ホームテキスト
第20回 ─ NY PUNK
1 2
まとめ読み

掲載: 2003/11/13

NYという都市と、そこに生活する若者たちの軋轢から生まれたロックンロール・ルネッサンス〈NYパンク〉は、永遠の衝撃だ!

文/ヤマダナ オヒロ、米田 貴弘



 パンクはどこから始まったか?――その問いに答えることは簡単ではないけれど、〈NY〉がひとつのヒントとなることは確かだ。例えばその街では、70年代前半にグラム・ロックが突然変異したかのようなバンド、ニューヨーク・ドールズが登場し、それを目撃したマルコム・マクラーレンはセックス・ピストルズというバンドを〈発明〉している。また、ソーホーの片隅にカントリーを聴きながら食事を楽しむ大衆食堂、CBGBが生まれたのもちょうどその頃。そこで腕試しをしようとテレヴィジョンというバンドがオーナーを説き伏せ、やがて彼らを中心にパティ・スミス、トーキング・ヘッズ、ラモーンズといったバンドがカントリーに替わるイカれた音楽を店で演奏するようになった時、それはいつしか〈パンク〉と呼ばれるようになった。海の向こう、UKのそれとはひと味違う乾いた狂気と色気を持つNYパンク。それはいまなお破壊と創造を繰り返しているのだ。(編集部)
CBGBゆかりのパンク・アーティストを集めたコンピ『CBGB'S And The Birth Of US Punk』(Ocho)。ウェイン・カウンティやエレクトリック・イールズなど、レアなアーティストも収録!

1 2
まとめ読み

テキストへ戻る



複数キーワードによる検索も使えます!

bounce.comについてタワーレコードについて広告についてご利用にあたってスタッフ日刊編集後記
お問い合わせ <info@bounce.com> | @TOWER.JP

(c)2001-2003 bounce.com / TOWER RECORDS JAPAN INC.
当サイトのコンテンツを無断転載することはできません。