フォームを使おう

 

 フォームと言うのは何かと言うと、下のような物の事です。

アンケート


お名前:


Eメール:


ご感想:

 

 フォームを作るには、<FORM></FORM>タグを使います。そしてこのタグの間にフォームフィールド(テキストボックス等の部品)を作っていきます。以下にフォームフィールドの種類とオプションの説明をしていきます。

●1行テキストボックス 

<INPUT TYPE="TEXT">

  (オプション)

NAME="フィールドの名前"
SIZE="フィールドの大きさ(バイト数)"
VALUE="最初に表示しておく文字"
MAXLENGTH="最大入力可能文字数(バイト数)"

●パスワードボックス 

<INPUT TYPE="PASSWORD">

  (オプション)

NAME="フィールドの名前"
SIZE="フィールドの大きさ(バイト数)"
VALUE="最初に表示しておく文字"
MAXLENGTH="最大入力可能文字数(バイト数)"

●テキストエリア 
           

<TEXTAREA>あらかじめ表示しておく文字</TEXTAREA>

  (オプション)

NAME="フィールドの名前"
ROWS="行数(バイト数)"
COLS="文字数(バイト数)"
WRAP="HARD,SOFT,OFF"・・・自動改行の指定[COLSの幅で改行,画面上では改行,改行しない]

●ラジオボタン 

<INPUT TYPE="RADIO">(ボタン1つにつき1つ記入する)

  (オプション)

NAME="フィールドの名前"・・・1セットになっているボタンはみんな同じ名前にする
VALUE="サーバに送る文字"・・・どのボタンがチェックされたのかを判別する為の値(文字)
CHECKED・・・最初にチェックしておくボタンにはこれを記述する

●チェックボックス 

<INPUT TYPE="CHECKBOX">(ボタン1つにつき1つ記入する)

  (オプション)

NAME="フィールドの名前"・・・1セットになっているボタンはみんな同じ名前にする
VALUE="サーバに送る文字"・・・どのボックスがチェックされたのかを判別する為の値(文字)
CHECKED・・・最初からチェックしておくボックスにはこれを記述する

●セレクトメニュー 

<SELECT NAME="フィールドの名前">
<OPTION SELECTED VALUE="サーバーに送る文字">選択項目0</OPTION>  //(こう記述してある項目が最初に表示される)
<OPTION VALUE="サーバーに送る文字">選択項目1</OPTION>
<OPTION VALUE="サーバーに送る文字">選択項目2</OPTION>
   

   ・
   ・

</SELECT>

  (オプション)

SIZE="表示する「OPTION」数"・・・複数行で表示される
MULTIPLE・・・”CTRLキー”や”SHIFTキー”を使って複数の「OPTION」項目を選択できるようになる

●送信(登録)ボタン・リセットボタン  

  (送信ボタン)

<INPUT TYPE="SUBMIT" VALUE="送信(ボタンに表示される)" NAME="複数の送信ボタンがある時は付ける">

  (リセットボタン)

<INPUT TYPE="RESET" VALUE="送信(ボタンに表示される)">


 さて、フォームを作れるようにはなりましたが、実際にこれらフォームというのは、自分のホームページを見ている(見た)人に感想などを送ってもらったり、お店のページで商品の注文を受けるという使い方が一般的だと思います。もちろん、「JAVA SCRIPT」などを使って画面上にメッセージを流すなどの使い方も出来ますが、それについては「ステップアップ!」のプログラムでご紹介するとして、ここでは、前者の使い方について説明します。

 フォームの内容を受け取るには、送信ボタンを押すとEメールとして自分のメールサーバーに送信されるというシステムを使います。次にその方法を2つ紹介します。この色の部分が個々に指定が必要なところです。

<FORM ACTION="MAILTO:あなたのEメールアドレス" METHOD="POST"></FORM>

<FORM ACTION="CGIスクリプトのパス/CGIスクリプト名" METHOD="POST"></FORM>

 この2つの内、上の構文はメール送信機能を使って、指定したメールアドレスに内容をそのまま送信するものです。この場合に気をつけなくてはいけないのが、半角英数文字だけなら問題無いのですが日本語が文字化けしてしまうという事です。ですから「ACTION="MAILTO:〜"」オプションを使うときには「デコードソフト」が必要になります。「デコードソフト」というのはコード化されてしまった日本語を元に戻すソフトの事で、文字化けしたデータを復元する事が出来ます。
 下の構文の「CGI」というのは「Common Gateway Interface」の事で、ホームページ上で指定した命令をそのCGIのプログラムがあるサーバー内で実行し、その結果をホームページに表示するというものです。通常はこちらを使用する事が多いと思いますが、プロバイダによってはCGIが使えないところもあるのでこれも注意が必要です。
 これからホームページを作るのであれば、CGIを使えるプロバイダ、出来ればCGIのプログラムを用意してくれているプロバイダと契約をしたほうが良いと思います。(CGIのプログラムを作るには「Perl」などの言語を勉強する必要があります。)もし用意されていなくても、CGIプログラムを無料で提供してくれている良心的なサイトもたくさんありますので探してみて下さい。(私もいくつか使わせて頂いてます。)


メニュー / 基礎 / 文字 / 装飾 / 画像 / リンク / テーブル / フレーム / フォーム / ステップ