ウエルシュ菌Clostridium perfringens


代表的な嫌気性有芽胞菌でヒト,動物の腸管内などに芽胞として存在しガス壊疽や食中毒の原因菌となっています.非常に多くのタンパク毒素を産生し,その産生する毒素の種類のパターンで菌をA〜F型に分類しています.

ガス壊疽

,創傷にガス壊疽菌群とよばれるウエルシュ菌に代表される嫌気性有芽胞菌芽胞汚染で起こります.嫌気性有芽胞菌による代表的な感染症です.戦傷,交通事故,虫垂炎,腹膜炎の手術後などでおこる局所性進行性の組織壊死を伴う創傷感染症です.菌は皮下組織、筋肉内で増殖し、細胞や結合組織を破壊する数多くの毒素を産生し、浮腫,組織の壊死、出血が急速に進み感染部位で発酵によるガス発生が見られ,またタンパク分解性が強く悪臭を生じます. 感染部位から周囲の健康な組織に毒素による組織破壊が進み,それに沿って感染が急速に進み,治療が功を奏しない場合には短時間で死亡します.治療には患部の切除、多価抗毒素血清の患部および周辺部への注射、化学療法が有ります.

食中毒

この菌による食中毒の発生件数は多くありませんが大規模な食中毒となる場合がしばしばあります。この菌はヒト、動物の腸管、下水や土壌に広く生息し、食品の汚染の機会が多くあります.有芽胞菌であるため中途半端な加熱でも生残り、緩徐に冷却される間、比較的嫌気条件で増殖する。摂食後、小腸内で増殖、芽胞形成に伴ってエンテロトキシンが産性され、菌の崩壊によって毒素が放出され、腸管粘膜に作用して下痢をおこします。摂食直前の加熱によって、芽胞形成(=毒素産性)能が誘発されるのです.ウエルシュ菌は
ガス壊疽の原因菌として古くから知られておりますが,食中毒の原因菌となるのはA型菌です.潜伏期は7-24時間で、水様性下痢、腹部膨満,腹痛が主症状で発熱や嘔吐は多くはありません。多くは一過性で1-2日で回復するので、特別な治療は必要としません. 原因食品としては肉の煮物,スープなどで起こっています.


索引に戻る