[PR]

 宮崎県日向市のふるさと納税の返礼品に5月、男性用ボクサーパンツが追加される。つくっているのは、同市に唯一の工場がある男性下着メーカー「TOOT(トゥート)」(東京)だ。「常にベストポジションを保ちます」とうたう独自技術を売りに、社長は「パンツでもっと地元貢献をしたい」と意気込んでいる。

 カタカタカタ。軽やかなミシンの音が室内に響く。年配の女性が滑るような手つきで2枚の生地を動かすと、シワ一つ残さず1枚に縫い合わされていく。

 製品は昨年だけで194色。色や形で縫い糸の太さを変え、4~5パーツの縫合に約6台のミシンを使い分ける。全て手作業。縫製を経験した人でも技術習得に半年以上かかるという。

 「他ではまね出来ない精巧な技術を持つ」と枡野恵也社長(34)が自慢する職人集団。同市財光寺の住宅街にある工場で働く30人の大半は、市内の女性だ。

 この道40年という田原ミツコさん(72)=同市=は「新商品に挑む時、縫製が難しいとワクワクする。はいてくれる人のために失敗なく作るのが身上です」。

 最大の売りは、局部を包む立体縫製のフロントカップ。実際にはいてみると、ほどよい膨らみで包み上げられ、固定される。生地を重ねずに縫合するため、生地裏の縫い目が目立たず、身体にもよくなじむ。

 同社はネット通販が中心で、顧客の8割はリピーター。昨春以降、前年同月比2割前後の売り上げ増が続いているという。アジアや欧米など海外に17店舗を展開し、売り上げの2~3割は海外が占める。

 枡野社長は「男性下着に確立されたブランドは少なく、商機がある。日本のモノづくり代表として世界市場を席巻したい」と語る一方で、製造拠点の日向市で製品が知られていないことが気になっていたという。

 認知度を上げ、地元採用も増や…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら