政府 一時帰国の駐韓大使をあす戻す方針

岸田外務大臣は3日午後、外務省で記者団に対し、韓国プサンの日本総領事館の前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国させている韓国駐在の長嶺大使らを、4日、韓国に戻す方針を明らかにしました。
岸田外務大臣は3日午後3時ごろ、外務省で記者団に対し、「1月から一時帰国させていた長嶺大使と森本プサン総領事をあす4日、帰任させることにした」と述べ、慰安婦問題を象徴する少女像が韓国プサンの日本総領事館前に設置されたことへの対抗措置として、一時帰国させている長嶺大使らを4日、韓国に戻す方針を明らかにしました。

そして、岸田大臣は「理由としては、パク・クネ前大統領の罷免や逮捕といった状況が生じ、5月9日に大統領選挙が行われる予定だ。韓国が政権移行期にある中で、情報収集にいっそう力を入れ、次期政権の誕生に備える必要がある」と述べました。

また、岸田大臣は「北朝鮮問題に対処するうえで、日韓間の高いレベルでの緊密な情報交換を行い、韓国政府と緊密な連携を図る必要がある」と述べました。