電話会談 首相 化学兵器抑止に責任果たす米の決意支持

電話会談 首相 化学兵器抑止に責任果たす米の決意支持
k10010942111_201704091208_201704091208.mp4
安倍総理大臣は9日朝、アメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。この中で、安倍総理大臣はアメリカ軍がシリアのアサド政権に対し、軍事行動を行ったことについて、化学兵器の拡散と使用を抑止するために責任を果たそうとするアメリカの決意を支持するとしたうえで、同盟国と世界の平和と安全に対するトランプ大統領の強いコミットメントを高く評価するという考えを伝えました。
安倍総理大臣はアメリカ政府からの呼びかけで、9日午前8時10分から、およそ45分にわたって、トランプ大統領と電話で会談しました。

この中で、安倍総理大臣はアメリカ軍がシリアのアサド政権に対し、軍事行動を行ったことについて、「わが国は化学兵器の拡散と使用を抑止するために責任を果たそうとするアメリカの決意を支持する」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「同盟国と世界の平和と安全に対するトランプ大統領の強いコミットメントを高く評価する。引き続き、緊密に連携していきたい」と述べました。

これに対し、トランプ大統領は軍事行動に踏み切った理由について、「女性や子どもを含む、無実のシリア市民が多くの損害を被ったことを受けて、化学兵器が二度と使用されないようにするために行ったものだ」と説明しました。

また、会談では先の米中首脳会談の結果を踏まえて、北朝鮮や中国への対応をめぐっても意見が交わされ、両首脳は引き続き、日本とアメリカで緊密に連携していくことを確認するとともに、日本、アメリカ、韓国の3か国の結束が重要だという認識で一致しました。

このあと、安倍総理大臣は記者団に対し、「米中首脳会談直後という大変慌ただしい中ではあったが、およそ45分にわたって、シリアや北朝鮮について率直な意見交換を行うことができた」と述べました。

また、電話会談に同席した萩生田官房副長官は、記者団が会談の中で、シリアが化学兵器を使った根拠や、攻撃の正当性について説明があったのか質問したのに対し、「そのようなやり取りはなかった」と述べました。

安倍総理大臣とトランプ大統領の電話会談は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、今月6日にも行われています。