ロシア外相「米の攻撃はこじつけに基づいた侵略行為」

ロシア外相「米の攻撃はこじつけに基づいた侵略行為」
k10010940891_201704071928_201704071929.mp4
アメリカがシリアのアサド政権への攻撃に踏み切ったことについて、ロシアのラブロフ外相は7日、滞在先のウズベキスタンの首都タシケントで行われた会見で「今回の攻撃は、完全にこじつけに基づいた侵略行為だ」と述べて、アメリカの攻撃を厳しく非難しました。
また、ラブロフ外相は「今回の攻撃は、アメリカやイギリスが同盟国とともに、国連安全保障理事会の承認無く、国際法に違反してイラクに侵攻した2003年の状況を思い起こさせる」と述べて、当時のイラクのフセイン政権が大量破壊兵器を保有しているとするという情報をもとにアメリカが攻撃を始めたイラク戦争を例に挙げて、アサド政権への攻撃には明確な根拠がなく、国際法違反だと指摘しました。

そのうえでラブロフ外相は「アメリカにはなぜ攻撃に踏み切ったのか説明を求める」と述べたうえで、米ロ関係について「すでにひどい状況にある米ロ関係をさらに傷つけることになり、今回の挑発が戻ることの出来ない結果を引き起こさないことを願う」と述べました。

一方、「ロシア人の犠牲者はいないとみられる」と述べて、シリアにいるロシア軍の関係者に被害は出ていないとの見方を明らかにしました。