首相 北朝鮮情勢緊張高まるも拉致問題解決に全力を

首相 北朝鮮情勢緊張高まるも拉致問題解決に全力を
k10010945911_201704121310_201704121311.mp4
安倍総理大臣は、総理大臣官邸で、自民党の拉致問題対策本部のメンバーと面会し、北朝鮮情勢について「緊張感が高まっているのは事実だ」と述べつつも、アメリカや韓国とも協力して、拉致問題の解決に引き続き全力をあげる考えを示しました。
自民党の拉致問題対策本部は、相次ぐ北朝鮮の核実験やミサイル発射を受け、さきに、日本への再入国を認めない対象者や、資産凍結の対象者を拡大することなどを盛り込んだ、拉致被害者全員の帰国実現に向けた提言をまとめ、12日に対策本部長を務める山谷前拉致問題担当大臣らが、安倍総理大臣に対し提言を手渡しました。

これに対し、安倍総理大臣は「アメリカのトランプ大統領との電話会談では、対北朝鮮への戦略を根本的に見直すという中で、すべての選択肢がテーブルの上に置かれているという発言もあり、緊張感が高まっているのは事実だろう」と述べました。

一方で、安倍総理大臣は「拉致問題は安倍政権の最重要課題であり、まさに日本が主体的に解決していかなければならない問題だ。アメリカや韓国、それに国際社会とも協力しながら、問題解決に全力を尽くしていきたい」と述べました。