サッカー 野球 格闘技 モータースポーツ ラグビー ゴルフ バスケット テニス その他
sportsnavi.com
ジャンルタブ
  トップページ > サッカー > 欧州サッカー > フランス > コラム
欧州サッカー 欧州サッカー
Yahoo!スポーツ
 トップ
 日本人選手情報
 イングランド
 イタリア
 スペイン
 オランダ
 ドイツ
 フランス
 ├ 日程&結果
 └ コラム
 ポルトガル
 チャンピオンズリーグ
  UEFAカップ
 その他
 バックナンバー
 03-04シーズン
 02-03シーズン
 関連コーナー
 ワールドカップ予選
 サッカー日本代表
 └アテネ五輪
 Jリーグ
樋渡群 スポーツナビ

パリ・サンジェルマン U−12コーチからの手紙
第1回「コーチに就くまで」(1/2)

2004年09月18日

フランスの名門パリ・サンジェルマンのU-12コーチを務める樋渡群(ひわたし・ぐん)氏
フランスの名門パリ・サンジェルマンのU-12コーチを務める樋渡群(ひわたし・ぐん)氏【 スポーツナビ 】


■編集部より本連載に関して


 以前、本サイトでドイツコラムを執筆していただいている湯浅健二氏から、ある人物を紹介された。その人の名は樋渡群(ひわたし・ぐん)。今季からフランスの名門パリ・サンジェルマンのU−12コーチに正式に就任している。早速コンタクトを取ってみると、日本サッカーにおける指導の視点について、実に面白い話を聞かせてくれた。
「日本サッカーには、あまりにもサッカーを表現する言葉が少なくて、それを無理に創り出そうとして、英語オンリーに傾いてしまっているような気がするのです。『サッカー』をはじめ、コントロール、キック、シュート、パス……安易に英語だけで表現しようとすると、言葉から動作への幅がなくなってしまう危険があるのではないでしょうか」

 さらに樋渡氏は、ひとつの例を挙げ、そして提案をくれた。
「フランスには『乾いたパス』という表現があります。これは“ボールが蹴られた瞬間の音が乾いていて、なおかつ地をはう速いパス”のことを意味します。このように、いろいろな国の言葉を集めて、そこから議論をはじめて、日本に取り込めるモノとそうでないモノを分別していく作業が必要かなと思っています。英語だけでなく、他文化の言葉も踏まえたうえで、サッカーにおける動作の意味を探り、消化していく作業を提案したい」

 本連載では、パリ・サンジェルマンU−12コーチとしての現場の雰囲気はもちろん、“言葉”の作業を中心にしていただく。日本サッカーのレベルを上げることに貢献する手段のひとつとして、さまざまな文化の接種・消化作業をあらためて認識し、さらにそのうちのひとつの文化であるフランスを樋渡氏に伝えていただこう。
 第1回はまず自己紹介として、コーチになるまでの経緯をいただいた。本連載は不定期になるが、ぜひお楽しみいただきたい。


■経緯


 私がパリ・サンジェルマンで働くきっかけとなったのは、偶然である、と言いたいところだが戦略がずばりとあたった、と正直に告白しよう。コーチ業というものに興味をもって、2002年の5月、ワールドカップを日本で体験することなくフランスへ渡ったが、実はいわゆる人脈というものは無きに等しかった。都立大学サッカー部顧問の磯川教授のツテで茂木さん(日本サッカー協会日本代表チーム リエゾンオフィサー)とは何度かメールでやりとりさせて頂いたが、何せあの時期だ。見ず知らずの若造を相手にするほど暇ではない。

 話は前後するが、完全に渡仏する前、「欧州サッカーコーチ育成システム調査」と自ら勝手に題して、1カ月の間、イタリア、スペイン、フランスのサッカー協会を訪ねた。フランスではエメ・ジャッケとプラティニと偶然話をする機会を持つことができ、具体的な内容、資料まで本人にいただいてしまった。「コーチの勉強をするならフランスに来い!」。この一言が渡仏を決心させたといっても言い過ぎではない。

 とにかく、フランスに来てみたものの、すぐに勉強できる環境は整いそうになかった。そこで、選手としてどこかのクラブに入り込み、1人だけでよいからコーチを捕まえてそこから出発しよう、と考えた。シーズンも終盤に入っており、各地で次のシーズンへ向けた入団テストが行われていたので、近所の仲間(アラブ系フランス人とはなぜかすぐに友達になれた)といくつか受けにいった。久しく試合をしていなかったこともあり、体調は万全とはいえなかったが、興味を示してくれるチームもあった。しかし、結局は受けたクラブから再び電話がかかることなく悲嘆にくれる毎日を過ごした。

 途中で気づいたのだが、何もレベルの高いクラブをわざわざ受けにいく必要はなかったのだ。とっかかりさえ作れればいいのだから。フランスという国は「クラブ」という概念が確立しており、日本の行政単位とは相容れないのだが、「市」に必ずひとつはクラブがあって、しかも総合スポーツ施設になっている。サッカーのグラウンドだけでなく、テニスコート、ラグビー場、体育館という具合に。管理費は市の税金から賄われている。学校には日本のようにクラブ活動はなく、体育でいろいろなスポーツをする程度である。

 私は当時、パリから北西15キロにあるアシェール市に住んでおり、そこのクラブに登録した。アシェールクラブはイヴリン県2部に属しており、選手は私を除いて全員、会社員。仕事が終わって、「イッチョ、球でも蹴るか〜」というレベルである。

 なんとか、そこからスタートをして、フランスサッカー協会のコーチ研修も行かせてもらった。


■いざ、パリ・サンジェルマンへ


 ある日、友人からパリ・サンジェルマンのグランドが7キロ南にある、ということを教えてもらいトレーニングがてら走って練習を見に行った。あの当時6部リーグに属していた3軍がトレーニングしていた。確か、ナイターで、フェンス越しに見ていると、自分でも通用しそうな気がしてきて、キャプテン翼のあるシーンを思い出していた。翼がいきなりグランドへ乱入してドリブルで日本代表を次から次へと抜いていく、あれである。さすがに、翼ほどうまくないので、フェンスの扉を開け、グランドに乗り込み、中央で選手にどなりちらしているコーチのところへ行った。

「あの、一緒に練習させていただけませんか?」

 いぶかしげに、体を上から下まで一通り見られ、

「今日は無理だけど、来週の月曜日から来い」

 拍子抜けとはこのことだ。すんなりチャンスが与えられ、かくしてその日を迎えるのである。

<続く>

◆前後のページ |

ピックアップサッカー サッカーコーナー
平山、カレンら試合後の話
U-19代表大熊監督談話
ヒデ、ポジション問題再燃
ローマ、フェラー監督辞意
Rカルロス、ミラン移籍か
サッカー日本代表
Jリーグ
欧州サッカー
 ┗海外日本人選手
ワールドカップ予選
天皇杯
ニュース一覧
スポーツカレンダー(Yahoo!)

このページのトップへ


スポーツナビ - ヘルプ - サイトマップ
Copyright (c) 2004 Y's Sports Inc. All Rights Reserved.