民進 蓮舫代表 野党4党の連携は党の活動方針で不変

民進 蓮舫代表 野党4党の連携は党の活動方針で不変
k10010941491_201704081518_201704081520.mp4
民進党の蓮舫代表は、長島昭久衆議院議員が次の衆議院選挙をめぐる共産党との連携は受け入れられないとして離党する意向を固めたことに関連し、共産党を含めた野党4党の連携は党の活動方針であり、変わらないという考えを示しました。
民進党の長島昭久衆議院議員は、党執行部が次の衆議院選挙をめぐって、共産党との間で小選挙区の候補者調整や共通して訴える政策を協議していることについて、みずからの政治信条に反し受け入れられないとして離党する意向を固め、後援会幹部などに伝えました。

これに関連して、民進党の蓮舫代表は東京都内で記者団に対し、事実関係を確認したいとしたうえで、「野党で連携して、次の衆議院選挙に向けて勝利を目指すという方針は先の党大会で確認されている。これから1年間の党の活動方針でもあるので、その部分は考え方が違うのではないか」と述べ、共産党を含めた野党4党の連携は党の活動方針であり、変わらないという考えを示しました。