして、事実関係を精査し、偽証の疑いで告発することも含めて対応を検討しています。

これについて菅官房長官は、午前の記者会見で、「籠池氏の証言では、私どもの認識と真っ向から異なる内容が述べられている。このため、与党で精査を進め、真相を究明する動きをしていることは承知している」と述べました。

そのうえで菅官房長官は、「私どもの認識があくまで正しいことは言うまでもないが、証拠のない言い合いを続けるより、誰にでもわかる客観的な証拠を示すことが必要だ。与党、あるいは国会による調査が進み、確かな証拠のもとに事実が解明することを期待したい」と述べました。

さらに菅官房長官は、記者団から国会や与党の動きに政府としてどのように協力するかを問われ、「与党で精査が行われているが、政府として必要な協力は行いたい」と述べました。