C O L U M N S
■PULPサブカルチャー特集掲載評論 for"PULP"(USA)■
◆日本のサブカルチャーを考える
     −「ガロ」とコミックを中心に


 日本における「サブカルチャー」の話をする場合、まず「サブカルチャー」という言葉そのもののニュアンスを考えておく必要があると思う。この拙文が読まれるアメリカでは、そもそも日本のカルチャーそのものがマイナーなのだから、そのサブつまり副次的な意味と捉えられるとますます意味が通じなくなってしまうからだ。つまり「メイン」となるカルチャーシーンに対する副次的な意味で言うならば、サブカルチャーという呼び方はふさわしくないのかも知れない。

 ちなみに辞書を見てみると、サブカルチャーとは「社会一般に広まっている伝統的な文化に対して、その社会の一部の特定の人びとだけの独特の文化。たとえば、若者文化・大衆文化など。下位文化。」(Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997)であると解説している。

 現代日本において「社会一般に広まっている伝統的文化」とは何だろう? 恥や謙譲の美徳、茶の湯や生け花だろうか。それとも歌舞伎や能といった伝統芸能だろうか。一般に広まっているということでいえば、それらはただ単に存在が認知されているという意味だけであって、親しまれているということではないように思える。だからもっとも今の日本社会で近いと思う線は、伝統的かどうかは別として、テレビ(に代表されるマスコミ)と漫画かな、と僕は思う。

 あくまで僕個人の私見として言わせてもらえるなら、日本のサブカルチャーというのは、こんにち日本のカルチャーを牛耳っている巨大資本が、その圧倒的な資金力と情報量で押しつけてくるものに面白みを感じない人たちが発信する(あるいは求める)独自の価値観、と思っている。だから、それは音楽でもいいし漫画でも演劇でも小説でも写真でも、表現ならば何でもいいということではないか、と。もちろんこの拙文が掲載される「PULP」は漫画雑誌なので、ここでは漫画を中心にその周辺も含めて、このJapanese sub-cultureについて考えてみたいと思う。



 サブカルチャー史についての研究書や紹介は、サブカルブームと言われた80年代以降も大量に発表されてきた。だが日本のサブカルチャーそのものの定義、枠組みについてはそのどれもが僕にとっては今ひとつしっくりこない。これはどういうことかといえば、要するに、その発祥も、どこからどこまでという枠組みも、捕らえどころがないということを意味しているのではないだろうか。僕にだって、実はよく解らない。

 ある人は、ミニコミ・同人誌が流行った70年代半ばが現代日本におけるサブカルチゃーの転換期であったと言う。漫画の世界でいうと、1975年に同人誌即売会の草分けであるコミケ(コミック・マーケット)が発足している。つまりマスコミに対する一つのアンチテーゼのような形で、個人の側が発信する…というスタイルだが、そういう意味で言うならば、インターネット元年と言われる1995年はその後のサブカルチャーにおける紛れもない大転換期であったとも言えよう。

 今さらネット、ネットと言うのは当たり前だが、これはパソコンの個人への爆発的普及がもちろん背景にあったからこそだ。パソコンとその周辺機器、CD-Rなどのデバイスが安く普及したことが与えた影響だって、ネット同様に無視できない。このことによってネットだけではなくCD-ROM(最近ではDVD-ROM)に簡単に自分のイラストや映像を記録して発表したりできるようになったからだ。デジタル媒体は複製が容易で、しかも元データと比べて劣化もない。最近のドライブは安価で高性能になっていて、僕もCD-Rはよく利用するが、最新のOSでは書き込み自体がサポートされているので、特別なライティングソフトも必要ないから、ファイルをCDにポン、とドラッグするだけで書き込みが可能になる。書き込み時間も非常に速い。ちなみにメディア一枚も数十円という安さになってきた。この簡便さというのは、いい悪いは別として、本当に一度体験したら後戻りはできないほどだ。

 ところで21世紀を迎えた今、「ネット」と言う場合はもちろんインターネットを指すのだけど、ホンの7〜8年くらい前まではニフティ・サーヴに代表されるようないわゆるBBSのことを指していた。特に、草の根BBSと呼ばれるパソコン通信愛好家が個人で開局したり、あるいは同好の士が集まってグループを作り運営するようなホストが全国にかなりの数が存在していた。

 それらのほとんどは現在のネットにおける掲示板やチャットのようなシステムしかなく、やりとりはもちろん文字によるもので、画像ファイルやソフト、手作りのツールなどはファイルを圧縮してアップするなどして、やり取りをしていた。このようなシステムの場合、BBSの規模が小さい分、閉鎖的になりがちとはいえ、かなりマニアックで濃い、それこそその道の「オタク」たちが情報をやりとりしていたから、これらもサブカルチャーに大きく貢献していたと言っていいだろう。

 ちなみにニフティ・サーヴ(我々は「ニフ」と呼んでいた)はいわばこうしたBBSの巨大な集積体で、その中には会議室やフォーラム、パティオと呼ばれるさまざまなジャンル・趣味趣向で別れた「小部屋」が膨大な数あり、それぞれが熱い議論を戦わせたり、情報交換したりといったコミュニケーションの場になっていた。

NEXT->

★この文章は米国の雑誌「PULP」の日本サブカルチャー特集(2001年)に掲載した評論の日本語原文を、版元のVizCommunications様のご厚意により、加筆の後、掲載させていただきました。
★日付や人物の肩書、版元その他の名称などは掲載時のものです。(敬称略)
★長文なので見やすい環境を設定できるよう、本文のみ文字の大きさを変えて読むことができます。
コラムのindexに戻る
コラムメニューに戻る